秋田朝日放送

秋田朝日放送株式会社(あきたあさひほうそう、Akita Asahi Broadcasting)は、秋田県全域を放送対象地域としたテレビジョン放送事業を行っている、特定地上基幹放送事業者である。 略称はAAB。コールサインはJOXX-DTV。ANN系列フルネットのテレビ局である。放送対象区域内人口はANN系列フルネット局で最も少ない。

秋田朝日放送株式会社
Akita Asahi
Broadcasting CO.,LTD.
Aab logo.svg
秋田朝日放送社屋(2012年10月)
秋田朝日放送本社社屋
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
010-0941
秋田県秋田市川尻町字大川反233-209
業種 情報・通信業
法人番号 8410001000181
事業内容 放送法によるテレビジョン放送
代表者 代表取締役社長 桜井 元
資本金 25億円
売上高 36億5,800万円(2016年3月期)
主要株主 テレビ朝日ホールディングス(19.0%)
朝日新聞社(15.0%)
外部リンク http://www.aab-tv.co.jp/
テンプレートを表示
秋田朝日放送
英名 Akita Asahi
Broadcasting Co.,Ltd.
放送対象地域 秋田県
ニュース系列 ANN
番組供給系列 テレビ朝日ネットワーク
愛称 AAB
呼出符号 JOXX-DTV
呼出名称 あきたあさひテレビデジタルテレビジョン[1]
開局日 1992年10月1日
本社 〒010-0941
秋田県秋田市川尻町字大川反233-209
演奏所 本社と同じ
リモコンキーID 5
デジタル親局 秋田 29ch
アナログ親局 秋田 31ch
ガイドチャンネル 31ch
主なデジタル中継局 大曲中継局
大館中継局
主なアナログ中継局
特記事項:
同社内にトラストネットワーク秋田事業部がある。
テンプレートを表示

目次

沿革・ネットワークの移り変わり編集

  • 1992年
    • 9月25日 - サービス放送開始。
    • 10月1日 - 6時00分、秋田県3番目の民放テレビ局、テレビ朝日の系列局として開局した。秋田県内では(開局当初からの)初のマストバイ局である。
      • 当時のキャッチコピーは、「冒険しますAAB」であった[2][3][4][注 1]
  • 2002年
    • 4月 - 10周年キャッチコピー「感謝!感激!!10(とぉ)!!!」を開始。俳優の藤岡弘、が出演した。
    • 10月10日 - 開局10周年記念特別番組『感謝感激テレビ』を放送(途中、テレビ朝日系列局番組をはさみながら10時間30分=7:00 - 17:30=OA)。メイン司会:八波一起
  • 2005年12月1日 - 地上デジタル放送マスターへ更新完了(NEC製)。通常フォントは後期丸サークルエッジに変更。
  • 2006年
    • 1月 - キャッチコピー「会いたいテレビ局に変わります。」(以降、「あいたい。」)を開始。
    • 6月1日 - (3代目)マスコットキャラクター「ミーチュー」デビュー。
    • 7月1日 - 地上デジタル試験放送開始。
    • 8月24日 - 地上デジタル・データ放送試験放送開始。
    • 9月5日 - 地上デジタル放送の本免許交付。
    • 10月1日 - 地上デジタル放送開始。大曲中継局・大館中継局も送信開始。特別番組「デジタル・ハジマル あいたいTV!!」放映。メイン司会:ラッシャー板前。総合司会:小田正実塩地美澄
  • 2007年
    • 9月1日 - 能代中継局・鷹巣中継局で地上デジタル放送開始。
    • 10月1日 - AAB開局15周年。湯沢中継局・花輪中継局で地上デジタル放送開始。
    • 11月1日 - 本荘中継局で地上デジタル放送開始。
  • 2008年
    • - 環境プロジェクト「ここeco」を開始。キャッチコピー「おうちでテレビ。」も追加。
    • 1月12日 - 画面右上にアナログ放送において「アナログ」、デジタル放送において局ロゴのウォーターマークの常時表記を開始。
  • 2011年7月24日 - アナログ放送終了。
  • 2012年
    • 1月1日 - 20周年キャッチコピー「ハタチのキモチ」を開始。これに伴い局ロゴのデザインを徐々に刷新。(ただし、社名ロゴは変わらず。社旗や社章や中継局の表札・看板等は1992年開局のロゴを使用している。)
    • 9月29日 - 開局20周年特別番組を放映。とともに、イオンモール秋田にて公開生放送をし、イベントを同時に行う。
    • 10月1日 - 開局20周年記念[注 2]
  • 2017年
    • 10月1日 - 開局25周年を迎える予定。

