メインメニューを開く

細見 直樹(ほそみ なおき、1981年5月12日 - )は、京都府京都市出身の元プロ野球選手捕手)。

細見 直樹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市山科区
生年月日 (1981-05-12) 1981年5月12日(38歳)
身長
体重
177 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1999年 ドラフト4位
初出場 2004年10月3日
最終出場 同上
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

プロ入り前編集

1999年比叡山高校で、横浜ベイスターズに所属していた村西哲幸バッテリーを組みの甲子園に出場するも、優勝校とあたり両大会とも初戦で敗れた。

同年秋のドラフト会議で、ヤクルトスワローズから4位指名を受けて入団。スワローズは3位で米野智人を指名しており、育成に時間のかかる高卒の捕手を二人同時に指名するという極めて異例のドラフトを行っている。野口祥順の1位指名、藤井秀悟の逆指名の為に、当初は1位指名も噂された米野を諦めて細見に指名を確約した所、米野が3位でも残っていた為にこのような指名になったと言われている。背番号は米野が51、細見が52と、何かと比較される二人が背番号でも隣り合わせになる事になった。

プロ入り後編集

2000年は15試合、2001年は41試合出場に留まるなどなかなか出場機会に恵まれなかった。2003年までは毎年米野より少ない出場となっている。

2004年は春先に怪我で出遅れたが、フレッシュオールスターゲームで高校時代にバッテリーを組んだ村西と再びバッテリーを形成した。同年は米野が一軍に所属する事もあり、故障者も出た為、初めて米野より多い61試合に出場しファームの正捕手クラスの存在感を示した。その事が評価される形で10月3日の中日戦で1軍公式戦初出場を果たした。初打席は三振に終わったが、その裏のイニングでは守備にもついた。

2005年は飛躍が期待されたが、右膝の故障で大きく出遅れる事になった。オフに手術を行っている。2006年はリハビリに取り組んでいたものの、オフに戦力外通告を受け任意で引退を表明した。奇しくも、同じ年に村西も細見と同様に戦力外通告を受けている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2004 ヤクルト 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000

記録編集

背番号編集

  • 52 (2000年 - 2006年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集