競馬ニュース

競馬ニュース(けいばニュース)とは、2011年まで西日本地区で発行されていた競馬新聞である。

概要編集

主に、「穴のニュース」という異名が示すとおり、穴党ファンのために、ポケットマネーの馬券で穴狙いの馬券を購入することを売り物としており、日経ラジオ社(ラジオNIKKEI)の「中央競馬実況・第2放送」でも長年、重久大明(しげひさ・ひろあき)を中心に馬券指南の放送を行っていた。

2010年12月ダービー社が発行していた「競馬ダービー」の休刊に伴い、2011年1月から「ダービー」のスタッフが参加し事実上紙面統合がなされた。その後2012年からは更に関東で提携している競馬研究ケイバブックグループ)とも紙面統合を行い「研究ニュース」として再スタートした。なお、「中央競馬実況・第2放送」には競馬ニュース時代からトラックマン3記者(竹中昇、小宮邦裕、中西弘行)から毎週1人がローテーションで登場している。