メインメニューを開く

稲毛氏(いなげし)は、桓武平氏良文流坂東八平氏の一つ秩父氏の一族である。のちに武蔵国橘樹郡神奈川県川崎市)を本拠に勢力を張った一族。

秩父平氏の系譜を引き、平家の郎党として在京していた小山田有重の三男である重成が、治承・寿永の乱において東国へ下国し、院政期に立荘された稲毛荘に進出し稲毛氏を称したことに始まる。重成は北条政子の妹を嫁とし、鎌倉将軍家・北条家の親戚関係となり、一族の畠山重忠や弟の榛谷重朝とともに治承・寿永の乱や奥州合戦において活躍し、鎌倉幕府の成立において重用された。

多摩川沿いの登戸枡形城を、東京都稲城市と境界を接する川崎市多摩区小沢城を構える。川崎市多摩区枡形の広福寺稲毛領主館跡と伝わり、現在もその遺構が残る。

1205年、同族の畠山氏北条氏との抗争に巻き込まれ、三浦義村に滅ぼされる。一族が讃岐国へ流れた。

稲毛家文書目録が香川県立文書館で閲覧できる[1]

ちなみに、千葉氏系の稲毛氏も存在する。

系図編集

 秩父重弘
  ┣━━━━━┓
 畠山重能  小山田有重
  ┃     ┣━━━━━━━━━━━━━┳━━━━┳━━━┳━━━━┓
 畠山重忠  稲毛重成          榛谷重朝 森行重 田奈有朝 小山田重親
        ┣━━━━━━━━┳━━━━━━┓
       稲毛(小沢)重政 宇都宮頼綱室 綾小路師季

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 香川県立文書館 収蔵文書目録 第10集 讃岐国阿野郡南川東村 稲毛家文書目録 - 香川県立文書館所蔵資料データベース 2019年2月19日閲覧。