自由ロシア軍団

ウクライナと連携するロシアの反体制派武装組織

自由ロシア軍団(じゆうロシアぐんだん、ロシア語: Легион «Свобода России»ウクライナ語: Легіон «Свобода Росії»英語: Freedom of Russia Legion、略称FRL)またはロシア自由軍団[1][2]は、ロシアのウクライナ侵攻に伴い、ウクライナを防衛するため2022年3月に結成されたウクライナ軍の軍団である。ロシア軍からの離反者の他、元々軍隊に所属していなかったロシア人やベラルーシ人の義勇兵で構成されている[3]

自由ロシア軍団
ロシア語: Легион «Свобода России»
ウクライナ語: Легіон «Свобода Росії»
英語: Freedom of Russia Legion
自由ロシア軍団のエンブレム
創設2022年3月10日 (23か月前) (2022-03-10)
国籍ロシアの旗 ロシア
忠誠 ウクライナ
軍種外国人義勇兵外人部隊
規模500人以上
上級部隊 ウクライナ領土防衛部隊外国人軍団
モットーロシアのために!自由のために! (ロシア語: За Россию! За свободу!)
彩色アジュール
主な戦歴2022年ロシアのウクライナ侵攻
ウェブサイト自由ロシア軍団 - Telegram
著名な司令官イリヤ・ポノマリョフ
識別
自由ロシア軍団のメンバー。

この軍団は袖章としてロシア国旗ではなく、白青白旗を使用している[1][2][3]

概要 編集

自由ロシア軍団は、自発的にウクライナ側へ離反したロシア軍の中隊(500人以上)から結成された。 中隊長によれば「本物のファシストからウクライナ人を守るため」に、ウクライナ保安庁の協力を得て2022年2月27日にウクライナ側に加わった。また彼はプーチン軍の兵士である同胞に対し、祖国と国民を「屈辱と破滅」から救うため自由ロシア軍団に加わるよう呼びかけた[4]

軍団の最初の志願兵は、2022年3月下旬に個別の予備訓練を開始した。志願兵たちはウクライナ軍の教官の指導のもと、スウェーデンとイギリスが共同開発した携行式対戦車ミサイルNLAWの特性や使用方法について学んだ[1]。部隊の指揮官は前線の詳細な作戦状況を受け取った[5]。軍団の目標はロシア軍をウクライナから退け、最終的にはウラジーミル・プーチンを退陣させることである[6]

シーザー 編集

軍団の事実上の広報官は、「シーザー(Цезарь)」、または「カエサル」という仮名を用いるサンクトペテルブルク出身の人物である。

記者の取材によれば「祖国と戦っているわけではない。プーチンの体制、悪と戦っている」と語った上で、「私は裏切り者ではない。国の行く末を案じる真の愛国者だ」と強調した[7]

志願者には忠誠心を確認するため、数回に及ぶ面接や心理テストのほか、うそを発見するといわれるポリグラフによる検査も課されている[7]

2023年ベルゴロド州への攻撃以降は、同じくウクライナ側で戦うロシア人部隊のロシア義勇軍団と行動を共にすることが多く、共同で声明を発表することもある。またロシア元下院議員で現在はウクライナで亡命生活を送るイリヤ・ポノマリョフも幹部として関与している[8]

2023年1月24日、ロシアの独立系メディア「エージェンシー」は、自由ロシア軍団の代表を自称する「シーザー」は2010年代前半にロシア帝国運動(RID)の過激派組織と繋がっていたという分析を明らかにした。2011年9月にサンクトペテルブルクで行われた「ロシアン ラン」というイベントに参加している写真が発見されている。写真には隣にロシア帝国運動の創設者デニス・ガリエフが写っている。

シーザーの古い知人の話によると、2010年代初頭にRIDに所属していたシーザーは、軍団が「何かを変え、ロシアを大帝国にすることができる」と信じられなくなり、体制に幻滅。2014年にウクライナとの戦争が始まると、シーザーはその紛争において、自由のために戦う覚悟のある国として、すぐにキーウの味方をしたという。2022年8月31日、キーウ近郊のイルペンにダリア・ドゥギナ殺害を行ったと主張する国民共和国軍(NRA)と自由ロシア軍団が政治センターを設立している。その代表であるイリヤ・ポノマリョフはエージェンシーに対し、シーザーは以前、ロシアの右翼愛国主義組織や、2005年3月のアナトリー・チュバイス暗殺未遂で逮捕され、その後無罪となったロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)大佐ウラジミール・クヴァチコフロシア語版と関係があったことを明らかにしている[9][10]

軍団の活動 編集

2022年6月9日時点、軍団はウクライナ東部攻勢の中、ドンバスにおいてウクライナ軍と共に戦っている。さらにロシア国内にて、放火などの破壊工作活動を組織しているとも伝えられている[11]

6月11日、ガスプロムバンク元副社長のイーゴリ・ヴォロブーイェフが軍団に加わったとTelegram上で発表した[12]。ヴォロブーイェフはウクライナ北部のスーミィ州アフトゥイルカ英語版ウクライナ語版出身であり[13]、3月2日には故郷をロシアから守るためウクライナに到着していた[14][15]

2023年3月16日、ロシア最高裁は自由ロシア軍団を「テロ組織」に指定した[16]

メンバーの証言によれば、2023年5月までにバフムートの戦いに参加[17]。また同月22日には、ロシア南部ベルゴロド州に武装組織が侵入し破壊活動が行われ、自由ロシア軍団はSNSを通じて自らの活動である旨の声明を出している[18]。この襲撃では一時的にベルゴロド州コジンカ英語版などを抑えた。6月にも襲撃を行い、これらでは、ロシア軍や国境警備隊だけでなく、住宅地も攻撃したとされる[19]

