美しき日々

イ・ビョンホン主演のテレビドラマ

美しき日々』(うつくしきひび、原題:아름다운 날들[3])は、2001年3月14日から5月31日まで韓国SBSで放送されたテレビドラマ。全24話。

美しき日々
ジャンル ロマンス、ドラマ[1]
企画 パク・ヒソル[1]
脚本 ユン・ソンヒ[1]
演出 イ・ジャンス[1]
出演者 イ・ビョンホン
チェ・ジウ
リュ・シウォン
イ・ジョンヒョン
シン・ミナ[1]
音楽 チェ・ギョンシク[1]
国・地域 韓国
言語 韓国語
話数 24話
製作
製作総指揮 イ・ジャンス(責任プロデューサー)[2]
プロデューサー キム・グァンイル
パク・チャンシク
ユン・シネ[1]
撮影監督 イ・ヨンチョル
イ・サンウク[1]
制作 キム・ジョンハク・プロダクション[2]
放送
放送局SBS
放送国・地域韓国
放送期間2001年3月14日 - 5月31日[2]
放送時間毎週水曜日、木曜日
21:55 - 23:00[2]
放送枠SBSドラマスペシャル
放送分65分
回数24回
公式ウェブサイト
テンプレートを表示
美しき日々
各種表記
ハングル 아름다운 날들
発音 アルダウン ナドゥ
日本語読み: うつくしきひび
ローマ字 Aleumdaun Naldeul
題: Beautiful Days[1]
テンプレートを表示

日本では『冬のソナタ』に引き続き、2003年9月25日から2004年3月25日までNHK衛星第2で放送され、地上波では2004年10月2日から2005年4月2日までNHK総合韓国ドラマシリーズ枠で放送された。

あらすじ編集

孤児院育ちの義姉妹であるキム・ヨンスとキム・セナ、レコード会社社長の後継ぎ息子として生まれたイ・ミンチョル、その社長の再婚相手の連れ子イ・ソンジェ。韓国音楽業界を背景に、様々な境遇に置かれた4名の若者を描いたストーリー。

