篠原温亭

俳人、小説家

篠原 温亭(しのはら おんてい、1872年3月9日明治5年2月1日) - 1926年大正15年)9月2日[1])は、俳人小説家

概略編集

1872年(明治5年)、熊本県宇土郡宇土町(現・宇土市)に生まれる。本名は英喜。別号に松濤、家巣など。父親は漢学塾長。京都本願寺文学寮(現・龍谷大学)に学んだのち上京し、徳富蘇峰が主宰する「國民新聞」に勤め活躍した[2]

その傍ら、ホトトギス同人となり、正岡子規高浜虚子らに俳句を学んだ。温厚な人柄で、人望があった。1922年(大正11年)、俳誌「土上(どじょう)」を嶋田青峰らと共に刊行した[3]。俳句は「温籍高雅」の作風で、虚子編「新歳時記」には27句が採用されている。1926年(大正15年)、55歳で脳溢血により没した[3]。墓所は「帰命山養玉院如来寺」(東京都品川区西大井5-22-25)にある。[4]

著書は、小説「不知火」「二年越」「昔の宿」、随筆「その後」などがあり、没後に嶋田青峰により「温亭句集」が編纂・刊行された[5]。長女小枝子は柴田宵曲と結婚した。

句碑編集

大井の大仏(おおぼとけ)として親しまれている「帰命山養玉院如来寺」(品川区西大井5-22-25)の参道途中右側のイチョウ古木前に、温亭句碑(1985年建立)がある。

  • 一本の銀杏を廻り落葉掃く

調布市深大寺の境内の香炉すぐ横に、調布俳句会の指導者であり、深大寺句会で詠んだ温亭句碑がある。

  • はせ栗の落つれば拾ふ住居哉

熊本県宇土市の旧城下町の面影を残す船場橋・通称眼鏡橋の端に、温亭句碑がある。

  • 新涼や水深くみて橋渡る[6]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 篠原温亭』 - コトバンク
  2. ^ 熊本県高等学校教育研究会国語部会編 『くまもと文学紀行』 熊本県高等学校教育研究会、2005年、208頁
  3. ^ a b 熊本日日新聞社編纂『熊本県大百科事典』熊本日日新聞社、1982年、413頁
  4. ^ 熊本日日新聞2015年9月7日読者文芸欄
  5. ^ 日外アソシエーツ『熊本県人物・人材情報リスト2007』、214頁
  6. ^ 熊本日日新聞2015年9月7日読者文芸欄

外部リンク編集