第43回日本ラグビーフットボール選手権大会

第43回日本ラグビーフットボール選手権大会2006年2月4日から2006年2月26日まで近鉄花園ラグビー場及び秩父宮ラグビー場で行われた日本ラグビーフットボール選手権大会である。同点による両チーム優勝で東芝府中ブレイブルーパスが2年ぶり5回目の優勝を果たし、NECグリーンロケッツは2年連続3回目の優勝を果たした。

出場資格編集

出場資格は以下の通り(第42回と同じ)。

  • 当該年度のトップリーグ、マイクロソフトカップ・トップ8トーナメントで優勝したチーム(※)
  • それ以外のトップリーグで上位に入ったチーム(※)
  • 入れ替え戦「トップチャレンジシリーズ」の1位プレーオフ(トップ・チャレンジ1)で優勝したチーム
  • 全国クラブ選手権優勝チーム
  • 全国大学選手権の優勝、準優勝チーム

(※)トップリーグ枠はリーグ戦の原則上位3チームであるが、リーグ戦上位3チームのいずれかがマイクロソフトカップに優勝した場合には、トップリーグ4位のチームが繰り上げ出場の権利を得る。同一チームがトップリーグとマイクロソフトカップの2冠を制した場合はトップリーグ2位のチームがマイクロソフトカップ優勝枠扱いで出場できる。

これによりトーナメントの方式も一部変更され準決勝までは4チームずつのステップラダー方式を取り入れる。

  • 1回戦は全国大学選手権優勝チームと全国クラブ選手権チーム、全国大学選手権準優勝チームとトップチャレンジ1優勝チームが対戦。
  • 2回戦は1回戦の勝者とトップリーグの上位チーム(トップリーグ優勝、マイクロソフトカップ優勝チーム以外)が対戦。
  • その勝者とトップリーグ優勝チーム、マイクロソフトカップ優勝チームとで準決勝を行い、更にその勝者同士で決勝戦を行う。

出場チーム編集

8チーム

結果編集

1回戦編集

2月4日(土)

秩父宮ラグビー場 第1試合

  • コカ・コーラウエストジャパン 12-7 関東学院大学

秩父宮ラグビー場 第2試合

  • 早稲田大学 47-7 タマリバクラブ

2回戦編集

2月12日(日)

秩父宮ラグビー場 第1試合

  • コカ・コーラウエストジャパン 14-64 NECグリーンロケッツ

秩父宮ラグビー場 第2試合

  • トヨタ自動車ヴェルブリッツ 24-28 早稲田大学[2]

準決勝編集

2月19日(日)

秩父宮ラグビー場

  • 東芝ブレイブルーパス 43-0 早稲田大学

近鉄花園ラグビー場

  • NECグリーンロケッツ 24-16 三洋電機ワイルドナイツ

決勝編集

2月26日
14:00
東芝府中ブレイブルーパス 6 - 6 NECグリーンロケッツ 秩父宮ラグビー場
観客動員数: 7,591人
レフリー: 相田真治
PK: 日原大介 (2/4) 35', 58'
Report PK: 安藤栄次(2/3) 5', 29'
FB 15 松田努
RW 14 廣瀬俊朗
OC 13 冨岡鉄平 ( )
IC 12 スコット・マクラウド
LW 11 ナタニエラ・オト
FH 10 日原大介
SH 9 吉田朋生
N8 8 ニコラス・ホルテン
OF 7 中居智昭
BF 6 渡邉泰憲
RL 5 横山恒雄
LL 4 大野均
TP 3 笠井建志
HK 2 松尾大樹
LP 1 高橋寛
リザーブ:
16 猪口拓
17 大室歩
18 望月雄太
19 ルアタンギ・バツベイ
20 島崎正吾
21 シオネ・ケプ
22 吉田大樹
Coach:
  薫田真広
FB 15 武井敬司
RW 14 窪田幸一郎
OC 13 水田雄也
IC 12 向山昌利
LW 11 シェイン・オースティン
FH 10 安藤栄次
SH 9 辻高志
N8 8 箕内拓郎
OF 7 グレン・マーシュ  
BF 6 大東毅
RL 5 熊谷皇紀
LL 4 浅野良太 ( )
TP 3 東考三
HK 2 網野正大
LP 1 久富雄一
リザーブ:
16 水山尚範
17 猪瀬佑太
18 佐藤平
19 セミシ・サウカワ
20 藤戸恭平
21 松尾健
22 百村彰二郎
Coach:
  高岩映善

アシスタントレフェリー:
下井真介
藤実
平林泰三

試合ルール

  • 試合時間は80分間のタイムキーパー制。
  • 80分終了後同点の場合同時優勝。
  • 控えの登録人数は7人。
日本ラグビーフットボール選手権大会
第43回大会 優勝
東芝府中ブレイブルーパス
2年ぶり5回目
NECグリーンロケッツ
2年連続3回目

関連項目編集

参照編集

  1. ^ 東芝府中がトップリーグ・マイクロソフトカップの両方で優勝したためトップリーグ2位の三洋電機がマイクロソフトカップ優勝枠に入った。
  2. ^ 日本選手権にトーナメント制導入後初めて大学チームがトップリーグのチームを破った。

外部リンク編集