秋田県でのANN系列の変遷とAAB開局前後の動き編集

ANN系列の変遷編集

秋田県のANN・テレビ朝日系列は、1969年開局の秋田テレビ(AKT)が1987年4月のネット離脱まで系列関係にあった。

1960年代当時、朝日新聞社が全国朝日系テレビネットワークを構築すべく、全国各地にUHF新局の開局申請を行い、その結果他系列と相乗りになる形で曲がりなりにも朝日系のテレビ局が開局した(AKTはフジ・メディア・ホールディングス産経新聞朝日新聞読売新聞秋田魁新報の5社が主要株主。朝日新聞との資本関係は一応現在でもあるが、AABのほうが強い)。

しかしAKTは開局当初からフジテレビとの関係が強く、また秋田放送(ABS)もテレ朝系の多くの人気番組を手放さず放送したため、秋田でのテレ朝系=ほぼ全てAKTという編成にはならなかった。1981年にはAKTがANNに入りテレ朝色を強めようとするが、テレ朝の系列局が実質二重の状態は変わらず、またこの頃(1980年代前半)からはフジテレビ系列の番組が軒並み高視聴率を上げていたが、AAB秋田朝日放送の開局を控えていた為1987年3月末でテレ朝の系列から離脱しフジ系に一本化となった[注 3]。 秋田県におけるテレ朝の正式な系列局は消滅したが、AAB開局までテレ朝系番組は秋田放送(ABS)にネットが一本化された(ABSはANNに加盟しなかったため、『ANNニュース』はネットされず)。ただし、一部のABCテレビ制作番組はAAB開局の頃までAKTでのネットが続いた。

開局の経緯編集

開局までの流れ編集

県内第三局となるAABは、逆風を受けながらの開局となったようである。まず、県内の民放や新聞社が県内の民放テレビ3局化に消極的であった。さらに、佐々木喜久治知事(当時)が「秋田県の民放テレビ3局目の開局は時期尚早」と県議会で述べ、[要出典]同じく消極的であった。このようななかで、開局費用の大半を朝日新聞・テレビ朝日および東北地方のテレビ朝日系列局(青森朝日放送東日本放送福島放送[注 4])、県内の酒造会社・両関酒造が捻出し、民放テレビ3局目としてAABが開局した。また、初代社長は両関酒造が兼務した。

秋田県の民放第三局がテレビ朝日系列となった理由編集

テレビ朝日は、1985年にスタートした『ニュースステーション』のヒットを受け、“報道のテレビ朝日”としての性格を強め、朝日新聞と手を組み平成バブルの波に乗り、全国各地に系列局を相次いで開局(いわゆる平成新局)した。このような流れのなかで、テレビ朝日の秋田県への進出は、1987年に秋田テレビ (AKT) がANN系列を離脱し、ANN系列局がなくなったということもあり、やや積極的であったため秋田県の民放第三局がテレビ朝日系列となったと推測することができる。

さらに、秋田県の民放テレビ3局目がテレビ朝日系列となったのは、ABSがTBS系列局の新設に難色をしめすような状況だったためという推測もなりたつ。ABSは、JNN排他協定の絡みもあり、一応はNNN単独での加盟でありながら、『JNN8時のニュース』を放送するなど、系列外であるTBSの番組を多く放送していた。つまり、ABSは仮に民放テレビ3局目がTBS系列になると、当時人気番組が多かったTBS系列の番組の購入(放送)権がなくなり不安を抱えることになる。このためABSは、テレビ朝日系列の民放テレビ3局目の開局を希望したと考えられる。

開局当時編集

開局日には、開局記念番組[5]として「AAB発進開局記念」(6:00 - 6:30)を放送。進行は渡辺宜嗣(テレビ朝日アナウンサーで当時「モーニングショー」の司会の一人で、現在は「スーパーJチャンネル」の平日キャスターの一人)。開局に際しての社長挨拶に代えて、渡辺と初代社長で、両関酒造の社長でもあった伊藤雄太郎による対談が行われた。また、開局ドラマスペシャルとして萩原健一浅田美代子出演のドラマ「豆腐屋直次郎の裏の顔・謎の女が仕掛けたワナ・東北へ逃げろ」(テレビ朝日系列で1990年に放送)と、緒形拳出演の開局記念冒険スペシャル「緒形拳スペイン・バスクの365日」(ネイチァリングスペシャル、同じく1989年に放送)といった記念特番が放送された[6]。 さらに、モーニングショーからニュースステーション[7]までの番組で全国中継を総勢53名のスタッフで行い、18:00からのステーションEYEでは、角館武家屋敷の青柳家から生中継を全国放送した[6]。さらに18:30からのAABステーションEYEでは、同屋敷中継の舞台裏も紹介された[注 5]

