笑福亭 生喬(しょうふくてい せいきょう、1968年11月26日 - )は、日本落語家。本名は小西 正之

笑福亭しょうふくてい 生喬せいきょう
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}笑福亭(しょうふくてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}生喬(せいきょう)
第25回彦八まつりにて(2015年9月5日)
本名 小西 正之
生年月日 (1968-11-26) 1968年11月26日(51歳)
出生地 日本の旗 日本三重県松阪市
師匠 6代目笑福亭松喬
弟子 笑福亭生寿
出囃子 さつまさ
活動期間 1991年 -
活動内容 上方落語
所属 松竹芸能
受賞歴
2000年 「第37回なにわ芸術祭新進落語競演会」新人奨励賞

2012年 「第7回繁昌亭大賞」奨励賞
2013年 「第8回繁昌亭大賞」大賞

備考
上方落語協会会員

三重県松阪市出身。大阪芸術大学卒業後、1991年3月17日6代目笑福亭松喬に入門。十八番の数を増やすべく、様々な噺に挑戦している。上方落語協会茶道部「楽茶会」会員。

エピソード編集

 
五枚笹は、笑福亭一門の定紋である。
  • 大学時代は油絵を専攻、何気なしにふらっと立ち寄った落語研究会上方落語に魅了され所属。「浪遊亭小弁闘」の高座名で舞台に上がっていた。同じ落研出身に桂南天がいる。
  • 料理上手としても知られる。年2回の『生喬メシ!』では、落語と、自ら手料理を振舞う。
  • 宝塚ファン。特に、大湖せしるの大ファン。
  • 妻は熱狂的な落語ファンで1年間200回以上落語会に足を運ぶこともあったが、現在はやや落ち着いて年間120回くらい。夫の良きアドバイザーでもある。

受賞歴編集

映画編集

弟子編集

関連項目編集

外部リンク編集