メインメニューを開く

山崎 俊家(やまざき としいえ)は、江戸時代前期の大名讃岐国丸亀藩2代藩主。

 
山崎俊家
時代 江戸時代前期
生誕 元和3年(1617年
死没 慶安4年10月26日1651年12月8日
戒名 興源院殿霊泉瑞覚大居士
墓所 香川県三豊市三野町大見乙の弥谷寺
官位 従五位下志摩守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
讃岐丸亀藩
氏族 近江山崎氏
父母 父:山崎家治
母:池田長吉養女(池田長政娘)
兄弟 俊家豊治弘家勝政藪嗣孝室、
半井某室
正室:稲葉一通
治頼

元和3年(1617年)、初代藩主・山崎家治の長男として誕生した。慶安元年(1648年)3月、父・家治の死により同年6月14日に家督を継いだ。このとき、四弟の勝政に1000石を分与したが、翌年に勝政が死去したため、その所領を再び接収している。慶安2年(1649年)、丸亀城の石垣・堀などの修築に尽力した。

慶安4年(1651年)10月26日、丸亀にて死去した。享年35。家督は長男の治頼が継いだ。