稗田山崩れ

稗田山崩れ(ひえだやまくずれ)は、1911年8月8日に発生した、現在の長野県小谷村にある稗田山が崩壊した災害。1707年静岡県で起きた大谷崩れ1858年富山県で起きた鳶山崩れとともに、日本三大崩れのひとつとされる[要出典]

目次

概要編集

もともと崩壊の起きやすい地盤の地域で、小規模な崩壊や土石流はたびたび発生していた[1]。1ヶ月前から音響が轟くといった予兆はあったと伝えられるが、崩壊に結びつく直接的な要因は不明であるが、崩壊の4日前に台風が通過し記録的な降雨が有ったとされている[2][3]

1911年8月8日未明、山頂北側斜面が突如として大崩壊し、土砂が直下の金山沢と浦川本流を埋め死者26名の被害を出した。大量の土砂は崩壊地点から約6kmに及び最深部で100m以上を谷を埋める[2]に留まらず、姫川の合流点で堆積。長瀬湖という天然ダム湖を形成した。このダムが湛水したことから急遽、地元住民らの手で排水路の設置による災害対策が講じられたが功を奏せず、一部が決壊。大量の土砂が流出し、糸魚川市河口にまで被害が及び、姫川沿いの多くの家々が居住不能、田畑は耕作不能となり、周辺の海域での大量死が発生した。この結果、集団移転する集落や一家離散する家々が相次いだ。崩壊地の面積は 180ha[2] 、崩壊土砂量は資料により差違があり2,300万m3[3]と1億5千万m3[4]とされ、日本における20世紀最大級の土砂災害となった。

1912年の梅雨期にも天然ダムは再決壊したほか、翌年4月と5月にもの再度の崩壊があり[2]、復旧途上にあった地域経済にとどめを刺している。

現在の稗田山編集

標高1,428m。安山岩溶岩凝灰岩の互層からなる[1]。直下には、姫川の支流である浦川が流れ、浦川本流には土砂流失を防ぐ為の砂防堰堤が数カ所建設されている[4]

崩壊跡地は、第二次世界大戦後からの国の直轄砂防事業などにより平穏を取り戻し、かつての大災害の様子がうかがえないほどの復旧が達せられている。崩壊が生じなかった稗田山の南側斜面の一部は、白馬乗鞍スキー場の滑走斜面となっている。

出典編集

脚注編集

  1. ^ a b 平林照雄、 宮沢洋介、太田勝 ほか、長野県姫川中流域の地すべり地形について 地すべり Vol.22 (1985-1986) No.3 P.1-10, doi:10.3313/jls1964.22.3_1
  2. ^ a b c d 町田洋、姫川流域の一渓流の荒廃とその下流部に与える影響 地理学評論 Vol.37 (1964) No.9 P.477-487, doi:10.4157/grj.37.477
  3. ^ a b 宮越英紀、稗田山の巨大崩れ 砂防学会誌 Vol.38 (1985-1986) No.2 P.28-30_2, doi:10.11475/sabo1973.38.2_28
  4. ^ a b 榎本正雄、榎本真、中島彬、浦川土石流調査 写真測量 Vol.11 (1972) No.1 P.21-26 ,doi:10.4287/jsprs1962.11.21

外部リンク編集