船王後
時代 飛鳥時代
生誕 敏達天皇年間(572?-585年?)
死没 舒明天皇13年12月3日642年1月9日
墓所 松岳山(大阪府柏原市?)
官位 大仁
主君 推古天皇舒明天皇
氏族
父母 父:那沛故
兄弟 刀羅古、王後
安理故能刀自
テンプレートを表示

船 王後(ふね の おうご[1] / ふな の おうご)は、飛鳥時代の官人。(カバネ)は冠位大仁

船氏王後墓誌国宝)で知られる人物である。

生涯編集

出自について「船氏王後墓誌」では、王智仁(王辰爾)の孫で、那沛故の子とする[2]船氏(ふねうじ)は河内国丹比郡野中郷(大阪府藤井寺市羽曳野市)を本拠地としたとされる渡来系氏族で、欽明天皇14年(553年?)に王辰爾が船の税を数え記録したことで氏名を賜ったという[3]

生涯について「船氏王後墓誌」によれば、船王後は敏達天皇(在位:572?-585年?)の時に生まれ、推古天皇舒明天皇に仕えて、舒明天皇の時には才異と功勲で大仁の官位(冠位十二階の第三等)を賜った。そして辛丑年(641年)に没し、戊辰年(天智天皇7年(668年))に妻の安理故能刀自と共に松岳山上に埋葬され、墓は大兄の刀羅古の墓と並べて作られたとする[2][4]

墓誌では船王後の墓は松岳山に所在するとするが、正確な出土地点は詳らかでない[4]大阪府柏原市国分にある丘陵が松岳山(まつおかやま)と称されるが、これは元々は「松岡山」と称されたのが墓誌の松岳山に比定されたことによる[5]。かつては山頂の松岳山古墳に比定する説もあったが、同古墳含む松岳山古墳群は船王後から数百年遡る古墳時代前期の営造になるため現在では否定されている[4][5]。松岳山では終末期古墳・火葬墓も確認されていないため、同地付近では現在も墓の所在は確かでない[4]

なお、船王後は「船氏王後墓誌」以外の史料では知られないが、『日本書紀』推古天皇16年(608年)条の「船史王平」と同一視する説がある[6]

船氏王後墓誌編集

 
船氏王後墓誌(複製)
大阪府立近つ飛鳥博物館展示。現品(国宝)は三井記念美術館保管。

船氏王後墓誌(ふなしおうごぼし、船王後墓誌/船首王後墓誌)は、船王後の墓誌金石文の1つ。国宝に指定されている。

天智天皇7年(668年)の船王後の埋葬に伴う墓誌で、現存では日本最古の年紀を持つ墓誌になる。ただし「官位」の文言等により、実際の製作時期は若干降るとされる[7][6][4]天武天皇朝末年以降の追納か[8][9])。江戸時代に出土したと伝わるが正確な時期・地点は明らかでなく[4]、その後は西琳寺(大阪府羽曳野市)に所蔵されていた[7]寛政8年(1796年)成立の『好古小録』にも記述が見え、明治以降には税所篤が一時所蔵した[4]

墓誌は鍛造による薄い短冊型の銅板で、長さ29.7センチメートル・幅6.8センチメートルを測る[7]。表裏には各4行計162字の銘文が刻字されている[7][8]。銘文は次の通り[7][4]


惟船氏故 王後首者是船氏中租 王智仁首児 那沛故
首之子也生於乎娑陁宮治天下 天皇之世奉仕於等由
羅宮 治天下 天皇之朝至於阿須迦宮治天下 天皇之
朝 天皇照見知其才異仕有功勲 勅賜官位大仁品為第


三殞亡於阿須迦 天皇之末歳次辛丑十二月三日庚寅故
戊辰年十二月殯葬於松岳山上共婦 安理故能刀自
同墓其大兄刀羅古首之墓並作墓也即為安保万

代之霊其牢固永劫之寶地也

この船氏王後墓誌は、1953年昭和28年)3月31日に国の重要文化財に、1961年(昭和36年)4月27日に国宝に指定された[10][11]。現在は三井記念美術館東京都中央区)で保管されている[10]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「船王後」『日本人名大辞典』 講談社。
  2. ^ a b 船王後首(古代氏族) 2010.
  3. ^ 「船氏」『日本古代氏族人名辞典 普及版』 吉川弘文館、2010年。
  4. ^ a b c d e f g h 船王後墓誌(柏原市ホームページ)。
  5. ^ a b 「松岳山」考 船氏の墓所はどこなのか?(柏原市ホームページ)。
  6. ^ a b 船王後墓誌(世界大百科).
  7. ^ a b c d e 船王後墓誌(国史).
  8. ^ a b 船氏王後墓誌(日本大百科全書).
  9. ^ 船王後墓誌(古代史) 2006.
  10. ^ a b 銅製船氏王後墓誌 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  11. ^ 銅製船氏王後墓誌(柏原市ホームページ)。

参考文献編集

(記事執筆に使用した文献)

  • 東野治之「船王後墓誌」『国史大辞典吉川弘文館
  • 大脇潔「船氏王後墓誌」『日本大百科全書(ニッポニカ)』小学館
  • 東野治之「船王後墓誌」『世界大百科事典平凡社
  • 杉山洋「船王後墓誌」『日本古代史大辞典』大和書房、2006年。ISBN 978-4479840657
  • 「船王後首」『日本古代氏族人名辞典 普及版』吉川弘文館、2010年。ISBN 978-4642014588

関連文献編集

(記事執筆に使用していない関連文献)

  • 『日本古代の墓誌』奈良国立文化財研究所飛鳥資料館編、同朋舎、1979年。

外部リンク編集