立花 種恭(たちばな たねゆき)は、江戸時代後期の大名陸奥国下手渡藩3代藩主。のち筑後国三池藩主となり廃藩を迎えた。

 
立花種恭
Viscount Taneyuki Tachibana, chancellor of the Gakushuin school.jpg
立花種恭
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保7年2月28日1836年4月13日
死没 明治38年(1905年1月30日
改名 鐘之助(幼名)、種恭
別名 廉斎(号)
墓所 青山霊園
官位 出雲守従二位
幕府 江戸幕府 若年寄老中
主君 徳川家慶家定家茂慶喜明治天皇
陸奥下手渡藩主、筑後三池藩
氏族 立花氏(直次流)
父母 立花種道
立花種温
兄弟 種恭加納久宜、伊予
牧野節成三女辰子
種政種忠渡辺寛綱正室
テンプレートを表示
立花種恭

称は鐘之助(しょうのすけ)、官位は出雲守廉斎(れんさい)とした[1]

明治時代に子爵を授爵する。貴族院議員

生涯編集

天保7年(1836年)、2代藩主・立花種温の叔父・立花種道立花種周の五男)の長男として誕生。嘉永2年(1849年)に種温が死去したため、その養子として跡を継いだ。その翌年、所領のうち伊達郡内の3078石余に代えて筑後三池郡内で5071石を与えられた。

幕末期には佐幕派として行動し、14代将軍・徳川家茂の側近として文久2年(1862年)6月に大番頭となり[1]長州征討でも幕府軍として参加した。文久3年(1863年)には若年寄慶応3年(1867年)には老中格兼会計総裁となるが、翌年3月に罷免された。戊辰戦争では下手渡側の藩士が奥羽越列藩同盟に参加する。だが、既に三池側の藩士の意向で藩論は新政府への恭順に決定され、藩主である種恭も京都に入っていた。この矛盾した行動は、8月に種恭が奥羽鎮撫の命を受けたことで同盟側の知ることとなり、仙台藩によって攻撃され藩庁を焼失した。9月には新政府の命を得て、居を三池に移す。

明治2年(1869年)、版籍奉還により知藩事となる。明治4年(1871年)、廃藩置県により退任した。明治10年(1877年)10月17日から明治17年(1884年)5月24日の間、学習院初代院長を務める。同年7月8日、子爵となる。明治23年(1890年)7月、貴族院子爵議員に選出され、死去するまで在任した。その他、華族会館副幹事、同学務局長、宮内省御用掛、同省爵位局主事などを務めた。

また講道館創始者の嘉納治五郎は学習院時代の部下であり、立花が揮毫した『講道館』の扁額は小石川下富坂町に在った当時の講道館道場に掲げられていたという[2]

明治38年(1905年)に死去した。享年70。

系譜編集

栄典編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 幕末維新人物事典.
  2. ^ 講道館柔道資料館・図書館”. 講道館. 2019年1月6日閲覧。
  3. ^ 『官報』第308号、1884年7月9日。
  4. ^ 『官報』第6466号「宮廷録事 - 恩賜」1905年1月21日。
  5. ^ 『官報』第6474号「叙任及辞令」1905年2月1日。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 『全国版幕末維新人物事典』歴史群像編集部、学研パブリッシング、2010年、250頁。ISBN 9784054044630

関連項目編集


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
下手渡立花家初代
1884年 - 1905年
次代:
立花種忠