テレ朝系番組の移行編集

移行された割合は秋田放送(ABS)=9:秋田テレビ(AKT)=1であった。しかし、ABSの9のうち4はAKTに移行して再び戻って来たものである。従ってABS=5:ABS→AKT→ABS=4:AKT=1が実際の割合である。ニュース番組は、AKTがANNを脱退してから実に5年6ヶ月ぶりであるが、昼以降が新規ネット開始である。民教協制作分はABSが脱退しなかったため移行されなかった。

資本構成編集

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[8][9][10][11]

概要編集

マスメディア集中排除原則の解釈もあって、秋田3局では唯一、秋田魁新報の資本が一切ない。

2015年3月31日 - 2016年3月31日編集

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
25億円 100億円 5万円 50,000株 73
株主 株式数 比率
テレビ朝日ホールディングス 9,500株 19.00%
朝日新聞社 7,500株 15.00%
フジ・メディア・ホールディングス 3,720株 07.44%
読売新聞東京本社 2,230株 04.46%
日本テレビ放送網 2,000株 04.00%
秋田銀行 1,950株 03.90%
北都銀行 1,840株 03.68%
朝日放送 1,500株 03.00%
日本経済新聞社 1,500株 03.00%

過去の資本構成編集

スタジオ編集

  • Pスタジオ…サタナビっ!イチオシっ!などの制作系で使用。開局当日最初の番組である「AAB発進!」はこちらで収録された。
  • Nスタジオ…スーパーJチャンネルトレタテ!などのニュース番組で使用。
  • Fスタジオ…5分程度のローカルニュースで使用。(報道フロアの一角)2013年5月27日からスタジオが一新された

情報カメラ編集

支局・支社編集

  • 東京支社
  • 大阪支社
  • 仙台支社
  • 県北報道拠点(大館市)
  • 県南報道拠点(横手市)

関連団体編集

  • トラストネットワーク秋田事業部

主な送信所編集

 
秋田(大森山)送信所
 
大曲中継局
 
テレビ朝日系列のリモコンキーID地図

リモコンキーID 5

アナログ放送編集

2011年7月24日停波時点

音声多重放送JOXX-TAM
呼出符号:あきたあさひテレビジョン(秋田市浜田字大森山 大森山公園内)
映像周波数579.25MHz
音声周波数583.75MHz
映像出力10KW 
音声出力2.5KW

※アナログ放送では先発局である秋田放送秋田テレビに比べると中継局は少なかった。それでも他の平成新局に比べれば最末期でアナログUHF局として県内最先発である秋田テレビより3局少ないだけであったため比較的難視地域が少なかった。ただし、地上デジタル放送では比内中継局男鹿市寒風山寒風山中継局(両中継局は秋田テレビとともに非該当となっている。後者はNHK秋田放送局と秋田放送が秋田本局と新潟県弥彦山親局とのデジタル混信対策の中継局として開局しているため、当局と秋田テレビでは秋田本局でカバーされ、混信の影響が全く無いため設置されていない。)以外に開局することが決まっており、2010年12月までにほぼすべての地域で中継局の設置を完了した。なお、設置されているアナログ中継局のうち大館賽ノ神、東成瀬入道、横手愛宕山、下浜羽川の各中継局のデジタル放送については他のデジタル中継局でカバーできるため置局不要となった。

オープニング・クロージング編集

開局からしばらくは、AABのカメラマンが撮影した映像を使用していた。それぞれオープニングでは朝の風景、クロージングでは夕暮れを撮影したものを使用。

1994年頃からは、オープニングには夜明けの秋田市内の映像に、AAB社内の様子(夜明けの社屋やマスターの電源が入れられる瞬間や放送機材など)。クロージングではポートタワーセリオン周辺の風景が映っていた。その後、オープニングは、1993年の映像が撮り直しされる形でアレンジされ、クロージングは、秋田市内の夜を撮影したものに変更される(以降、撮影者名表記が無くなる)。BGMは2006年9月まで、開局以来オープニング・クロージングとも変わらず使用された。(中継局スクロールテロップ付き)

