メインメニューを開く
JBCクラシック > 第11回JBCクラシック

第11回JBCクラシック2011年11月3日大井競馬場で開催された競馬競走である。トランセンドスマートファルコンによる、ダート最強を決める事実上のマッチレースとして注目された。

レース施行時の状況編集

JBCは毎年、全国の地方競馬場を持ち回りで開催され、第11回目の開催となった2011年は地方競馬随一の規模を誇る大井競馬場で行われた。本年より行われることになった牝馬限定のレディスクラシックスプリントがともに31年ぶりのコースレコードが更新され、クラシックはJBC3競走の3つ目のレースとして行われた。
JBCクラシックはフルゲートで地方所属馬10頭、中央所属馬6頭が出走できたが、最終的に出走した地方所属馬8頭、中央所属馬4頭の計12頭で争われた。当時ダート4強といわれていた内の中央所属のエスポワールシチーと地方所属のフリオーソが出走を回避したため、残る2頭のトランセンドスマートファルコンとそれ以外の出走10頭の力の差は歴然としており、事実上2頭によるダート最強決定戦となった。

スマートファルコン(牡6歳)は、3歳の夏に出走した小倉のダート戦以後は一貫して地方競馬の交流重賞のみを走り続け、本競走には2010年のJBCクラシックから6連勝で乗り込んだ。今年度の最大目標をドバイワールドカップと設定し、秋の2戦目として日本レコードを出した大井競馬場2,000mの舞台が選ばれた。

トランセンドは前年のみやこステークス優勝以後、ジャパンカップダートフェブラリーステークスとGIを2連勝し、ドバイワールドカップでも2着。海外遠征の休み明け緒戦となった第24回マイルチャンピオンシップ南部杯も勝ち、こちらはJRAのレースでは無敗だった[1]。こちらもドバイを目標としていたが、スマートファルコンと戦いたいというオーナーの希望により[2]JBCクラシック出走を決め、ファンが待ち望んでいた決戦が実現した。

出走馬と枠順編集

レース展開編集

トランセンドはスマートファルコンの3馬身後方につけ、さらに4、5馬身差でシビルウォー、以後9頭は大きく離れてレースが進んだ。第3コーナーからトランセンドが前を捕らえに行くが、直線に入ってスマートファルコンが追い出して差を広げ、一時は4馬身ほどの差を付けた。残り100mを過ぎてからはスマートファルコンの脚色が鈍りトランセンドが差を詰めたが、最終的に1馬身の差を付けてスマートファルコンが逃げ切った。2着トランセンド、3着シビルウォーが入線し、4着以降は大差となった。

スマートファルコンは前年・船橋競馬場で行われたJBCクラシックから連覇達成。重賞通算17勝とし、歴代1位のオグリキャップと並んだ[3]。鞍上の武豊騎手はJBCクラシック5年連続、6回目の勝利を挙げた[4]

レース結果[5]編集

全着順編集

着順 馬番 馬名 勝ち時計
1着 6 スマートファルコン 2:02.1
2着 10 トランセンド 1
3着 8 シビルウォー 3 1/2
4着 7 グランシュヴァリエ 大差
5着 2 テラザクラウド クビ
6着 5 フィールドルージュ 1 3/4
7着 11 ボンネビルレコード 1
8着 9 サイレントスタメン 5
9着 3 タガノサイクロン クビ
10着 4 スウィングベル 8
11着 12 コロニアルペガサス 5
12着 1 アプローチアゲン アタマ

払戻編集

単勝式 1 120円
複勝式 10 100円
9 100円
1 120円
枠連 7-7 100円
馬連 9-10 100円
ワイド 9-10 100円
1-10 140円
1-9 150円
枠単 7-7 110円
馬単 10-9 150円
3連複 1-9-10 160円
3連単 10-9-1 250円

データ編集

1000m通過タイム 60.7秒
上がり4ハロン 49.4秒
上がり3ハロン 34.4秒

2頭のその後編集

2頭はジャパンカップダートで再戦すると思われたが、スマートファルコンが疲労を理由に回避した[6]。スマートファルコンは当年度から国際GI格付けとなった大井の東京大賞典を辛勝、川崎記念を圧勝した後、ドバイワールドカップに出走。スタート直後に躓いて10着に終わった。帰国後は秋シーズンの復帰を目指したが、9月に屈腱炎を発症し引退し、社台スタリオンステーションで種牡馬入りした[7]
トランセンドは同年のジャパンカップダートこそ勝ったものの、翌年のフェブラリーステークスではハイペースに巻き込まれて7着に惨敗し、ドバイワールドカップでもハイペースの逃げとなり13着に終わった。以後も精彩を欠き、2012年12月の東京大賞典後に引退、アロースタッドで種牡馬となった[8]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 当年は東日本大震災の影響でマイルチャンピオンシップ南部杯が東京競馬場で行われていた。
  2. ^ 【MCS南部杯】トランセンド前田オーナー、底力再確認ギャロップオンライン 2011年10月11日
  3. ^ オグリキャップは地方重賞5勝を含む。
  4. ^ 2005年をタイムパラドックスで、2007~2009年をヴァーミリアンで制している。
  5. ^ 競走成績南関東4競馬場
  6. ^ スマートファルコン JCダート回避で放牧へスポーツニッポン 2011年11月12日
  7. ^ スマートファルコン電撃引退…種牡馬にデイリースポーツ 2012年9月4日
  8. ^ トランセンド登録抹消…北海道で種牡馬にスポーツ報知 2013年1月6日