メインメニューを開く

紀元前385年は、ローマ暦の年である。

世紀 前5世紀 - 前4世紀 - 前3世紀
十年紀 前390年代 前380年代
前370年代
前360年代 前350年代
前388年 前387年 前386年
紀元前385年
前384年 前383年 前382年

当時は、「カピトリヌス、コルネリウス、カピトリヌス、パピリウス、カピトリヌス、フィデナスが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元369年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前385年と表記されるのが一般的となった。

目次

他の紀年法編集

できごと編集

ギリシア編集

中国編集

  • で庶長が献公を河西から迎えて擁立し、出公とその母を殺して深淵に沈めた。
  • を攻撃した。
  • を攻撃して陽城を奪い、を攻撃して悼公を捕らえた。宋の国人は子の休公を立てた。
  • 斉の太公が死去し、子の田剡が即位した。

教育編集

天文学編集

誕生編集

死去編集

脚注編集

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目編集