メインメニューを開く
福田英子

福田 英子(ふくだ ひでこ、慶応元年10月5日1865年11月22日) - 昭和2年(1927年5月2日)は、江戸時代末期(幕末)から昭和初期にかけての社会運動家。婦人解放運動のさきがけとして知られ、「東洋のジャンヌ・ダルク」と称された[1]。旧姓は景山

目次

来歴編集

岡山藩の下級武士景山確の娘として生まれる。教育熱心な家庭に育ち、幼少のころより利発で、15歳で小学校の助教員を任じられ[2]、そののち、母兄とともに私塾を開いて子弟の教育を志す。

18歳の時、岸田俊子(中島湘烟)の演説に触発されて自由党に接近、朝鮮改革運動に参画して爆発物運搬などに協力して投獄される(大阪事件)。 大阪事件の前年明治17年(1884年)、蒸紅学舎の閉鎖事件によって、専制政府の弾圧を身をもって感じた英子は、一身をささげて戦おうと決意し、母にも真相を告げず故郷を出奔して大阪へ走った。親戚藤井方に身を寄せ、当時自由党のシンパサイザーとして有名であった大和の豪農土倉庄三郎を銀水楼に訪ねた。東都遊学の資金を援助してもらうためであった。その頃、自由党解党の大会が北野大融寺で開かれ、当時の有名な自由党の人士が続々と下阪してくることを英子はかねて知っていた。しかし土倉には会えず失望しているうちに、小林樟雄が下阪してきた。小林は英子から本心をうち明けられ、志のかたく動かないのを察して、自由党総理板垣退助に紹介した。板垣は志を深く賞していっさいの面倒をみることを約し、おくれて下阪した土倉にすすめて英子の学費を出資させ、東京における保護者として、坂崎紫瀾にいっさいを依頼することになった。

大井憲太郎と内縁状態になり一子をもうけるが別れ、万朝報記者福田友作と結婚し、3人の子をもうけるも貧窮の死別。福田の元書生で石川三四郎と交際した。また、その間に大井に女子実業学校、角筈女子工芸学校を設立する。

内村鑑三の角筈の自宅で行われていた角筈聖書研究会に出席し聖書を学ぶ。しかし、1907年に、社会主義に批判的であった内村から突然聖書研究会への出席を拒否された。直後、福田は1907年3月15日の『世界婦人』(『新紀元』の後継誌として石川三四郎と福田英子で始めた雑誌 )6号に「内村先生に上(たてまつ)る書」を書き、社会主義とキリスト教の神の摂理は一致しているのではないか。また、心霊上の及第にまさって物界の救助をはかることが、神の真意にかなうものではないかとのべて、内村に対し教示を求めた。[3]

自由民権運動がその勢いを失うと、幸徳秋水堺利彦らの平民社に参加し、社会主義運動に身を投じる。平民社が解散した後も、石川や安部磯雄らと月刊新聞『世界婦人』を発刊して主筆となるなどの言論活動を展開した。

1927年 死去。

家族編集

父の景山確(かたし)は備前岡山の下級藩士で、嘉永2年より寺子屋を開き、明治4年時には100人以上の生徒を教えていた[1]。母の楳子(うめこ、1826-1909、旧姓浦田)は夫より6歳上で再婚[1][4]。明治5年に県の示達で女子教練所が作られた際に教師に選ばれ、夫の塾の女子生徒を連れて就任したのち、教練所を辞めて私塾を開き、芸娼妓のために女紅場を設け、明治16年に英子とともに私塾「蒸紅学舎」を開いた[1]。父母のほか、8歳上の姉の沢子、小学校教員となった兄の弘、義兄(姉の夫)に県会議員の沢田正泰[1][5]。沢田家は士族だが米穀商などを営む豪商地主で、正泰は自由民権家であり、大阪事件の裁判時には英子の代言人(弁護士)を務めた[6]。岡山県代言人組合会長、岡山県議会議員(自由党)を務め、家業の米穀商のほか、鉱山経営で財を成した[7]米騒動の際には内山下の自宅に放火された。沢田の養子(四女の婿)に沢田豊丈

夫の福田友作(1865-1900)は、栃木県下都賀郡穂積村間中(現・小山市間中)生まれ[8]。実家は代々大地主で庄屋を勤め、享保時代には福田長左衛門が北陸より浄土真宗の移民を勧誘して一村を開拓した(現在の三和町尾崎長左衛門新田)[8]。早くから自由民権運動に傾倒し明治16年(1883年)5月には地元の演説会に代表者として登壇[8]。18歳で渡米、粕谷義三らとともにミシガン大学で学び法学士を取得[9]自由党が解散し立憲改進党が分裂して自由民権運動が敗北した1884年以降に渡米した壮士らが「在米愛国同盟会」を結成し、その一員となる[10]。1890年に帰国後外国語学校同人社で1891年まで教鞭をとる[11]。1892年に英子と結婚するために前妻を離縁したことから実家の不興を買い、結婚生活は困窮を極め、英子に手を上げるなど夫婦喧嘩が絶えなかったが、英子は自伝で幸せな結婚だったと述懐している。大井憲太郎率いる東洋自由党に参加し普通選挙期成同盟会、日本労働協会の活動に従事したほか、高野房太郎、城常太郎、沢田半之助らがサンフランシスコで結成した「職工義友会」(労働組合期成会の前身)の東京支部も支援した[10]。明治31年(1898)頃より脳を病み(医師の診断では脳梅毒)、翌年発狂し、明治33年(1900年)4月23日に36歳で死去した[8][11]。夫没後英子は、かねてより夫婦の親しい友人であった石川三四郎と同居し活動を共にした。

子供は、大井憲太郎との間に男児の竜麿、福田友作との間に哲郎、侠太、千秋の三兄弟。千秋(1899年生)は石川三四郎と養子縁組し石川姓を名乗った[12][13]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『明治女性史』中巻前編(村上信彦著 理論社 1969年)p101-127
  2. ^ 「妾の半生涯」青空文庫
  3. ^ 鈴木範久(1983年)152-153ページ
  4. ^ 景山楳子 かげやま うめこコトバンク
  5. ^ 沢田正文『人事興信録. 5版』
  6. ^ 『石川三四郎著作集』第8巻、青土社、p273
  7. ^ 『山陽新聞七十五年史』山陽新聞社、1854, p249
  8. ^ a b c d 古河史逍遥No.71 福田英子(ひでこ)と間中村古河史楽会(古河の歴史を楽しむ会)2016年7月18日
  9. ^ 町田自由民権資料館「アメリカからの便り―1880/90年代の渡米青年たち―」展 8、南方熊楠とアナーバーの仲間たち東京成徳大学 人文学部 日本伝統文化学科 鶴巻孝雄研究室
  10. ^ a b 日本最初の労働運動『日本で初めて労働組合をつくった男 評伝・城常太郎』(牧民雄、同時代社、2015年)著者ホームページ
  11. ^ a b 石川三四郎、平民新聞 第73号~第102号、1948
  12. ^ 『石川三四郎著作集 自叙伝』青土社
  13. ^ 『乱歩の軌跡』平井隆太郎、東京創元社, 2008/07/28

参考文献編集

関連書編集

  • 『福田英子』村田静子、岩波新書

登場作品編集

外部リンク編集