竹岡 信幸(たけおか のぶゆき、1907年明治40年)7月31日 - 1985年昭和60年)9月9日[1])は昭和期の作曲家。

1948年

経歴編集

神奈川県横浜市出身。

古賀政男の後輩にあたり、明治大学マンドリン倶楽部を経て作曲家になった。1934年(昭和9年)、「赤城の子守唄」の大ヒットで一躍人気作家となった。コロムビアレコードを中心に活躍し、数々の曲を作曲した。

夫人は1932年のロサンゼルス五輪水泳代表選手で、のちに宝塚歌劇団23期生、芸名「水尾みさを」)を経て映画界入りした女優の横田みさを[2]

代表曲編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

参考文献編集