稲葉 一通(いなば かずみち)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名豊後国臼杵藩3代藩主。

 
稲葉一通
Inaba Kazumichi.jpg
稲葉一通像(臼杵市・月桂寺所蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 天正15年6月13日1587年7月18日
死没 寛永18年8月16日1641年9月20日
改名 亀(幼名)、一通
戒名 長江院殿一雲宗岫大居士
墓所 東京都港区高輪東禅寺
官位 従五位下民部少輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光
豊後臼杵藩
氏族 稲葉氏
父母 稲葉典通 丹羽長秀娘定光院
兄弟 一通本多貞虎室、諏訪忠恒正室、
吉田浄元
細川忠興三女多羅青山忠俊娘寿松院
信通通綱通広通任溝口宣直正室、日根野雅行室、山崎俊家正室、本多忠隆
テンプレートを表示

略歴編集

天正15年(1587年)、2代藩主・稲葉典通の長男として誕生。寛永3年(1626年)、父が死去したため、翌年3月に家督を継いだ。熊本藩2代藩主・加藤忠広の改易の際、木下延俊と共に八代城の在番を務めている。島原の乱後、不穏な政情に備えて九州における国境警備を命じられた。藩政においては城下町の整備や開発、社寺の建設に尽力している。

寛永18年(1641年)8月16日、死去。享年55。跡を長男・信通が継いだ。

系譜編集


一通のみならず、稲葉家は代々有名な戦国武将の娘を妻に迎えている。祖父・貞通斎藤道三、父・典通は丹羽長秀、自身は細川忠興それぞれの娘が妻となっている。よって一通の子孫たちは彼らの子孫でもある。また昆孫の勧修寺婧子は仁孝天皇の生母であるため、一通の血筋は現在の皇室にも繋がっている(稲葉知通#系譜を参照)。