西部方面特科連隊

西部方面特科連隊(せいぶほうめんとっかれんたい、JGSDF Western Army Field Artillery Regiment)とは、熊本県熊本市北区北熊本駐屯地に連隊本部が駐屯する西部方面特科隊隷下の野戦特科部隊である[1]

西部方面特科連隊
JGSDF Western Army Field Artillery Regiment.jpg
訓練展示で空砲射撃するFH-70
創設 2018年(平成30年)3月27日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 連隊
兵科 野戦特科
所在地

熊本県熊本市北区
大分県玖珠郡玖珠町
宮崎県えびの市

福岡県久留米市
編成地 北熊本・えびの
通称号/略称 西特連
愛称 4特、ヨントク(第4大隊)
上級単位 西部方面特科隊
最終上級単位 JGSDF Western Army.svg 西部方面隊
担当地域

九州全域

熊本県芦北球磨、・佐賀県(警備隊区)
テンプレートを表示

概要編集

26中期防では、火砲定数の削減、島嶼防衛力の向上、第4師団の地域配備師団、第8師団の機動師団化が盛り込まれた。このため、北部方面隊を除く各方面隊では野戦特科火力は方面隊直轄部隊に集約する方針となった。当部隊(以後西特連と略記する)は重装備の方面隊直轄化に伴い、第8特科連隊の一部を方面隊直轄として再編成し[2]第4特科連隊の一部を編合した、西部方面隊唯一のFH-70装備部隊である。部隊マークは九州に部隊略称のWAFARを表記したものであり、隷下部隊のある駐屯地(北熊本・玖珠・えびの・久留米)に印が打たれている[2][3]

上級部隊として、西部方面特科隊(旧:第3特科群。以後、特科隊と略記する)が編成され[4]、西特連は特科隊隷下部隊として統制を受ける[4]。ただし、西特連が編成された2018年度に限り、西特連は平時第8師団隷属、有事の際に方面隊直轄となる特殊運用(中部方面特科隊と同様の運用)を受けていた。2019年3月の特科隊隷下への編入により[5]、西部方面隊管区では、水陸機動団特科大隊および第42即応機動連隊火力支援中隊を除き、野戦特科部隊は特科隊隷下に集約された。

新編時は旧第8特科連隊所在地の北熊本駐屯地に連隊本部及び本部中隊、観測中隊、第1大隊を、えびの駐屯地に第3大隊が編成。翌年の旧第4特科連隊編入時に、連隊所在地だった久留米駐屯地[6][7]に第4大隊を新編するとともに[8]、旧第4特科連隊の要員を受け入れる形で、玖珠駐屯地に第2大隊を新編した[8][9][1]。このため、本部および本部中隊、情報中隊、奇数の射撃大隊は旧第8特科連隊、偶数番号の射撃大隊は旧第4特科連隊に由来する。

警備隊区は第2大隊を除き指定され、旧第8特科連隊の全域である熊本県南部と、旧第4特科連隊の佐賀県部分を継承し、第4高射特科大隊(佐賀県の一部)から警備隊区の移管を受け、熊本県南部の5市8町5村[10]および佐賀県(三神地区の2市3町除く)の8市6町を担当している[注 1]

旧第8特科連隊では「熊本八特太鼓」と呼ばれる和太鼓演奏グループがあり、「自衛太鼓」の一つとして自衛隊音楽まつりや部外での演奏を行っていた。2018年3月の部隊新編をもって「熊本西特連太鼓」と改称したという[2]。(なおえびの駐屯地では「えびの自衛隊おじか太鼓」、久留米駐屯地では「久留米一心太鼓」が編成されている。)

各大隊は前身部隊等の愛称等を引き継いでいる。第2大隊はかつて駐屯していた第8戦車大隊の部隊マークであった白虎を部隊マークに引き継ぎ[9]、第4大隊は旧第4特科連隊の後身として引き続き久留米駐屯地に駐屯することから「4特(ヨントク)」の愛称を引き継いでいる[11]

沿革編集

  • 2018年(平成30年)3月27日:第8特科連隊の一部(北熊本駐屯地・えびの駐屯地)をもって西部方面特科連隊を新編[12][10](第2大隊欠)旧第8特科連隊の警備隊区を継承。平時第8師団隷属。西部方面後方支援隊第304特科直接支援中隊が支援部隊となる。
  • 2019年(平成31年/令和元年)
  • 2021年(令和3年):天草地方の災害派遣担任を第5地対艦ミサイル連隊に移管[14]

編成編集

特記ない限り北熊本駐屯地所在。

  • 西部方面特科連隊本部
  • 本部中隊「西特-本」
  • 情報中隊「西特-情」
  • 第1特科大隊
    • 第1特科大隊本部
    • 本部管理中隊「西特-1-本」
    • 第1射撃中隊「西特-1-1」
    • 第2射撃中隊「西特-1-2」
  • 第2特科大隊(玖珠駐屯地
    • 第2特科大隊本部
    • 本部管理中隊「西特-2-本」
    • 第3射撃中隊「西特-2-3」
    • 第4射撃中隊「西特-2-4」
  • 第3特科大隊(えびの駐屯地
    • 第3特科大隊本部
    • 本部管理中隊「西特-3-本」
    • 第5射撃中隊「西特-3-5」
    • 第6射撃中隊「西特-3-6」
  • 第4特科大隊(久留米駐屯地
    • 第4特科大隊本部
    • 本部管理中隊「西特-4-本」
    • 第7射撃中隊「西特-4-7」
    • 第8射撃中隊「西特-4-8」
    • 第9射撃中隊「西特-4-9」

