メインメニューを開く

第4偵察戦闘大隊(だいよんていさつせんとうだいたい、JGSDF 4th Reconnaissance Combat Battalion)は、福岡県春日市福岡駐屯地に駐屯[1]する、陸上自衛隊第4師団隷下の機甲科部隊である。部隊マークは偵察中隊を表したペガサスと、戦闘中隊を表したユニコーンを併せ、鬣にcavarly(騎兵)を隠し文字としたデザインである。

第4偵察戦闘大隊
創設 1951年(昭和26年)5月1日
(第4偵察隊)
廃止 2019年(平成31年)3月25日
再編成 2019年(平成31年)3月26日
(第4偵察戦闘大隊)
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 大隊
兵科 機甲科
所在地 福岡県春日市
編成地 曾根
標語 全ての道は我らが拓く
上級単位 第4師団
担当地域 九州北部
テンプレートを表示

概要編集

26中期防に基づく戦車の削減事業に基づき、西部方面戦車隊(旧第4戦車大隊)の一部と第4偵察隊を統合した部隊である。全国の偵察部隊として初めて16式機動戦闘車を装備・運用する部隊[2]となった。

沿革編集

部隊編成編集

  • 大隊本部及び本部管理中隊「4偵戦 - 本」
  • 偵察中隊「4偵戦 - 偵」 87式偵察警戒車、軽装甲機動車、偵察オートバイ装備
  • 戦闘中隊「4偵戦 - 戦」 16式機動戦闘車装備

主要装備編集

出典編集

  • 日本の機甲六十年(機甲会「日本の機甲六十年」刊行会 編・1985年)
  • 陸上自衛隊機甲科全史 菊池征男著 イカロス出版 2017

脚注編集

  1. ^ 陸自、大規模に部隊新・改編 奄美、宮古に駐屯地開設 6師団・11旅団→「機動師団・旅団」”. 朝雲新聞社. 2019年3月26日閲覧。
  2. ^ 同様の部隊は31中期防以降においても続行される
  3. ^ 駐屯地のあゆみ - 陸上自衛隊湯布院駐屯地
  4. ^ [平成29年部隊実験のための、編成完結式等を実施して、部隊実験及びじ後の練成訓練に関する認識の統一、実験部隊としての誇りと団結心を涵養するために実施。 アーカイブ 第4師団の活動 より
  5. ^ 自衛隊法施行令及び防衛省の職員の給与等 に関する法律施行令の一部を改正する政令(平成31年政令第30号)官報本紙第7456号、2019年2月27日

関連項目編集