地上デジタル放送の本放送を開始した2006年10月1日より変更。1分間(フィラーを除く)放映されており、アナログ・デジタル共にオープニングは白神山地、クロージングは大仙市大曲の花火の映像が流れている。なお、「秋田朝日テレビ」という局名表記になっている。

デジタルでは本放送開始当日“AAB秋田朝日放送地上デジタル放送スタート”のスーパーとその事を伝えるメッセージが流れた。また、2006年9月30日まではAAB本社に送信チャンネルテロップをスクロールした映像が放映されていた。フィラー放送は行われていない。

過去にアナログ放送では、オープニング後やクロージング後は、アナログ終了告知画面が表示された。ちなみにデジタル放送・ワンセグでは、局PRの15秒CMを2本放送後、オープニング、クロージング放送となっていた。

放送終了後はカラーバー→停波となり、開始数分前位にカラーバーを表示。

アナウンス編集

  • 工藤東子(1996年 - )
  • 石井陽子
  • 千田まゆこ( - 2006年9月)
  • 杉本亜紀子(2006年10月 - 2007年5月27日)
  • 塩地美澄(2007年5月28日 - 2014年10月)
  • 藤盛由果(2014年11月 - 現在)

キャラクター編集

2006年6月から、地上デジタル放送開始とキャッチフレーズ「あいたい!」にちなんで、秋田犬をあしらった「ミーチュー」を局のキャラクターとしている。

アナウンサー編集

報道制作局

全てのアナウンサーがディレクター記者を兼務している。

男性編集

氏名 入社年 前職
塩畑弘之 1992年
高橋正和 2004年
山下右恭 2017年

女性編集

氏名 入社年 前職
北田牧子 1996年 NHK盛岡放送局NHK仙台放送局
千田まゆこ 1997年
藤盛由果 2012年
永井華子 2015年
高田美樹 2017年 NHK帯広放送局契約キャスター

退職したアナウンサー編集

 
2006年から2014年までAABにアナウンサーとして勤務した塩地美澄。(2011年10月15日撮影)
 氏名  入社期間 経歴など
工藤東子 1992年 - フリー
開局当時のAABステーションEYEのキャスター
舘山えり奈 1992年 -
原田千秋紀 1992年 -
二唐正和 1995年 - ? テレビ神奈川
長崎文化放送
坂野昌子 JCNコアラ葛飾ニュースアナ
石川康仁 フリーアナウンサー
特定非営利活動法人 名曲慰問団 理事長
小笠原聖 →SOプロモーション
石井陽子
(現:田村陽子)
1997年 - 2003年 ホリプロアナウンス室
→フリーアナウンサー
伊藤里奈 2003年 - 2006年3月 福島テレビ契約
→フリー
小田正実 2004年4月 - 2007年3月 →オールウェーブ・アソシエツ
テレビ埼玉
→タレントユニオン
杉本亜紀子 2006年4月 - 2007年3月、契約 有限会社 シャベール
油井亜衣 圭三プロダクション
NHK和歌山放送局契約キャスター)
→秋田朝日放送
瀬戸内海放送
NHK水戸放送局契約キャスター
エス・オープロモーション
高橋嵩 2008年4月 - 同年6月
椿田恵理子 2007年 - 2009年9月 秋田放送
後藤明日香 NHK室蘭放送局契約キャスター
→秋田朝日放送
松竹芸能
→アクトレススピーカー
手島千尋 2009年 - 2013年3月 新潟放送
ボイスワークス(テレビ埼玉契約)
塩地美澄 2006年 - 2014年3月 スペースクラフト
緑川貴士 2009年- →衆院選秋田2区民主党
本多真弓 2013年 - 2015年3月 NHK福島放送局契約キャスター
→秋田朝日放送
ボイスワークス
天坂真理 2015年3 - 8月 佐渡テレビジョン
→秋田朝日放送
内閣府自殺対策予防室
厚生労働省自殺対策推進室
下山由城 2013年4月 - 2017年3月 仙台放送
福盛田悠 2014年4月 - 2017年3月 福島テレビ契約

