メインメニューを開く

第35回ベルリン国際映画祭は1985年2月15日から26日まで開催された。

目次

概要編集

コンペティション部門には26本の長編と15本の短編が出品され、イギリス映画『ウェザビー』と、東ドイツ映画『Die Frau und der Fremde』の2本が金熊賞を受賞した。

フォーラム部門ではアメリカのインデペンデント映画が多く取り上げられるなど、全体的にアメリカ映画の占める割合が多くなっていた。

受賞編集

上映作品編集

コンペティション部門編集

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
こんにちは、マリア
‘Je vous salue, Marie’
ジャン=リュック・ゴダール   フランス  スイス  イギリス
1919 ヒュー・ブロディ   イギリス
After Darkness セルジオ・グエラス
ドミニク・オセニン・ジラール
  スイス
Contar hasta diez
(Count to Ten)
オスカー・バーニー・フィン   アルゼンチン
Deng-Byod
(The Blazing Sun)
ハ・ミュンジュン   韓国
Der Tod des weißen Pferdes
(The Death of the White Stallion)
Christian Ziewer   西ドイツ
Die Frau und der Fremde ライナー・ジモン   東ドイツ
Die Praxis der Liebe
(The Practice of Love)
ヴァリー・エキスポート   西ドイツ  オーストリア
ハートブレーカー
Heartbreakers
ボビー・ロス   アメリカ合衆国
子供たち
Les enfants
マルグリット・デュラス
ジャン・マスコロ
ジャン=マルク・チュリン
  フランス
カムフラージュ
Λούφα και Παραλλαγή
ニコス・ペラキス   ギリシャ
Morenga エゴン・ギュンター   西ドイツ
燃えつきるまで
Mrs. Soffel
ジリアン・アームストロング   アメリカ合衆国
Noc smaragdového mesíce Václav Matejka   チェコスロバキア
Pehlivan
(The Wrestler)
ゼキ・ウクテン   トルコ
実録マフィア戦争/暗黒の首領
Pizza Connection
ダミアーノ・ダミアーニ   イタリア
プレイス・イン・ザ・ハート
Place in the Heart
ロバート・ベントン   アメリカ合衆国
Potomok belogo barssa
(The Descendant of the Snow Leopard)
トロムシュ・オケイエフ   ソビエト連邦
ゲームの殺人
Péril en la demeure
ミシェル・ドヴィル   フランス
Ronja Rövardotter
(Ronia: The Robber's Daughter)
ターゲ・ダニエルソン   スウェーデン  ノルウェー
瀬降り物語 中島貞夫   日本
Stico ハイメ・デ・アルミニャン   スペイン
Szirmok, virágok, koszorúk
(Flowers of Reverie)
László Lugossy   ハンガリー
ウェザビー
Wetherby
デヴィッド・ヘアー   イギリス
Wrong World イアン・プリングル   オーストラリア

コンペティション外編集

日本映画編集

コンペティション部門には中島貞夫監督の『瀬降り物語』が出品された。また、コンペティション外で上映された小林正樹の『東京裁判』が国際批評家連盟賞を受賞した。

審査員編集

外部リンク編集