舟橋 慶一(ふなばし けいいち、1938年2月6日 - )は、元日本教育テレビ・テレビ朝日アナウンサー特定非営利活動法人エコです環境応援団副理事長。環境省認定環境カウンセラー。自然との共生塾を主宰。

経歴編集

東京都出身。早稲田大学第一商学部卒業。

1962年、日本教育テレビ(NET)に入社。テレビアナウンサーとしてスポーツ中継、報道番組、ドキュメンタリーなどを担当。

スポーツ放送ではアマチュアスポーツからプロスポーツの実況まで幅広く活躍した。特にプロレスリング実況では、解説の桜井康雄東京スポーツ)とコンビを組み、初期の新日本プロレスの激戦の語り部としてその名を知られている。

1976年6月26日、格闘技世界一決定戦:アントニオ猪木 vs.モハメド・アリ試合を実況中継したのも舟橋である。

またNETが大井競馬中継を行っていた時代にも競馬実況アナウンサーとしても活躍していた。

1980年テレビ朝日が独占中継権を獲得したモスクワオリンピックのチーフアナウンサーとなったが、モスクワオリンピックは当時のソビエトのアフガニスタン侵攻により、”自由圏”諸国がボイコット。日本人選手が参加しない”幻のオリンピック”になった。このため、このオリンピックでテレビ朝日は370時間の放送を敢行したが、この年のオリンピックはほとんど共産圏だけが参加した片肺のオリンピックとなった。

また、テレビ朝日を退職した1995年から2002年までは秋田朝日放送(系列局)の社長も務めた。

番組制作で触れた”世界遺産白神山地”に感銘、世界最大のブナの大原生林の中で、多くの命(動植物、微生物)が悠久の年月をかけて生き続け、これからの人類の歴史の中で自然科学、食や医学に必ず大きな寄与をするであろうということを確信。地球の自然環境を守ることをライフワークに。未来の子供たちに美しい地球を残すために秋田朝日放送の社長退任後は内閣府認証NPO法人「エコです環境応援団」の副理事長を務める。

2008年”地球の健康・体の健康”をテーマに「自然との共生塾」を主宰。各地で公演活動を行う。

出演番組編集

テレビ編集

エピソード編集

関連項目編集

外部リンク編集