秩父宮

秩父宮(ちちぶのみや)は、宮家の一つ。 1922年大正11年)6月25日大正天皇の第二皇子淳宮雍仁親王が、20歳の誕生日を迎えるとともに創設。

秩父宮家
No image available.svg
(家紋)
家祖 秩父宮雍仁親王
(大正天皇の第2皇子)
種別 皇族宮家
主な根拠地 東京府東京市赤坂区赤坂表町
(現:東京都港区赤坂
凡例 / Category:日本の氏族

目次

構成編集

読み 性別 生年月日 続柄 概要
秩父宮雍仁親王 やすひと 男性 1902年(明治35年)06月25日 大正天皇第二皇男子 1953年(昭和28年)01月04日薨去
(満50歳没)
雍仁親王妃勢津子 せつこ 女性 1909年(明治42年)09月09日 雍仁親王妃 1995年(平成07年)08月25日薨去
(満85歳没)

概要編集

なお、雍仁親王の弟宮にあたる光宮宣仁親王高松宮を創設したのは、これより9年前の1913年(大正2年)のことである。これは、宣仁親王が旧有栖川宮家の祭祀を継承するため、最後の有栖川宮威仁親王の薨去直後に宮家を創設したことによる。

雍仁親王には子女が無く、1995年平成7年)8月25日雍仁親王妃勢津子の薨去により断絶した。

略歴編集

1932年(昭和7年)、「慶應義塾大学創立75年記念式典」にて、皇族としては異例の大学学習院以外の私立大学)への教育奨励を行う。

関連項目編集

外部リンク編集