メインメニューを開く

第8戦車大隊(だいはちせんしゃだいたい、JGSDF 8th Tank Battalion)は、大分県玖珠郡玖珠町玖珠駐屯地に駐屯していた、陸上自衛隊第8師団隷下の機甲科部隊である。玖珠駐屯地には第4戦車大隊も同じく駐屯していた。西部方面戦車隊の新編に伴い、2018年3月26日をもって部隊廃止となった。

第8戦車大隊
創設 1962年(昭和37年)8月15日
廃止 2018年(平成30年)3月26日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 大隊
兵科 機甲科
所在地 大分県玖珠郡玖珠町
編成地 北熊本
愛称 虎の子部隊
上級単位 第8師団
担当地域 南九州
テンプレートを表示
第8師団創立51周年及び北熊本駐屯地開設56周年記念行事で観閲行進を行う第8戦車大隊(2013年4月21日)

第8師団公式サイトでは、第8師団の虎の子部隊[1]と呼ばれる。部隊マークは、第8師団の部隊章である8をかたどった兜の鍬形に、西方の守護神(鎮西の守護神)である白虎を重ね合わせている。中隊ごとに、そのバックに塗られているオレンジのラインの本数で、所属がわかるようにしている(本部管理中隊:0本、第1戦車中隊:1本、第2戦車中隊:2本等)(第8師団隷下の第42即応機動連隊16式機動戦闘車にも同様の意匠のマークとなっているが、鍬形の色等が微妙に違う[2])。

沿革編集

  1. 第1~第3戦車中隊は新編の西部方面戦車隊に第1~第3戦車中隊として編入。
  2. 第4中隊は廃止され[4]、一部人員を第42即応機動連隊機動戦闘車隊に編入[5]

廃止時の部隊編成編集

主要装備編集

過去の装備編集

出典編集

  • PANZER臨時増刊 ウォーマシンレポート50 陸上自衛隊の戦車部隊 その歴史と現状 アルゴノート社 2016
  • 陸上自衛隊機甲科全史 菊池征男著 イカロス出版 2017

脚注編集

  1. ^ 第8戦車大隊 - 陸上自衛隊第8師団(2017年9月23日閲覧)
  2. ^ 新着記事:16式機動戦闘車 入魂式 - 陸上自衛隊第8師団(2017年9月23日閲覧。同日オリジナルをアーカイブ化)
  3. ^ a b 「日本の機甲100年」(防衛ホーム新聞社)
  4. ^ 同時廃止の第4戦車大隊第1中隊(10TK・74TK装備)が新たに方面戦車隊の1個中隊として合流。8戦4中保有の74TKは全車用途廃止。方面戦車隊所属の74TKは元4戦1中所属。
  5. ^ 所在駐(分)屯地・部隊 (PDF)”. 陸上自衛隊 第8師団. 2018年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集