アナウンサー以外の著名な社員編集

退職したアナウンサー以外の社員編集

主なテレビ番組編集

現在放送中の自社制作番組編集

放送番組 放送時間
スーパーJチャンネルトレタテ! 月曜 - 金曜 16:48 - 19:00[14]
めざせ!甲子園[15] 地方予選開催前の

月曜 - 金曜 17:36 - 17:53、一部変更あり

Go!ハピネッツ〜秋田バスケ応援宣言〜 トレタテ!に内包
AABニュース&ウェザー 月曜 - 金曜 19:54 - 20:00、放送休止あり
AABウェザーリポート 毎日 5:17 - 5:20
月曜 - 金曜 23:10 - 23:15
土曜 17:55 - 18:00ほか
いきいき秋田市から 月曜・水曜 15:50 - 15:55
うちテレ! 金曜 24:15 - 24:20
イチオシっ! 土曜 13:55 - 14:00
ぷぁぷぁ金星 毎月第1・2金曜 24:20 - 24:50
番組審議会だより 毎月最終土曜 5:17 - 5:20
サタナビっ! Happy&Smile 土曜 9:30 - 11:00[16]
健康ナビ 知りたい!がん検診 日曜 17:55 - 18:00
秘密結社 クロトサカ団 土曜11:00 - 11:20 不定期放送
アサヒビールPREDENTS WE ARE BEER

- うまい!お店で、うまい!樽生。
- 美味美酒-うまびあ- - 金の美味麦酒

主に金曜深夜 季節放送
夢球場 地方予選会開催中 10:00 - 11:45/13:05 - 15:05
あきた手作りふるさとCM大賞 毎年12月上旬頃にローカルセールス枠で放送[17]
絆のかたち 第二・四木曜 20:54 - 21:00 放送休止、時間変更あり
ミーチューゲッチュー 不定期放送
Akita biz.~小宮悦子のビジネスリポート~ 不定期放送

過去の番組編集

(これ以降HD制作

東北朝日系列共同制作番組編集

上記2番組は、東日本大震災の影響で、現在放送を休止している。

過去編集

(これ以降HD制作)

主な同時ネット番組編集

過去の主な遅れネット番組編集

(これ以降HD制作)

東北地方以外のANN系列制作の番組編集

  • おにぎりあたためますか(HTB制作、火曜 24:50 - 25:20)
    「ぷぁぷぁ金星」が放送されない週の同じ時間に放送されていたが、2009年4月27日より月曜24:45に移動の上毎週放送。同年10月6日より上記時間に移動。
  • ザキとロバ(メ〜テレ制作、水曜 24:50 - 25:20)
  • ピエール瀧のしょんないTV静岡朝日テレビ制作、水曜 25:20 - 25:50)
  • 今ちゃんの「実は…」(ABC制作、木曜 25:20 - 26:20)
    木曜 25:15を経て2014年4月3日より現在の時間で放送。
  • 水曜どうでしょうClassic(HTB制作、第3 - 5金曜 24:20 - 24:50)
    以前はHTBより放送が大幅に遅れていたため、金・土の放送(2日連続放送)もしていたことがある(金曜は最終週(当時)の放送を休止したが、土曜は毎週放送された)。(但し鳥取砂丘無断持ち帰り問題で騒がれた「西日本カブの旅」は「-Classic」では未放送)。2009年10月16日より再び「ぷぁぷぁ金星」とのローテーション放送に。
  • 探偵!ナイトスクープ(ABC制作、土曜 24:30 - 25:25 8日遅れ)
  • 松本家の休日(ABC制作、日曜 24:40 - 25:10)
  • NO MATTER BOARD(HTB制作)
    毎年10月から3月の半年間のみ放送。

系列局の遅れネット番組編集

  • 世界の車窓から(月曜 - 金曜 20:54 - 21:00・土曜 23:59 - 24:05)
    水曜は放送しない場合あり
  • 全力坂(月曜 - 木曜 24:45 - 24:50)
  • 『ぷっ』すま(月曜 24:50 - 25:20)
  • Break Out(月曜 25:20 - 25:50)
  • musicる TV(火曜 25:20 - 25:50)
    土曜 25:55を経て2012年4月10日より現在の時間で放送。
  • 食彩の王国(水曜 - 金曜 14:55 - 15:20)
    2週放送し、2週放送休止するという体裁で放送。
  • アップデート大学(木曜 24:50 - 25:20)
  • さまぁ〜ず×さまぁ〜ず(金曜 24:50 - 25:20)
    2009年9月30日までは同時ネットだったが、改編による枠移動で放送打ち切り。2010年1月22日より放送再開。
  • 渡辺篤史の建もの探訪(土曜 11:20 - 11:45)
    2012年10月6日より現在の時間で放送。
  • テレメンタリー(土曜 25:55 - 26:25)※内容によりSD
    放送時間の移動が多く、早朝の放送だった時もある。2013年1月12日より現在の時間で放送。
  • タモリ倶楽部(日曜 25:10 - 25:40)
    同時ネット → 金曜 24:45 - 25:15 → 日曜 24:40 - 25:10 → 日曜 24:55 - 25:25を経て2011年10月より当時間に。
  • ワールドプロレスリング(日曜 25:40 - 26:10)


