粂原 圭太郎(くめはら けいたろう、1991年6月13日 - )は日本の実業家作家教育家競技かるた選手。

経歴編集

群馬県安中市出身。

群馬県立中央中等教育学校卒業後、現役で京都大学経済学部経済経営学科へ進学。専攻はマーケティング[1]。2015年 大学卒業。

大学在学中の2014年に日本テレビ系列「最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王」に出演。以降3年連続で出演。

2016年に株式会社iMotivationsを設立。粂原学園代表として教育業を営む傍ら、企業のコンサルティングなども務める。

著書編集

  • 学校では絶対教えてもらえない受験勉強法 〜こうして僕は、京大にトップ合格した〜(2014年、YELL books
  • 京大主席合格者が教える「やる気」と「集中力」が出る勉強法(2016年、二見書房
  • 超合格脳が手に入る究極の勉強法(2017年、カクワークス社
  • 頭の中を無限ループする“あの曲”を一瞬で消し去るすごい集中法(2017年、飛鳥新社
  • 偏差値95、京大首席合格者が教える「京大読書術」 仕事にも勉強にも必須な 「理解力」と「連想力」が劇的に身につく(2019年、角川書店

競技かるた選手としての活動編集

小学校5年生で競技かるたを始める。2005年に中学2年生でA級選手としてデビューすると、2007年に第8回上杉杯争奪全国かるた競技大会でA級初優勝を飾る[2]2009年には第33回全国高等学校総合文化祭小倉百人一首部門で、主将として群馬県代表チームを初優勝に導く[3]。京都大学入学後の2012年には、第19回全国競技かるた大学選手権団体の部で、京都大学の初優勝に貢献、同年の第98回職域学生かるた大会A級の部でも京都大学を初優勝に導く。2013年から2014年にかけて第83回、84回、85回全国かるた競技学生選手権大会A級の部で3連覇を達成。2017年2018年には第64期及び第65期名人位決定戦挑戦者に決定。2019年1月に行われた第65期名人位決定戦で初の名人位を獲得した。

出典編集

外部リンク編集