登場人物編集

イ・ミンチョル
演 - イ・ビョンホン[4]
韓国のレコード会社の大手「ビクトリーレコード」の御曹司で、やり手の企画室長。29歳。亡き母を裏切った父ソンチュンとその後妻ミョンジャを許せず、ソンジェの存在に深く傷ついてしまった事から、深い孤独を抱えている。父ソンチュンがソンジェの実父であるイ・ヨンジュンを殺害したという事実を知り、ヨンスとの別れを決意しビクトリーレコードを辞め家出する。ビクトリーレコード倒産後は、起業して再出発する。
キム・ヨンス
演 - チェ・ジウ[4]
本作のヒロイン。27歳。幼い頃に両親を亡くし、唯一の家族である義妹。孤児院『恩恵院(ウネウォン)』でセナと知り合い、姉妹の関係を結んだだけで、実際の姉妹ではないものの、恩恵院で育つ。しかし、再会しようとした日に交通事故に遭い、セナと生き別れになってしまう。5年後、歌手志望だったセナを探すため、美大を休学して、ビクトリーレコードでアルバイトを始め、ナレと知り合う。また、住み込みでミンチョルの妹ミンジの家庭教師も兼任していた。後にミンチョルと恋人同士になり、アルバイトを辞め、ビクトリーレコード倒産後もミンチョルの事を「室長」と呼んでいる。健気で芯が強い。
終盤でミンチョルと結ばれるものの慢性骨髄性白血病に侵され命の危機にさらされるが、日本の骨髄バンクから提供された骨髄を移植して完治した。
イ・ソンジェ
演 - リュ・シウォン[4]
26歳。ミンチョルの異母弟とされていたが、実際は血はつながっていない。父は明音(ヨンウム/ミョンウム)レコード社長のイ・ヨンジュン(イ・ソンチュンによって殺害されている)。母ミョンジャの再婚と共にイ家に入り、家族不和の元凶が自分である事に罪悪感を持つ。義父ソンチュンに反対され、好きな音楽の道を諦め、医大に進学した。母想いで優しい。ヨンスとセナには幼少期にソンチュンに連れられ、恩恵院で一度彼に会っており、ソンジェが運転するバイクによる接触事故でセナと偶然に再会する。自身の出生の秘密を知った後、家を飛び出し大学も辞め、セナのプロデューサーとなる。後にヤン・ギョンヒに社長の椅子を託される形でミューズレコードの社長に就任。
キム・セナ
演 - イ・ジョンヒョン[4]
22歳。ヨンスの義妹で、彼女と共に恩恵院で育った。恩恵院で、熱湯を持っていたヨンスに偶然激突し、右肩に大火傷を負う。恩恵院を出て自立したヨンスとソウルタワーで再会する約束をするが、その約束の日にヨンスが交通事故に遭って病院に搬送された事実を知らず再会は実現しなかった。その事によって姉に裏切られたと誤解しており、ヨンスを裏切り者呼ばわりしておりその事で非行に走ってしまうが、後に和解する。幼い頃から歌手に憧れており、その夢に向かって猛進しており、ZEROを尊敬しているのもその一つ。恩恵院を出た後の5年間、メン・ホテが経営するスナック「ピカソ」に住み込む[5]。ソンジェとは恩恵院で幼少期に一度出会っており、彼が運転するバイクによる接触事故でソンジェと再会。後に歌手になる夢を実現させミューズレコード所属のアイドルとしてデビューするも、その矢先に過去にピカソでホテと同棲していた事が週刊誌などのマスコミに報道され[6]、ラジオ番組を降板されるなど業界から一時的に干される。最終話の終盤で活動を再開し、復帰ライブでセナと白血病を完治したヨンスが抱き合う場面で物語は終わる。
カン・ナレ
演 - イ・ユジン[4]
ヨンスの親友。芸能マネージャーを夢見てビクトリーレコードで働く。友達思いで情に厚く、面倒見のよいヨンスにとって、頼りになる姉貴的な存在である。ヨンスとはピザ屋のアルバイトで知り合う。後にセナのマネージャーとなる。
イ・ミンジ
演 - シン・ミナ[4]
ミンチョルの妹。22歳。父ソンチュンの後妻ミョンジャとソンジェを憎み、実兄であるミンチョルだけを頼りにしている。物語の後半では彼女の家庭教師をしていたヨンスにも心を開くようになり、ミンチョルとヨンスが結婚した後はヨンスの義妹になった事で彼女を姉と慕うようになる。絵画が得意。
イ・ソンチュン
演 - イ・ジョンギル[4]
ミンチョルとミンジの実父でソンジェの義父。ビクトリーレコードの社長。イ・ヨンジュン殺害の事実が公となり、それが原因でビクトリーレコードは倒産。ビクトリーレコード倒産後は自宅を手放し、ミンチョルとミンジと一緒にアパートで暮らす。
チャン・ミョンジャ
演 - イ・ギョンジン[4]
ソンジェの実母でミンチョルとミンジの義母。明音レコード社長のイ・ヨンジュンの死後、ソンジェを連れてソンチュンと再婚する。元夫ヨンジュンがヨンチュンに殺害された事実を知り自宅で自殺する。
ヤン・ギョンヒ / ヤン・ミミ
演 - イ・フィヒャン[4]
ミューズレコードの社長。故イ・ヨンジュンを先生と慕っていた。過去に明音レコードの看板歌手ヤン・ミミとして活動していたが、大麻疑惑で歌手生命を絶たれる。歌手引退後はアメリカに住んでいた。ミューズレコードをソンジェに託し、再び渡米する。
ZERO(ゼロ)
インターネット上だけで音楽活動をする謎の覆面歌手。セナが尊敬するアーティストである。その正体はソンジェである。
メン・ホテ
演 - ソン・ドンイル
スナック「ピカソ」のマスター。[4]
オ・ジョンフン
演 - イ・サンウ
ソンジェの高校の時の先輩。[4]

日本語吹き替え編集

  • イ・ミンチョル(イ・ビョンホン):高橋和也
  • キム・ヨンス(チェ・ジウ):田中美里
  • イ・ソンジェ(リュ・シウォン):森岡弘一郎
  • キム・セナ(イ・ジョンヒョン):本名陽子
  • カン・ナレ(イ・ユジン):山辺有紀
  • イ・ミンジ(シン・ミナ):弓場沙織
  • イ・ソンチュン(イ・ジョンギル):坂口芳貞
  • ヤン・ギョンヒ<歌手名:ヤン・ミミ>(イ・フィヒャン):富本牧子
  • チャン・ミョンジャ(イ・ギョンジン):宮寺智子
  • イ・ソンジュン(ハ・ジェヨン):牛山茂
  • ヤン・グムスク(オ・スンウン):林智恵
  • オ・ジョンフン(イ・サンウ):佐藤亮太
  • キ・チャン(ト・ギソク):川島得愛
  • ユンジュ(イ・ジフィ):原千果子
  • キュソク(キム・ドンヒョン):滝知史
  • メン・ホテ(ソン・ドンイル) :咲野俊介
  • チャン・ポンダル(チャン・ポギュ):後藤哲夫

