第11回国民体育大会(だい11かいこくみんたいいくたいかい)は、1956年に開催された国民体育大会である。持ち回り大会の見直しのモデルケースとして開催された。

見直しの概要編集

持ち回り大会の見直し策として、下記の対策が実施された。

  1. 参加人員を1割減とする。合わせて本部役員数も減じた。
  2. 登山・スポーツ芸術の中止。
  3. 夏季大会の日程短縮。
  4. 新設される屋内体育施設は、学校の付属施設とした。

ラグビー競技の開催問題編集

日本ラグビー協会は1956年7月に体協を脱退している。この余波を受け、ラグビーは高校生部門の競技のみが実施された。

大会概要編集

期間 開催地 競技数 参加者数
1956年1月29日 - 1月29日 青森県八戸市 1 929
1956年2月23日 - 2月27日 青森県大鰐町 1 1,248
1956年9月22日 - 9月26日 兵庫県西宮市相生村 3 2,638
1956年10月28日 - 11月1日 兵庫県 26 13,110
合 計 31 17,925

冬季大会編集

冬季大会スケート競技会
開催地 青森県八戸市
開催日 昭和31年1月26日 - 昭和31年1月29日
公式サイト 氷都八戸デジタルアーカイブ - 第11回国民体育大会冬季大会スケート競技会のプログラム
« 1955
1957 »

スケート競技会編集

第11回国民体育大会冬季大会スケート競技会は、1956年1月26日から1月29日を会期として青森県八戸市で開催された。

実施競技・会場一覧編集

競技名 種目種別 会場地 競技会場
スケート スピード 八戸市  長根公園スケートリンク 
フィギュア 八戸市  長根公園スケートリンク
アイスホッケー 八戸市  長根公園スケートリンク

スキー競技会編集

実施競技・会場一覧編集

夏季大会編集

実施競技編集

秋季大会編集

実施競技編集

総合成績編集

天皇杯編集

  • 1位 - 東京都
  • 2位 - 愛知県
  • 3位 - 広島県

皇后杯編集

  • 1位 - 東京都
  • 2位 - 大阪府
  • 3位 - 北海道

脚注編集

参考文献編集