7月30日と8月1日に、モスクワの高層ビルが連続してドローン攻撃を受けた[20]。これに対し、ポノマリョフが軍団の関与を示した[21]

関連項目 編集

出典 編集

  1. ^ a b c ウクライナ国際義勇軍に露兵も合流 「無法プーチン政権と戦う」|ニフティニュース”. ニフティニュース. 2022年6月9日閲覧。
  2. ^ a b Coles, Isabel; Trofimov, Yaroslav (2022年4月7日). “Belarusians, Russians Join Ukraine's Military, Hoping for Freedom at Home”. Wall Street Journal. オリジナルの2022年4月10日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/4ZQ0z 2022年4月10日閲覧. "While the Belarusian opposition has long been inspired by Ukraine’s resistance to Russia and attempts to impose authoritarian rule, the arrival of Russians willing to fight against their own compatriots is relatively new. The uniforms of the Freedom for Russia unit have the white-blue-white patch, in the colors of a new Russian flag favored by some opponents of Mr. Putin." 
  3. ^ a b Охочих вступити до легіону "Свобода Росії" багато — представник легіону” [多くの人々が自由ロシア軍団への入隊を希望している=軍団代表] (ウクライナ語). Інтерфакс-Україна. 2022年4月6日閲覧。
  4. ^ Російські військові з легіону "Вільна Росія", які воюють за Україну, дали брифінг (відео) ” [ウクライナのために戦う自由ロシア軍団のロシア人兵士による訓示(動画)] (ウクライナ語). www.unian.ua. 2022年4月6日閲覧。
  5. ^ Добровольці легіону «Вільна Росія» воюватимуть за Україну: триває підготовка” [自由ロシア軍団の志願兵たちはウクライナのために戦うだろう:準備進行中] (ウクライナ語). Template:Lang\uk (Volyn news). 2022年4月6日閲覧。
  6. ^ “The Russians Fighting Putin in Ukraine”. Time. (2022). オリジナルの2022-04-08時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220408160703/https://time.com/6165422/russians-in-ukraine/ 2022年4月10日閲覧。. 
  7. ^ a b 「裏切り者ではない」 ウクライナ側で戦うロシア人部隊(AFPBB News)”. Yahoo!ニュース. 2023年6月6日閲覧。
  8. ^ https://www.facebook.com/asahicom+(2023年6月1日).+“ロシアへの越境攻撃 「自由ロシア軍団」幹部が語った3つの目的:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2023年6月6日閲覧。
  9. ^ В воюющем за Украину легионе «Свобода России» оказался выходец из «Российского имперского движения», которое связали с ГРУ и взрывами в Испании • «Агентство» ” (ロシア語). «Агентство» (2023年1月24日). 2023年1月26日閲覧。
  10. ^ 2023年1月22日、ニューヨークタイムズは2022年11月に発生したスペインでの郵便爆弾事件を起こしたのはGRUであると報道している。また、ロシア軍情報部がロシア帝国運動を使って活動していた可能性があるという。
  11. ^ Russische Soldaten gegen Putin: im Donbass kämpfen, in Moskau Feuer legen” (ドイツ語). Berliner Zeitung (2022年5月4日). 2022年5月30日閲覧。
  12. ^ Former Gazprombank executive Igor Volobuev joins the Freedom to Russia Legion within the Ukrainian Armed Forces” (英語). Новая газета. Европа (2022年6月12日). 2022年6月13日閲覧。
  13. ^ Gazprombank executive Igor Volobuev leaves for Ukraine to join territorial defense, says his colleague’s “suicide” was murder” (英語). The Insider (2022年4月27日). 2022年6月13日閲覧。
  14. ^ Balmforth, Tom; Zemaryalai, Parniyan (2022年4月28日). “'I'm not afraid', says ex-Gazprombank executive who defected to Ukraine” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/world/im-not-afraid-says-ex-gazprombank-executive-who-defected-ukraine-2022-04-28/ 2022年6月13日閲覧。 
  15. ^ Интервью | "Я участвовал в войне". История вице-президента Газпромбанка, который сбежал из России”. Liga.net (2022年4月26日). 2022年8月1日閲覧。
  16. ^ ウクライナ側で戦うロシア人部隊、テロ組織に指定 ロシア”. www.afpbb.com. 2023年3月18日閲覧。
  17. ^ 自由ロシア軍団とは何か、「ロシアを自由にする」ため自国と戦うロシア人志願兵たち”. CNN (2023年5月23日). 2023年5月23日閲覧。
  18. ^ ロシア領内で戦闘、反政権ロシア人部隊が侵入か ウクライナは否定”. 朝日新聞DIGITAL (2023年5月23日). 2023年5月23日閲覧。
  19. ^ Artyushenko, Oleg (2023年6月17日). “'Everyone For Themselves': Attacks In Border Towns And Cities Bring The War To Russia's Doorstep” (英語). Radio Free Europe/Radio Liberty. https://www.rferl.org/a/russia-belgorod-attacks-ukraine-war-/32463704.html 2023年8月5日閲覧。 
  20. ^ モスクワ新都心またドローン墜落 ロシア「ウクライナのテロ」非難”. 時事ドットコム. 2023年8月5日閲覧。
  21. ^ ウクライナ側に付いて戦うロシア人「自由ロシア軍」幹部来日”. NHKニュース (2023年7月31日). 2023年8月5日閲覧。

外部リンク 編集