メインメニューを開く

米国在台湾協会(べいこくざいたいわんきょうかい、英語: American Institute in Taiwan, AIT繁体字: 美國在台協會)は、アメリカ合衆国(米国)が台湾に設置した実務関係処理のための窓口機関である。形式的には非政府機関であるが、実質的には米国の大使館にあたる。台湾での呼称にならい「米国在台協会」と和訳されることもある。台湾側のカウンターパートは、台湾米国事務委員会(元北米事務協調委員会。在米機関の名称は、駐米台北経済文化代表処)。

米国在台湾協会
American Institute in Taiwan
美國在台協會
略称 AIT
設立年 1979年1月16日 (1979-01-16)
設立者 ハーヴィー・J・フェルドマン
種類 デ・ファクト在外公館
地位 米政府による支給の非営利団体
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州アーリントン郡
貢献地域  台湾
会長 ジェームズ・F・モリアーティ
台北事務所長 ウィリアム・B・クリステンセン
スタッフ
450人
ウェブサイト https://www.ait.org.tw
台湾関係法によって設置
第13代AIT台北事務所長キン・モイ(Kin W. Moy)
AIT台北事務所の新庁舎建設工事

概要編集

1979年1月1日、アメリカ合衆国が中華人民共和国との間で国交を樹立(米中国交正常化)、台湾のみを実効支配する中華民国との国交を断絶したことを受け、ジミー・カーター大統領の「台湾人民との関係に関する覚書」(1978年12月30日)に示された方針に従い、1979年1月10日コロンビア特別区非営利法人法に基づいて設立された。同年2月28日付で在台湾大使館を閉鎖[1]。その後、同年4月10日アメリカ合衆国議会で成立した台湾関係法により、米国国内法に対する優位性などの特別な法的地位が付与された。さらに、1980年10月2日、北米事務協調委員会との間の協定[2]に調印し、相互主義の原則により、双方の代表窓口機関に外交特権が認められた。

これにより、台北事務所(Taipei Office, AIT/T台北辦事處)と高雄支所(Kaohsiung Branch Office, AIT/K高雄分處)が設置された。台北事務所長director台北辦事處處長)は大使と同様の地位で外交特権を享有しており、事実上の駐台湾アメリカ大使である。所内には政治部(Political Section政治組)もある。高雄支所長branch chief高雄分處處長)は事実上のアメリカ総領事である。当支所の担当区域は南台湾(高雄市台南市嘉義市屏東県台東県澎湖県)である[3]

 
アメリカ軍現職将校で構成される米国在台湾協会の安全保障協力部と連絡部の両部長(ルーク・ドナヒュー陸軍大佐とジーン・リチャーズ陸軍大佐)

台北市内には、関連施設として「アメリカ文化センター」(American Cultural Center/ Commercial Section美國文化中心/商務組資料中心)、「農業貿易事務所」(Agricultural Trade Office農業貿易辦事處)も擁し、国務省職員ら総勢450名のスタッフがいるとされる[4]アメリカ軍は2005年から、台北事務所の傘下で現職軍人を派遣し[5]:16大佐の階級にある将校が「連絡部」(Liaison Affairs Section聯絡事務組)や「安保協力部」(Security Cooperation Section安全合作組)の部長を務める[6]。米国在台湾協会に勤め期間で、軍服の代わりに、背広を着る。

米国首都に近いアーリントンにワシントン本部(Washington Office華盛頓總部)が設置されており、台湾側の駐米台北経済文化代表処(TECRO)と米国政府機関との連絡機能をもっている。理事長(会長)は、chairman(主席)と呼ばれる。

歴代台北事務所長編集

代数 氏名 写真 着任 退任
1 チャールズ・T・クロス
Charles T. Cross
 
1979年 1981年
2 ジェームズ・R・リリ
James R. Lilley
1981年 1984年
3 ハリー・E・T・サイヤー
Harry E.T. Thayer
 
1984年 1986年
4 デビッド・ディーン
David Dean
 
1987年 1989年
5 トーマス・ブルックス
Thomas Brooks
 
1990年 1993年
6 B・リン・パスコー
B. Lynn Pascoe
1993年 1996年
7 ダリル・N・ジョンソン
Darryl N. Johnson
1996年 1999年
8 レイモンド・ブルクハルト
Raymond Burghardt
1999年 2001年
9 ダグラス・H・パール
Douglas H. Paal
2002年 2006年
10 スティーブン・M・ヤング
Stephen M. Young
2006年 2009年
11 ウィリアム・A・スタントン
William A. Stanton
2009年 2012年
12 クリストファー・J・マルート
Christopher J. Marut
2012年 2015年
13 キン・W・モイ
Kin W. Moy
2015年 2018年
14 ウィリアム・ブレント・クリステンセン
William Brent Christensen
2018年

交通アクセス編集

脚注編集

外部リンク編集