再放送枠編集

  • 午後のセレクション(火曜 - 金曜 14:00 - 15:50)※内容によりSD
    2007年4月6日より「金曜セレクション」の名時で15時台に開始し、翌年4月より月曜 - 金曜に拡大。2013年4月1日より16時台まで拡大も2014年4月1日より13:05 - 14:55に縮小および繰り上げの後、2014年9月30日より現在の時間に移動。「土曜ワイド劇場」もしくは「相棒」以外の「水曜21時枠の刑事ドラマ」、「木曜ミステリー」、「木曜ドラマ」、「金曜ナイトドラマ」などの再放送とテレビショッピング等の放送を2週おきに行う。
  • 相棒(月曜 - 金曜 15:55 - 16:48)
  • AABサタデースペシャル(土曜 14:00 - 15:55)※内容によりSD
    「土曜ワイド劇場」の再放送枠他。土曜 13:00 → 12:55を経て2012年4月7日より現在の時間で放送。
  • 渡辺篤史の建もの探訪(月曜・火曜 14:55 - 15:20)
    2週放送し、2週放送休止するという体裁で再放送。
  • 世界の村で発見!こんなところに日本人(ABC制作、月曜 14:55 - 15:50)
    上述の「渡辺篤史の建もの探訪」と交互に2週放送し、2週放送休止するという体裁で再放送。

その他の番組編集

  • テレビショッピング枠(月曜 - 水曜・金曜 4:22 - 4:52、月曜 - 金曜 4:52 - 5:22、土曜・日曜 4:17 - 4:47・4:47 - 5:17・5:20 - 5:50、日曜 6:00 - 6:30、月曜 - 金曜 10:00 - 10:30〈「ハッピーランド」のタイトルで放送〉・月曜 14:00 - 14:55、火曜 - 金曜 14:55 - 15:25(休止の場合あり)、月曜・火曜 25:50 - 26:20、水曜 25:50 - 26:50、金曜 26:15 - 26:45、土曜 26:25 - 26:55、日曜 26:10 - 26:40)
    そのほか平日の日中や、土曜夕方にも放送されるときがある。※内容によりSD
  • ウワサの健康最前線(月曜 - 金曜 9:55 - 10:00、火曜・木曜・金曜 15:50 - 15:55 ほか)※内容によりSD
  • Hawaii Five-0アメリカCBS制作、金曜 25:20 - 26:15)※二ヶ国語・字幕放送。但し毎月最終金曜は「朝まで生テレビ!」放送の為休止。
  • 舞の海の技あり日本!(エス・フィールド制作、土曜 11:00 - 11:15)

他系列ネット番組編集

※ローカル枠もキー局の番組が多いため、他系列の番組は少ない。TBS系制作の番組は先発2局が押さえているため、版権切れのドラマ・アニメを除いて放送されていない。

日本テレビ系列編集

  • F&P快適住宅見学隊(TVI制作 毎月第4日曜 16:55 - 17:25(ゴルフ中継放送時は 15:25 - 15:55)ATV(TBS系列)の3局ネット)
    2008年4月放送分までは 12:00 - 12:30に放送。

テレビ東京系列編集

  • 和風総本家テレビ大阪制作 、土曜 12:00 - 12:55)
    2009年9月20日に放送。ANN東北6社共同制作枠廃止に伴い2010年4月3日 土曜 12:00でレギュラー放送開始。前述の共同制作枠復活に伴い2012年4月7日より同 12:55に繰り下げ。共同制作枠再度廃止に伴い2013年4月6日より元の時間に戻る。
  • 所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ! (土曜 12:55 - 13:55)
    土曜 14:55、同 16:00を経て2013年4月6日より現在の時間で放送。
  • ゴッドタン(土曜 25:25 - 25:55)

過去に放送された他局系ネット番組編集

日本テレビ系列編集

いずれもSD(リピート放送も含む)

TBS系列編集

いずれもSD

フジテレビ系列編集

いずれもSD

テレビ朝日系列編集

秋田朝日放送開局以前に放送されていた番組。いずれもSD

テレビ東京系列編集

いずれもSD

NHK・その他編集
(これ以降HD)
独立UHF放送局編集

開局時にABSから移行したテレ朝系の番組編集

※(移行当時はいずれもSD)

