群馬県民会館(ぐんまけんみんかいかん)は群馬県前橋市にある群馬県営の多目的ホール。同市内に本社を置く株式会社ベイシア命名権(ネーミングライツ)取得しており、2009年よりベイシア文化ホールと称されている[1]

ベイシア文化ホール

Gunma Civic Hall.jpg

情報
正式名称 群馬県民会館
完成 1971年
開館 1971年
収容人員 約2,500人
客席数 大ホール 1,997名
小ホール 499名
延床面積 13,503m²
設備 大ホール、小ホール、展示ホール、会議室、リハーサル室、練習室、レストラン
用途 コンサート全般、展覧会、イベント
運営 群馬県民会館管理共同事業体
所在地 群馬県前橋市日吉町1丁目10−1
位置 北緯36度23分51.6秒 東経139度4分31.2秒 / 北緯36.397667度 東経139.075333度 / 36.397667; 139.075333座標: 北緯36度23分51.6秒 東経139度4分31.2秒 / 北緯36.397667度 東経139.075333度 / 36.397667; 139.075333
アクセス JR前橋駅よりバス県民会館前下車
外部リンク ベイシア文化ホール
テンプレートを表示

概要編集

1971年にこけら落とし。群馬県最大のホールとしてコンサートや演劇、ミュージカルなどが行われている。

1973年7月10日からは日本教職員組合の大会会場となった。市内には出席する組合員のほか、組合活動に反対する右翼活動家が約500人参集。右翼活動家は会場を中心に街宣活動を繰り広げた。警察側も2300人を動員して警備に当たった[2]

また、2008年8月の全国高等学校総合文化祭(ぐんま総文)では器楽・管弦楽部門が開催された。また会館敷地の前身は群馬大学教育学部のキャンパスで、当時、学生達が歌った昭和の抒情唄’赤い花白い花’がこの地から全国に発信された。

完成から50年以上が経ち、施設の老朽化で2020年夏から2022年まで大規模改修工事を行うため全館休館予定としていたが、県の公共施設の再検討により無期限延期となり[3]、10月には、東京銀座にあるアンテナショップぐんま総合情報センター(ぐんまちゃん家)や、榛東村のライフル射撃場などと共に廃止検討の対象となっていると報じられた[4][5]

施設編集

  • 大ホール
    • 席数
    • 1994席(1階席と2階席含む)
    • 車椅子席3席(1階のみ)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ベイシア文化ホール(群馬県民会館)完全ガイド - LiveWalker.com
  2. ^ 「午後はトラブルなし 右翼の半分引き揚げ」『朝日新聞』昭和48年(1973年)7月8日朝刊、13版、23面
  3. ^ 大規模改修工事を当面実施しないことに伴う施設利用受付再開について”. 群馬県民会館公式サイト (2020年2月10日). 2020年10月7日閲覧。
  4. ^ “「ぐんまちゃん家」撤退検討 銀座裏通りへの移転裏目?”. 朝日新聞. (2020年10月8日). https://www.asahi.com/articles/ASNB7729KNB7UHNB00C.html 2020年10月8日閲覧。 
  5. ^ “「ぐんまちゃん家」や県民会館などの廃止検討 群馬県が中間報告”. 毎日新聞. (2020年10月8日). https://mainichi.jp/articles/20201008/k00/00m/040/024000c 2020年10月8日閲覧。 

外部リンク編集