メインメニューを開く

深大寺(じんだいじ)は、東京都調布市深大寺元町五丁目[1]にある仏教寺院天台宗別格本山で、山号は浮岳山。

深大寺
Jindaiji-4.jpg
本堂
2018年2月13日撮影)
所在地 東京都調布市深大寺元町五丁目15番地1
位置 北緯35度40分3.09秒
東経139度33分1.7秒
座標: 北緯35度40分3.09秒 東経139度33分1.7秒
山号 浮嶽山
(浮岳山)
院号 昌樂院
(昌楽院)
宗派 天台宗
寺格 別格本山
本尊 阿弥陀三尊像
創建年 伝・天平5年(733年
開基 伝・満功上人
正式名 浮嶽山昌樂院㴱大寺
(浮岳山昌楽院深大寺)
文化財 銅造釈迦如来倚像(国宝)、梵鐘(重要文化財)
法人番号 1012405000952
テンプレートを表示

日本三大だるま市の1つ「深大寺だるま市」で知られている。隣接する東京都立神代植物公園は旧寺領であった。

目次

沿革編集

「深大寺」の名称は、仏法を求めて天竺(インド)へ旅した中国僧の玄奘三蔵を守護したとされる水神「深沙大王」(じんじゃだいおう)に由来していると伝えられている。奈良時代の733年(天平5年)、満功上人が法相宗の寺院として開創したと伝える。平安時代859年、天台宗へ改宗する。江戸時代1646年1865年に火災に遭い、堂宇の大半を失っている。現在の本堂は大正時代の再建である。

本尊は本堂に安置されている阿弥陀三尊像。東京都では浅草浅草寺に次ぐ古刹である。

文化財編集

国宝編集

  • 銅造釈迦如来倚像
1909年明治42年)に元三大師堂の壇の下から発見されたもので、現在は釈迦堂に安置。飛鳥時代後期(白鳳期)、7世紀の作。像高(坐高)60.6センチ、全高83.5センチ。関東地方には数少ない古代の仏像であり、童顔の面相、眉から鼻に連なる線、平行して流れる衣文、適度に張りつめた肉付けなどは、時代の特色を表している。下腿部の互い違いに表された衣文、両足間の三角状の衣文、裳裾部分の衣文の処理などはいずれも法隆寺の銅造観音菩薩立像(通称夢違観音)と共通する。像内は頭部内面まで空洞である。像は火災に遭っており、表面の鍍金はほとんど失われている。倚像(いぞう)は、椅子に腰掛けたポーズの像を指す。日本の仏像では倚像は比較的珍しいが、7 - 8世紀の金銅仏には作例を見る[2]
本像は2017年9月15日付けで国宝に指定された[3]

重要文化財(国指定)編集

1376年永和2年)、山城守宗光なる人物が鋳造した旨の銘があり、都内では3番目に古い。総高125.5㎝、口径68.8㎝、製。ひび割れなどの影響から、2001年8月15日に新しい梵鐘が鋳造され、元の梵鐘は釈迦堂に保管されている。

その他編集

元禄8年(1695年)に建てられたもので、深大寺で最も古い建造物。

水と深大寺編集

深大寺は湧水の多い国分寺崖線の崖面に抱かれるように立地し、現在でも境内に複数の湧水源をもつ。湧水を利用した「不動の滝」は「東京の名湧水57選」に選定されている[4]。 門前町の側溝には多量の水が流れ、また周囲には神代植物公園の分園・水生植物園やわさび田を擁する都立農業高校神代農場など、谷戸地形と潤沢な水を利用した施設が広がっている。

崖線から湧き出す豊富な水は古くから田畑を潤し、人びとの素朴な信仰を集めてきた。深大寺によれば、水源地であるがゆえに霊場でもあったこの地が仏教の伝来以降あらためて注目され、“水神「深沙大王」”ゆかりの深大寺建立に至ったのではないかという[5]

深大寺そば」が付近の名物として発達したのも水の恵みと無関係ではない。蕎麦の栽培、そば打ち、釜茹で、晒しに湧水が利用されただけでなく、水車を利用してのそばの製粉も行われてきた。

行事編集

厄除元三大師大祭(やくよけがんざんだいしたいさい)
毎年3月3日4日に行われ、「深大寺だるま市」・「日本三大だるま市」として知られている。寺最大の行事であり、300店程の店が軒を並べて10万人前後の人々が訪れる。江戸中期、300年前から存在すると言われる。願掛けの際に梵字で「ア」,願いが叶ったら「ウン」の字を入れる。「お練り行列」・「元三大師御影供(がんざんだいしみえく)」がとり行われる。
深大寺鬼燈まつり(ほおずき祭り)
毎年7月中旬(20日前後)に行われる。
ほおずき市を中心に手作り市やパフォーマンスライブステージ、東北地方などの物産展、「調布よさこい」、「八観音めぐり」などが開催され、深大寺界隈全体で賑わう。
そば守観音供養祭
深大寺そばにちなみ、毎年10月中旬に行われる。

周辺スポット編集

門前町
山門の周辺は歩行者専用の門前町ゾーンとなっており、名物「深大寺そば」を食べさせる蕎麦屋多数のほか土産物屋などが並ぶ[6]
弁天池
門前近傍にある20m×60m、水深1.5m程度の池。
2018年2月17日に濁りの改善や睡蓮など水草の再生を目指して初の掻い掘り(かいぼり)が檀家世話人会により実施された。当日までに水をほとんど抜き、100人以上のボランティアが池底にたまったヘドロを搬出。様々な魚類やスジエビモズクガニヤゴトンボ幼虫)などの棲息が確認された[7]
神代植物公園
寺の北側に隣接して東京都立神代植物公園が広がり、最寄りの出入口として深大寺門が設けられている。
また、道路を挟んで寺の南東方向には谷戸地形があり、ここは同公園の分園・水生植物園として開放されている。
深大寺城
水生植物園内に立地。城跡周辺は低湿地ではなく台地状を呈している。

アクセス編集

ゆかりのある人物編集

深大寺を舞台にしたフィクション編集

脚注編集

参考文献編集

  • 久野健監修、川尻祐治編『関東古寺の仏像』、芸艸堂、1976
  • 『特別展金銅仏』(図録)、東京国立博物館、1987

外部リンク編集

関連項目編集