健軍駐屯地(けんぐんちゅうとんち、JGSDF Camp Kengun)は、熊本県熊本市東区東町1丁目1−1に所在し、西部方面総監部等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。

健軍駐屯地
陸上自衛隊 西部方面総監部 庁舎
陸上自衛隊 西部方面総監部 庁舎
位置
所在地 〒862-8710
熊本県熊本市東区東町1丁目1−1
座標 北緯32度47分24.2秒 東経130度45分37.9秒 / 北緯32.790056度 東経130.760528度 / 32.790056; 130.760528座標: 北緯32度47分24.2秒 東経130度45分37.9秒 / 北緯32.790056度 東経130.760528度 / 32.790056; 130.760528
概要
駐屯地司令 西部方面総監部幕僚長

開設年 1954年
テンプレートを表示

概要編集

駐屯地司令は、西部方面総監部幕僚長が兼務。隷属する分屯地に高遊原分屯地がある。

最寄の演習場は、大矢野原演習場黒石原演習場。駐屯地外施設として、熊本送信所が益城町にある。

地元の通称は「健軍自衛隊」、通りの桜並木[1]が有名。創立記念行事は毎年10月に開催している。

平成28年熊本地震の影響により、施設内の一部が崩壊する被害が生じた。

沿革編集

三菱重工業・名古屋航空機製作所分工場(官設民営工場)

陸上自衛隊

  1. 第301電子戦中隊を西部方面システム通信群隷下に新編[5][6]
  2. 第301システム防護隊が西部方面システム通信群からシステム通信団サイバー防護隊隷下へ編成替え。
  • 2022年(令和4年)3月17日:部隊新編等。
  1. 第5地対艦ミサイル連隊に第303地対艦ミサイル中隊を新編[7]
  2. 第301電子戦中隊が陸上総隊に新編された電子作戦隊隷下に編成替え[8]

駐屯部隊・機関編集

西部方面隊及び隷下部隊・機関編集

陸上総隊直轄部隊編集

防衛大臣直轄部隊編集

最寄の幹線交通編集

重要施設編集

その他編集

  • 熊本航空機製作所の建物について、組み立て工場を九州補給処健軍支処が使用しており、現存している。
  • 創立記念式典はグラウンドで観閲式を行った後、駐屯地前の桜並木通りを封鎖して市中パレードを兼ねる形で観閲行進を行う。観閲部隊は主に健軍駐屯地や北熊本駐屯地の所在部隊を中心に編成される。(そのため、西部方面特科隊については指揮官は健軍駐屯地に駐在する隷下部隊の第5地対艦ミサイル連隊長が行う。)
  • 観閲飛行では航空自衛隊機や海上自衛隊機による祝賀飛行も行われる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 2015年版 全国お花見1000景 - 健軍自衛隊通り(株式会社KADOKAWA ウォーカープラス)
  2. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和29年11月6日政令第288号)
  3. ^ a b c d 『三十年のあゆみ』西部方面隊、1985年。 
  4. ^ 熊本市北東部(長嶺・月出地区)にあった旧熊本空港。健軍空港または健軍飛行場と呼ばれた。
  5. ^ “自衛隊に「電子戦専門部隊」「宇宙領域企画班」新設”. 日刊スポーツ. (2021年3月18日). https://www.nikkansports.com/general/news/202103180000802.html 2021年3月19日閲覧。 
  6. ^ “電磁波で妨害、専門部隊が陸自に発足 対中防衛、強化が狙い”. 毎日新聞. (2021年3月29日). https://mainichi.jp/articles/20210329/k00/00m/040/226000c?cx_testId=123&cx_testVariant=cx_3&cx_artPos=0#cxrecs_s 2021年3月30日閲覧。 
  7. ^ 陸上自衛隊 健軍駐屯地 [@kengungsvc_wa] (2022年3月18日). "【第5地対艦ミサイル連隊 隊旗授与式】" (ツイート). Twitterより2022年3月18日閲覧
  8. ^ 電子戦部隊の新編について2021年(令和3年)9月、防衛省

外部リンク編集