メインメニューを開く

脱清人(だっしんにん)とは、明治初期の琉球処分に反対して清国に亡命し「琉球救援」を要請した琉球王国における一部の人々。

概要編集

日本政府が1872年琉球藩を設置したことにより、琉球王国で支配階層の地位にあった一部の士族や、久米三十六姓と呼ばれる中国福建省系帰化人の子孫の中で、琉球王国の存続を危ぶみ、非合法のうちに「清国に脱出」して、宗主国である清国政府に「琉球救援」のための外交圧力などの措置を求める運動が起きた。この動きは1879年沖縄県発足以前から始まっており、1874年に派遣された琉球王国最後の進貢使でそのまま帰国せずに北京に留まった毛精長(国頭盛乗)や1876年に密使として派遣された向徳宏(幸地朝常)・林世功(名城春傍)らが代表的な人々である。その後の琉球処分の完成によって琉球王国が実質上の滅亡に追い込まれると、更に多くの人々が王国再建のために軍隊派遣などを求めた。三司官を務めた毛鳳来(富川盛圭)をはじめ、向有徳(浦添朝忠)、毛有慶(亀川盛棟)などがいる。脱清人の人々は旧支配層を中心とした上級士族が主体であったが、名城をはじめとする下級士族や庶民の中にも賛同者が含まれていた。彼らは琉球処分後も日本側に接収されていなかった福州(「琉球館」こと、柔遠駅)や北京などの旧琉球王国の施設を拠点として政治工作を続けただけではなく、琉球本島で抵抗を続ける頑固党の人々や東京などで明治政府に反対する人々と接触していた人々とも連絡を取り合っていた。

だが、自国本土が欧米列強の圧力にさらされていた清朝は、富国強兵政策を断行して国力を増強させていく日本との戦争には乗り気ではなく、軍隊を送るどころか先島諸島の分割をもって日本側と妥協する方向に動いたため、脱清人の抗議活動はエスカレートし、1880年、林世功(名城春傍)は日清の妥協の動きに抗議して自らの命を絶った。驚いた両国は先島諸島の分割を白紙に戻さざるを得なくなった。

その後、20年近くにわたる脱清人の活動があったが、欧米列強の脅威に晒される清国は、琉球復興への動きを見せる余裕はなく、日本は確実に琉球を施政下に収めていった。その長い月日の間に、脱清人も多くの指導者が病死したり、没落したりし、その影響力を減じていった。

そして、決定的な打撃になったのは、1894年に発生した日清戦争による清国の敗北と翌年の下関条約に伴う台湾の日本割譲であった。これによって清国が琉球を救援する力が無いどころか、台湾すら守れなかったことが明白となり、日本の琉球支配に抵抗を続けていた頑固党も、日本に屈服するか、指導者の向志礼(義村朝明)のように「日本の支配」を逃れるための脱清をするかの選択を迫られた。かくして、脱清人はその多くが日本の琉球支配の完成を横目に中国大陸で人知れず朽ち果てていった。

琉球人清国亡命事件の一覧編集

時間 清国の元号 日本の元号 代表人物 人数 備注
1874年 同治13年 明治7年 毛精長・国頭親雲上盛乗 不詳 国頭は最後の進貢使として来清し、琉球滅亡後は帰国せず、死後は福州に葬られる
1876年 光緒2年 明治9年 向徳宏・幸地親方朝常
蔡大鼎・伊計親雲上
林世功・名城里之子親雲上
19人 清国に赴き朝貢について交渉
1879年 光緒5年 明治12年 蔡氏湖城以正
殷氏神山庸忠
13人 湖城以正は空手の達人であった。神山庸忠は親清派の神山庸栄の子
1880年 光緒6年 明治13年 向氏富名腰朝衛 2人 山奉行筆者、位階は「親雲上」、時に49歳であった
1882年 光緒8年 明治15年 毛鳳来・富川親方盛奎
王大業・国場親雲上
2人 富川は最後の三司官の一人
蔡氏湖城以恭 3人
真壁徳名
馬必達・国頭親雲上 3人
1883年 光緒9年 明治16年 向有徳・浦添親方朝忠 42人 按司奉行、当時37歳
1884年 光緒10年 明治17年 仲本進輝 5人
向氏宜野座朝義 6人
毛有慶・亀川里之子親雲上盛棟 4人 毛有慶は翌年帰国し、祖父の毛允良・亀川親方盛武と一緒に沖縄警察に逮捕される
1885年 光緒11年 明治18年 向龍光・津嘉山親方朝助
向廷選・津嘉山朝克
2人 親清派の首領。亀川盛棟のために捕らえられ清国に亡命
1892年 光緒18年 明治25年 毛有慶・亀川里之子親雲上盛棟 親清派の首領。政治亡命、清国の福州で客死
1896年 光緒22年 明治29年 向志礼・義村按司朝明 5人 義村御殿三世。親清派の首領。甲午戦争での清国の敗戦により清国へ亡命、福州で客死

参考文献編集

  • 比屋根照夫「脱清人」(『沖縄大百科事典』(沖縄タイムス社、1983年))
  • 西里喜行「脱清人」(『日本史大事典 4』(平凡社、1993年) ISBN 978-4-582-13104-8
  • 平良勝保「脱清人」(『日本歴史大事典 2』(小学館、2000年) ISBN 978-4-09-523002-3