メインメニューを開く

茅ヶ崎城(ちがさきじょう)は、神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎東2丁目25にあった日本の城である。中世の城郭としては、比較的よく遺構が残っている。横浜市指定史跡[1]

logo
茅ヶ崎城
神奈川県
中郭跡
中郭跡
城郭構造 丘城
天守構造 なし
築城主 後北条氏
築城年 15世紀後半頃?
主な城主 座間氏?
廃城年 1590年(天正18年)頃?
遺構 空堀、堀切、土塁、郭、土橋、虎口
指定文化財 横浜市指定史跡
位置 北緯35度32分40.44秒
東経139度34分44.12秒
地図
茅ヶ崎城の位置(神奈川県内)
茅ヶ崎城
茅ヶ崎城

歴史・沿革編集

茅ヶ崎城は治安年間(1021年~1023年)に多田行綱による築城とする言い伝えもあるが、正確な築城年代は分かっていない。発掘調査結果からは、15世紀後半に築城され、16世紀前半に改修があったと推定されている[2]。現在は、おそらく後北条氏による築城だろうと考えられているが、出土遺物扇谷上杉氏に関わりがあると見られる、器の底に渦巻き紋を入れた「ウズマキかわらけ[3]などが中心で、後北条の時代の遺物は発見されていない様である[4]

小田原衆所領役帳」によれば、茅ヶ崎一帯は小机衆の一員である座間氏の所領だったことから、茅ヶ崎城は小机城の支城で、座間氏が城代もしくは城番を勤めていたものと思われる。1590年(天正18年)の後北条氏滅亡とともに廃城となった。

遺構編集

周辺は宅地化されているものの比較的よく遺構が残っており、曲輪(郭)、土塁空堀台の跡がはっきりと確認できる。また小堀切を含む一部の郭には立入りが出来ない。以前はただの雑木林だったが、1990年(平成2年)から1998年(平成10年)にかけて横浜市ふるさと歴史財団発掘調査[5][6]2005年(平成17年)より横浜市が茅ヶ崎城址公園として整備を進め、2008年(平成20年)6月28日に一部公開した[7]

2009年(平成21年)11月2日、横浜市指定文化財史跡)となった。

アクセス編集

脚注編集

  1. ^ 「市域文化財一覧」横浜市公式HP
  2. ^ 横浜市歴史博物館 2011 pp.7
  3. ^ 横浜市歴史博物館 2011 pp.8-22
  4. ^ 現地主郭の遺物解説板
  5. ^ 横浜市ふるさと歴史財団 1991~2000
  6. ^ 横浜市歴史博物館 2011 pp.4
  7. ^ 「茅ヶ崎城址公園」横浜市公式HP
  8. ^ 「茅ヶ崎城址公園」横浜市公式HP

参考文献編集

関連項目編集