開局時にAKTから移行したテレ朝系の番組編集

(移行当時はいずれもSD)

サービス放送のみで放送されたテレビ朝日系の番組編集

高校野球秋田県予選中継時の放送時間編集

2017年の例

平日

※準決勝当日は「ワイド!-」をそのものを休止にして中継に差し替えるほか、決勝戦当日は第1部は通常の10:30より飛び乗りで放送する一方12:50からの第2部は休止にして中継に差し替える。

土曜日

  • 8:00 - 9:30 朝だ!生です旅サラダ(ABC制作)
  • 9:30 - 9:55 サタナビっ!(時間短縮)
  • 9:55 - 11:45 高校野球中継
  • 11:45 - 12:00 ANNニュース
  • 12:00 - 15:00 高校野球中継
  • 15:00 - 16:00 所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!

※「和風総本家」は期間中休止。

※この年の日曜日に関しては特別編成はなし。

その他編集

  • 2001年、東海地方のTBS系・CBCが自社制作テレビ番組『ノブナガ』で、行く先々で出会った人と地名でしりとりをし、放送エリアの愛知・岐阜・三重の東海3県には必ず行くことを目指す「地名しりとり」という企画を放送していたが、挑戦者のワッキーペナルティ)がしりとりの結果田沢湖に来た際、別取材で来ていたAABのクルーと偶然遭遇している。真冬の観光地の湖畔で他に人がおらず、結局このクルーにしりとりをしてもらっている。この模様はもCBCで放送されたが、ナレーションが「系列局じゃあ〜ございませんが」と講談調でユーモラスにコメントしていた。このしりとりの起因で、ワッキーはしばらく秋田県から出られなかった。なお、秋田県にはTBS系列局がないため、同局を含め秋田県内の局では「ノブナガ」も、地名しりとり(2004年終了)のコーナーだけ再編集した「地名しりとり伝説」も秋田朝日放送を含めた県内各局では放送されていない。
  • 自社制作のハイビジョン番組で出されるサインは、TBSやテレビ東京が使用している「HV」マークの下に「ハイビジョン制作」のスタイルで、「HV」のマークが「ハイビジョン制作」の文字より若干突出している独自のものを使用していたが、2006年12月からはテレビ朝日に準じたスタイルのサインが使用されていた(現在は表示なし)。
  • 字幕放送のサインは2009年1月11日までは、一部の番組で「〈字幕放送〉」のAAB独自のもので表示しているものがあったが、現在はテレ朝と同じもので縁を太くしたものを使用している。
  • 2009年1月12日よりウォーターマークの表示を行っている。当初は局ロゴの縁が太めのものを使用していたが、導入2週間後より現在の縁をなくしたものを使用している。
  • アナログ送信所は数度、落雷により放送中断することがある。 (最新では、2008年2月22日14時45分頃 - 15時3分頃までの18分12秒停波。)最大で約3時間停波した事故もあった。
  • 地上デジタル関連のCMは全国のものとは異なり、NHKと県内民放3局同時のものや、自社制作の「アナログ」マークについてのCMの他、一部の番組終了後の5秒CMも「地デジカ」のCMが放送されるなど、同県民放2局と比べて放送することが多かった。
  • テレビ朝日系列番組の内、ユニキャラプロジェクト作品(広島ホームテレビ愛媛朝日テレビが参加)はAABではなくABSで放送されている。2012年4月からABSが同プロジェクトに参加した事による。
  • 天気予報のフォーマットはウェザーニューズのものを使用している。
  • 秋田県にはTBS系列局は存在しないが、2017年現在、同系列の番組は本局では放送していない。

脚注編集

[ヘルプ]

編集

  1. ^ 開局前に電気店や家電量販店などに「冒険しますAAB」と書かれたPR用ポスターが貼られていた。
  2. ^ この年から、秋田での民放系列局開局記念ラッシュの年が始まる。AAB開局20周年はそのトップバッター。
  3. ^ FNNモーニングワイド ニュース&スポーツなど一部の番組が飛び降り(前半のみ)放送されていたため。
  4. ^ この頃、岩手朝日テレビは未開局、山形テレビフジテレビ系列局だった。
  5. ^ 秋田の民放テレビ局では、初めての大掛かりな照明、映画で使用されているクレーンなどを使い大掛かりな中継が行われた。
  6. ^ 開局前までは日曜11:00 - 11:30に6日遅れで放送(スポンサードネット・提供クレジットはブルーバックでエンドカードは自社出し)。
  7. ^ トーホク独立TV放送のためたった1回だけ放送。
  8. ^ 開局前はAKTで不定期で放送されていた。
  9. ^ 1992年9月の時点でドラえもんはABSで遅れネットで放送されていたため差し替えられた。
  10. ^ 同じくおぼっちゃまくんがABSで遅れネットで放送されていたため差し替えられた。

