経塚 幸夫(きょうづか ゆきお、1924年11月29日 - 1997年7月10日)は、日本政治家。元衆議院議員日本共産党公認、2期)。

来歴編集

兵庫県津名郡一宮町(現淡路市)出身。1941年に兵庫県立洲本商業高校(現兵庫県立洲本実業高等学校)を卒業後、東大阪市議や大阪府議(3期)を経て、1983年第37回衆議院議員総選挙旧大阪4区から三谷秀治の後継として出馬し初当選を果たす。当選2回。1990年第39回衆議院議員総選挙には出馬せず、地盤を吉井英勝に譲り引退を表明する。

1997年7月10日、肝臓がんのため大阪府東大阪市の病院で死去。72歳。

参考文献編集