メインメニューを開く

肥後トンネル(ひごトンネル)は、熊本県八代市坂本町鮎帰から同県球磨郡山江村万江に至る九州自動車道トンネルである。

肥後トンネル
Higo tunnel.jpg
福岡方面入り口から撮影
概要
位置 日本の旗 日本熊本県の旗 熊本県
現況 供用中
所属路線名 E3 九州自動車道
起点 熊本県八代市坂本町鮎帰
終点 熊本県球磨郡山江村万江
運用
開通 1989年
管理 西日本高速道路
通行対象 自動車(危険物積載車両除く)
技術情報
全長 6,340 m
道路車線数 片側2車線
設計速度 80 km/h
テンプレートを表示

全長は6,340 mであり、九州地方では最も長い道路トンネルである。日本国内の道路トンネルとしては2019年現在では埼玉県山梨県を結ぶ一般道路の雁坂トンネルに次いで10番目の延長を有する。

道路法における長大トンネルであり、肥後トンネル及び加久藤トンネル(6,260 m)を含む八代JCT - えびのICの区間は危険物積載車両通行禁止規制がなされている[1]

概要編集

1989年鹿児島方面側で暫定2車線として開通。1999年門司方面のトンネルが開通した。長さは下り線が6,340 m、上り線が6,331 mで中央自動車道恵那山トンネルに次いで、日本の高速道路トンネルでは第5位の長さを誇る長大トンネル、九州自動車道内では最長のトンネルになった。NATM工法によって建設された。

このトンネルは東海北陸自動車道飛騨トンネルと同様に、長大トンネルとしては有数のトンネル内に県境が無いトンネルである。

通行制限編集

加久藤トンネルも含め、八代JCT同JCT供用前は八代IC) - えびのICの区間は、石油・薬品などを積載したタンクローリー等の危険物積載車の通行は禁止されている。当該車両が鹿児島市方面へ向かう場合は南九州西回り自動車道国道3号、また人吉市宮崎県方面へ向かう場合は国道219号などを利用することになる。

編集

E3 九州自動車道
(18-1)八代JCT - 坂本PA - 鮎帰BS - 肥後トンネル - 小鶴BS - 山江SA - (19)人吉IC/TB(廃止)

脚注編集

  1. ^ 八代JCTが供用されるまでは、八代ICからえびのICの区間が危険物積載車両通行禁止区間の対象となっていた。

関連項目編集

外部リンク編集