出典編集

  1. ^ 会社概要より
  2. ^ 1992年9月30日、10月1日の秋田魁新報広告より
  3. ^ 1992年9月30日の秋田魁新報15面の広告には「冒険が始まる」と筆で勢いよくでかく書かれ9月30日のテレビ欄が広告に掲載される。
  4. ^ 1992年10月1日の秋田魁新報広告には全面広告にて筆で勢いよく「本日放送開始」とだけ書かれた広告が掲載された。
  5. ^ 開局後一番手の番組でもあった。
  6. ^ a b 1992年10月1日の秋田魁新報テレビ欄より
  7. ^ 開局前後に放送された『ニュースステーション』のテレビCMは、メインキャスターの久米宏「秋田の皆さん、長らくお待たせしまして大変申し訳ありませんでした」と謝罪する内容だったという。
  8. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、244頁。
  9. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2016』 コーケン出版、2016年11月25日、251頁。
  10. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、471頁。
  11. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、206頁。
  12. ^ 秋田朝日放送 代表取締役社長
  13. ^ a b c d 秋田朝日放送 非常勤取締役
  14. ^ 2011年10月7日の開始当初は金曜のみだったが、2015年3月30日より「スーパーJチャンネルあきた」と統合する形で上述の曜日まで拡大。17時台は月 - 木がキー局の「スーパーJチャンネル」の同時ネット。金曜は自社編成となる。
  15. ^ 各高校野球部紹介
  16. ^ 夢球場放送期間中は放送時間短縮および収録
  17. ^ 年始に再放送の場合あり
  18. ^ AAB開局当日の92年10月1日放送分では、OPのネット局一覧に同年9月30日までのネット局だったABSが表示され、司会者がお詫びしていた。
  19. ^ AAB開局時は『人間探検!もっと知りたい!!』から。
  20. ^ AAB開局時は『海江田万里のパワフルサタデー』の途中から。
  21. ^ AAB開局時は『さすらい刑事旅情編』第5シリーズから。
  22. ^ AAB開局時は『愛しの刑事』から。ABSでは、1日遅れの月曜22:00 - 22:54に放送されていた。当局への放映権移行後、ABSにおける当該時間帯は日テレ系月曜22時枠(放送当時は『ワンダーゾーン』(ytv制作))の同時ネットへと移行した。
  23. ^ ABSでは、同日1時間遅れで放送していた。
  24. ^ ABSでは『月曜ロードショー』の名前で月曜深夜に遅れネット。なおABSでは1992年3月に放送を打ち切った為、直接移行とはならなかった。
  25. ^ ABSでは1988年9月に放送を打ち切った為、直接移行とはならなかった。
  26. ^ ただし、ABSでは1987年の一時期のみの放送だった。
  27. ^ ABSでは1990年9月に放送を打ち切った為、直接移行とはならなかった。
  28. ^ AAB開局時は『ジュウレンジャー』の後半から。
  29. ^ AAB開局時は『エクシードラフト』の後半から。
  30. ^ AAB開局時は『ダ・ガーン』の後半から。ABSでは1作目の『エクスカイザー』から2作目の『ファイバード』の最終回まで放送。なおAAB開局後の1994年には、『ダ・ガーン』が改めて全話再放送されている。
  31. ^ ABSでは1991年9月に放送を打ち切った為、直接移行とはならなかった。
  32. ^ ただし、ABSでは1980年代後半の一時期のみの放送だった。
  33. ^ AAB開局時は『将軍家光忍び旅II』から。
  34. ^ 1992年5月、当時の女性司会者・片平なぎさ降板時にAAB開局準備を兼ねて打ち切り、結果4ヶ月半未ネットだった。 なお、高校野球秋田県予選中継(7月)の時はテレ朝より55分早い12:00からの放送になった。
  35. ^ AAB開局時は『スーパービックリマン』の途中から。なおAKTでは1992年8月まで、同枠については『まじかる☆タルるートくん』までの作品を約4ヶ月遅れで木曜夕方に放送していた。
  36. ^ a b 1992年9月25日付北鹿新聞広告より

外部リンク編集