笠田駅

日本の和歌山県伊都郡かつらぎ町にある西日本旅客鉄道の駅

笠田駅(かせだえき)は、和歌山県伊都郡かつらぎ町笠田東にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)和歌山線である。

笠田駅
2007-01-18 4 kaseda 3 half.jpg
駅舎
かせだ
Kaseda
大谷 (1.5 km)
(3.1 km) 西笠田
和歌山県伊都郡かつらぎ町笠田東19-1
北緯34度17分31.77秒 東経135度28分49.03秒 / 北緯34.2921583度 東経135.4802861度 / 34.2921583; 135.4802861座標: 北緯34度17分31.77秒 東経135度28分49.03秒 / 北緯34.2921583度 東経135.4802861度 / 34.2921583; 135.4802861
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 T 和歌山線
キロ程 58.2 km(王寺起点)
電報略号 セタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
736人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1900年明治33年)11月25日[1]
備考 無人駅(自動券売機有)
テンプレートを表示

歴史編集

駅構造編集

相対式2面2線のホームを持つ行違い可能な地上駅。駅本屋側ホームが1番(下り)のりば、跨線橋を渡った反対側ホームが2番(上り)のりばである。行違い可能だが、安全側線は設置されていない。また、笠田高等学校の生徒専用改札口が設けられている。これは当駅を利用する笠田高等学校の生徒の便宜を図ったものである。

橋本駅が管理している無人駅である。自動券売機入場印字機が設置されている。一部の電車を除き、全ての扉は、開かない。。


便所は、かつらぎ町管理の男女別水洗式便所が駅舎の隣に設置されている。

2020年3月14日のダイヤ改正で当駅でもICOCA等の交通系ICカードが利用できるようになったが、設置されているのは、車内でタッチができなかった場合に利用できる出場用のICカード専用簡易改札機であり、入場の際には電車内でタッチする必要がある。

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
1 T 和歌山線 下り 粉河和歌山方面
2 上り 橋本五条方面

駅周辺編集

駅前は一軒の商店があるのみとなっている。

路線バス編集

町内各方面に向けて4路線運行されている。隣接自治体のバスに乗り継げる路線もある。詳細は当該項目および町ホームページを参照。

かつて存在した路線編集

  • 和歌山バス那賀
    • 笠田線 (2002年4月廃止、かつらぎ町コミュニティバスに移管)
    • 志賀線 (2002年4月廃止、かつらぎ町コミュニティバスに移管)
  • 南海バス/和歌山バス那賀

広域観光実証実験路線として、和泉中央駅行きが土休に6往復運行されていた。(2019年3月末廃止)

利用状況編集

1日の平均乗車人員は以下の通りである。[4]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1998 890
1999 874
2000 846
2001 842
2002 779
2003 795
2004 827
2005 824
2006 835
2007 810
2008 832
2009 760
2010 785
2011 801
2012 776
2013 803
2014 794
2015 789
2016 756
2017 748
2018 749
2019 736


隣の駅編集

西日本旅客鉄道
T 和歌山線
快速(粉河駅以東各駅停車)・普通
大谷駅 -笠田駅 - 西笠田駅

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 曽根悟(監修) 著、朝日新聞出版分冊百科編集部 編 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 42号 阪和線・和歌山線・桜井線・湖西線・関西空港線、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年5月16日、20-21頁。 
  2. ^ “2020年春ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道和歌山支社, (2019年12月13日), オリジナルの2021年1月4日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210104022914/https://www.westjr.co.jp/press/article/items/191213_00_wakayama.pdf 2021年1月8日閲覧。 
  3. ^ 笠田駅 | 駅情報:JRおでかけネット”. 西日本旅客鉄道. 2022年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月23日閲覧。
  4. ^ 『和歌山県統計年鑑』及び『和歌山県公共交通機関等資料集』

関連項目編集

外部リンク編集