スタッフ編集

音楽編集

製作編集

設定によればヨンスは白血病で病死する予定だったが、白血病になった事を知った視聴者からハッピーエンドを迎えたいという声が寄せられ、骨髄移植によって完治するという設定に変えられた。

反響編集

韓国では、最高視聴率は35.9%を記録した[7]

ソンジェを演じるリュ・シウォンは、本作の演技で高い評価を受けた[8]。韓国では、ヒロインのキム・ヨンスがイ・ミンチョルとイ・ソンジェのどちらを選ぶのかが話題となり、ネット上で論争が起きた[9]

放送・サブタイトル編集

  • 1「門出」
  • 2「誤解」
  • 3「絆」
  • 4「新たな歩み」
  • 5「母の面影」
  • 6「運命」
  • 7「ZEROの正体」
  • 8「嫉妬」
  • 9「恋の芽生え」
  • 10「失意」
  • 11「対立」
  • 12「暴露」
  • 13「確執」
  • 14「新人対決」
  • 15「断絶」
  • 16「婚約の日」
  • 17「絶望」
  • 18「苦悩」
  • 19「崩壊」
  • 20「嘘」
  • 21「告白」
  • 22「結婚」
  • 23「再出発」
  • 24「奇跡」

日本ではNHK以外に、2007年9月19日から10月25日までCBCで、2009年1月5日からITVで放送された。

CD・DVD編集

CD編集

  • 美しき日々 / Beautiful Days - Tv Soundtrack(韓国盤) - スクリーンセーバーがある。初期の韓国版にはイ・ビョンホンの歌が収録されていた。
  • 美しき日々 / Beautiful Days(日本盤) - 日本語訳の歌詞カードがある。

※ジャケットデザインに差異があり、日本版には韓国版の特典が収録されていない。

  • Sound. Earth. Nature. Spirit. ~ vol.SOUND(S.E.N.S.) - 「Remembering Me」を収録。

DVD編集

  • 美しき日々 Vol.1-8
  • 美しき日々 DVD-BOX 1 - Vol.1-4が1セット
  • 美しき日々 DVD-BOX 2 - Vol.5-8が1セット

日本ツアー編集

2005年3月8日からは日本各地でドラマの映像と歌曲を組み合わせたコンサートツアーが行われた。

2005年5月6日、7日には東京国際フォーラムでイ・ビョンホン、チェ・ジウをはじめとする主要キャストが参加したファイナル・コンサートが開催された[10]。「美しき日々コンサート」のファイナルの様子は、2005年6月26日にNHKBS2で放送された[11]

その他編集

  • 第1回に オム・ジョンファが本人役でゲスト出演している。
  • S.E.N.S.の「Remembering Me」が劇中で使われているが、これは無断使用であり、NHKが放送する際に問題となった。サウンドトラックには未収録。日本放映後、この曲と共にS.E.N.S.の認知度も上がり、各地で開催された「美しき日々コンサート」にも参加している。
  • 劇中歌「約束」は、歌いだしが尾崎豊I LOVE YOU」のサビ、サビがDEENこのまま君だけを奪い去りたい」のサビに似ていると言われている[要出典]
  • 覆面歌手ZEROのモデルはZARDとされている[要出典]。第6話にミンチョルがZEROと同じように世間に露出せずに大ヒットを続けるアーティストが日本にもいるとしてZARDのことを取り上げているシーンがある。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 美しき日々 (2001)allcinema. 2022年9月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g "드라마 정보" SBS. 2022年9月14日閲覧。
  3. ^ 直訳:「美しい日々」
  4. ^ a b c d e f g h i j k "출연" Daum. 2022年9月14日閲覧。
  5. ^ 後に客の態度に逆上したセナの放火が原因で追い出される。
  6. ^ その情報を提供したのはホテで、セナと再会した際に強請りを断られた事に逆上してマスコミに情報を流した。
  7. ^ SmaTIMEASSmaSTATION!!
  8. ^ 韓国ドラマ 美しき日々ぎふチャン
  9. ^ SmaSTATION!!
  10. ^ 『美しき日々』コンサート・ファイナル あの感動が再び・・・ワウコリア 2005年5月20日
  11. ^ 韓国エンタメ イ・ビョンホン&チェ・ジウの美しきツーショットも! 感動!「美しき日々コンサート」All About 2005年6月24日

外部リンク編集