藤浦洸

藤浦 洸(ふじうら こう、1898年9月1日 - 1979年3月13日)は、昭和時代作詞家詩人長崎県平戸市出身。

藤浦 洸
Fujiura Ko.JPG
1951年
基本情報
出生名 藤浦 洸(ふじうら たけし)
生誕 (1898-09-01) 1898年9月1日
日本の旗 日本 長崎県平戸市
死没 (1979-03-13) 1979年3月13日(80歳没)
学歴 慶應義塾大学文学部
ジャンル 作詞
活動期間 1930年 - 1979年

目次

来歴編集

現在の平戸市に生れる。長崎県立中学猶興館(現長崎県立猶興館高等学校)、私立岡山県興譲館中学卒業(現岡山県興譲館高等学校)。同志社大学神学部に入学してほどなく中退、3年の放浪を経て慶應義塾大学文学部に入る。在学中は児童小説を書いたり、尾崎士郎らと共に雑誌「令女界」や「若草」に小女小説、音楽物語などを執筆していた。その他、ピアノ演奏のアルバイトをするなどしていたという。

大学卒業後は、音楽評論家伊庭孝に師事し、浅草オペラの俳優等を経て、1930年から、コロムビアレコード文芸部のエドワードの私設秘書となり、ジャズソングの訳詞などを手掛けていた。1937年、「別れのブルース」の大ヒットにより名声を得た。

1938年コロムビア・レコードに入社して同社専属の作詞家となり、「戦前戦後を通じて多数のヒット曲を世に送り出した。特に美空ひばりには、デビュー曲の「河童ブギウギ」を始め「悲しき口笛」「東京キッド」など初期楽曲を多く提供している。

この他、「二十の扉」「私の秘密」等のNHKのラジオ・テレビ番組に多く出演したことでも知られる。日本作詞家協会会長、日本文芸家協会会長、日本訳詩家協会会長、日本詩人連盟相談役等を歴任。

1964年NHK放送文化賞を受賞。

1976年勲三等瑞宝章受章。

1979年3月13日、80歳で死去。墓所は郷里平戸市の雄香寺

代表曲編集

著書編集

  • 『放浪者ザリノ』昭和出版協会 1940
  • 『ベートーベエン 伝記と作品鑑賞』シンフォニー楽譜出版社 1941
  • 瀬戸口藤吉』新興音楽出版社 1942
  • 『荒城の月』雄鶏社 1948 のち東京文芸社
  • 『愛の花篭』ポプラ社 1949
  • 『蝸牛の角』大和書房、1965
  • 『平戸 人と歴史』井上博道写真 淡交新社 1967
  • 『ギョロ目と涙』永田書房 1971
  • 『なつめろの人々』読売新聞社 1971
  • 『らんぷの絵』東京美術 1972
  • 『藤浦洸詩集』東京美術 1975
  • 『海風―藤浦洸随筆選』(1982年、日本放送出版協会)

郷土との関わり編集

 
「日本最西端の駅」碑
  • 母校である長崎県立猶興館高等学校の校歌選考
  • 「日本最西端の駅」碑の揮毫(松浦鉄道たびら平戸口駅前)
  • 「空いっぱいに」作詩 - 詩碑が佐世保市弓張岳展望台に建てられ、それを團伊玖磨が「西海讃歌」の合唱に使用した。(なお、詩は当初から藤浦に依頼する予定があったという)
  • 長崎県を代表する銀行の一つ、十八銀行の行歌「旺んなるかな」の作詞も手がけた。

その他編集

名前の本来の読みは「たけし」。テレビ等ではもっぱら「こう」と音読みでルビを振られていたため、こちらが有名になってしまい、妻も本来の読み方を忘れてしまっていたというエピソードがある。