メインメニューを開く

竹田郷(ジューティエン/ちくでん/たけだ-きょう)は台湾屏東県

中華民国 屏東県の旗 屏東県 竹田郷
別称: 頓物
六堆忠義祠前殿.jpg
地理
Heitou takedakyou.svg
位置 北緯--°--'
東経--°--'
面積: 29.0732 km²
各種表記
繁体字: 竹田郷
日本語読み: ちくでん
たけだ[1](慣用読み)
漢語: Zhútián
通用: Jhútián
注音符号: ㄓㄨˊ ㄊㄧㄢˊ
片仮名転写: ヂューティェン
台湾語: Tek-chhân
客家語: Tsuk-thièn
行政
行政区分:
上位行政区画: 屏東県の旗 屏東県
下位行政区画: 15村171鄰
政府所在地: -
竹田郷長: 傅民雄
公式サイト: 竹田郷公所
情報
総人口: 17,550 人(2016年1月)
世帯数: 5,662 戸(2016年1月)
郵便番号: 911
市外局番: 08
竹田郷の木: -
竹田郷の花: -
竹田郷の鳥: -

地理編集

竹田郷は屏東県中部に位置し、北は麟洛郷と、東は内埔郷万巒郷と、西は万丹郷と、南は潮州鎮頂郷とそれぞれ接している。屏東平原中央部に位置し、郷内を東港渓隘寮渓の支流が流れている。地勢は平坦であり、気候は熱帯モンスーン気候に属している。

歴史編集

竹田郷は古くは平埔族下淡水社の居住地であり、旧名を「頓物」と称した。 清代の康熙年間から客家人による入植が開始され、また東港渓隘寮渓が合流する地理的な条件から、上流地帯で生産される米を東港に輸送する中継地として発達し、また雨季に東港渓が増水し船舶の航行が不可能な際の避難港としても用いられた。そのため客家語で「荷物を積み上げる」という意味の「頓物」と称されるようになった。 1920年の台湾地方改制の際、「竹田」と改称され「竹田庄」を設置、高雄州潮州郡の管轄とされた。戦後は高雄県竹田郷とされたが、1950年屏東県に帰属するようになり現在に至っている。

経済編集

行政区編集

地区
竹田 竹田村、竹南村、糶糴村、履豊村、頭崙村、二崙村、美崙村
西勢 南勢村、西勢村、福田村、永豊村
泗洲 六巷村、泗洲村、大湖村、鳳明村

歴代郷長編集

氏名 着任日 退任日

教育編集

交通編集

種別 路線名称 その他
鉄道 屏東線 西勢駅 竹田駅
国道 国道3号 フォルモサ高速公路 竹田JCT
省道 台1線
省道 台88線 東西向快速道路 高雄潮州線

観光編集

出典編集

  1. ^ 「州、廳ノ位置、管轄區域及郡市ノ名稱、位置、管轄區域」大正九年八月十日、臺灣總督府令第四十七號

外部リンク編集

関連項目編集