整備支援部隊編集

  • 西部方面後方支援隊第304特科直接支援中隊:2018年(平成30年)3月27日から2019年(平成31年)3月25日の間。
  • 西部方面後方支援隊第101特科直接支援隊第1直接支援中隊:2019年(平成31年)3月26日から専属で各種装備品等の整備及び回収支援を実施する。各大隊毎の担当は、以下の通り。
    • 第1直接支援小隊 (北熊本駐屯地:西部方面特科連隊第1大隊を支援)
    • 第2直接支援小隊 (玖珠駐屯地:西部方面特科連隊第2大隊を支援)
    • 第3直接支援小隊 (えびの駐屯地:西部方面特科連隊第3大隊を支援)
    • 第4直接支援小隊 (久留米駐屯地:西部方面特科連隊第4大隊を支援)

西部方面特科連隊長編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
西部方面特科連隊長 1等陸佐 上原正一 2020年08月01日 陸上総隊司令部運用部運用課長
歴代の西部方面特科連隊長
(1等陸佐(二))
氏名 在職期間 前職 後職
01 井上 亙 2018年03月27日 - 2018年07月31日 第8特科連隊長 陸上幕僚監部防衛部防衛課勤務
02 栗木幹雄 2018年08月01日 - 2020年07月31日 第6師団司令部第3部長 陸上自衛隊富士学校特科部教育課長
03 上原正一 2020年08月01日 - 陸上総隊司令部運用部運用課長

主要装備編集

警備隊区編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 三神地区の担当は九州補給処。また、第4特科連隊の福岡県部分は西部方面混成団に移管。
  2. ^ 災害派遣にあたっては、指定部隊の長(駐屯地司令)である西部方面混成団長の指揮を受ける。

出典編集

  1. ^ a b 湯布院駐屯地twitterアカウント(@yufuinpr)掲載”. 陸上自衛隊湯布院駐屯地. 2019年1月2日閲覧。
  2. ^ a b c 西部方面特科連隊”. 第8師団 西部方面特科連隊. 2018年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月3日閲覧。
  3. ^ 駐屯地所在部隊”. 陸上自衛隊久留米駐屯地. 2019年3月29日閲覧。
  4. ^ a b c 湯布院駐屯地twitterアカウント(@yufuinpr)掲載”. 陸上自衛隊湯布院駐屯地. 2019年3月26日閲覧。
  5. ^ 駐屯地広報誌「湯布院」第65号(湯布院駐屯地twitterアカウント(@yufuinpr)掲載)”. 陸上自衛隊湯布院駐屯地. 2019年1月2日閲覧。
  6. ^ 久留米駐屯地創立65周年記念式典スピーチ(https://www.youtube.com/watch?v=2_gl94FF3tAにて確認可能)
  7. ^ 駐屯地所在部隊|陸上自衛隊 久留米駐屯地” (日本語). www.mod.go.jp. 陸上自衛隊 久留米駐屯地. 2018年11月11日閲覧。
  8. ^ a b c 久留米駐屯地広報誌「くるめ」平成31年1月号”. 陸上自衛隊久留米駐屯地. p. 2. 2020年1月24日閲覧。
  9. ^ a b 陸上自衛隊 玖珠駐屯地 公式 [@kusutyutonti] (2020年4月14日). "玖珠駐屯地所在部隊の紹介をします。 本日は31年3月に新編、移駐して来た西部方面特科連隊第2大隊の紹介です。装備については、155㎜榴弾砲(FH70)を保有しおり、FH70 の愛称は『サンダーストーン』と呼ばれています。 #防衛省 #陸上自衛隊 #西部方面隊 #玖珠駐屯地 #特科大隊 #FH70" (ツイート). Twitterより2020年4月14日閲覧
  10. ^ a b 西部方面特科連隊”. 第8師団 西部方面特科連隊. 2018年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月3日閲覧。
  11. ^ 駐屯地所在部隊”. 陸上自衛隊 久留米駐屯地. 2019年4月17日閲覧。
  12. ^ 所在駐(分)屯地・部隊 (PDF)”. 陸上自衛隊 第8師団. 2018年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月1日閲覧。
  13. ^ 令和元年8月の前線に伴う大雨に係る災害派遣について”. 防衛省・自衛隊. 2019年8月31日閲覧。
  14. ^ 令和3年度版 熊本県地域防災計画(資料編) ”. 熊本県. 2022年6月20日閲覧。
  15. ^ a b 平成30年度版 熊本県地域防災計画(資料編)”. 熊本県. p. 24. 2019年1月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集