メインメニューを開く

草地 保隆(くさち やすたか、1973年1月22日 - )は、地方競馬岩手県競馬組合水沢競馬場瀬戸幸一厩舎に所属していた元騎手勝負服の柄は青・黄襷、袖黄。鹿児島県曽於郡出身。血液型A型。

目次

来歴編集

地方競馬教養センター(同期に浦和所属の水野貴史)を経て1990年4月15日初騎乗(アーバンレディー・7着)、初勝利は同年6月2日(カナンフブキ・19戦目)。

1年目は8勝、2年目は15勝と目立たなかったが、3年目で特別初勝利を挙げるなど37勝、4年目は大幅に勝ち星を伸ばし62勝でリーディング6位に入り、期待の若手ジョッキーとして注目を集める。

1991年8月4日高知競馬場で行われた第6回全日本新人王争覇戦出場(10頭立て9着)[1]

1997年盛岡競馬場の芝コースで行われた重賞東北サラブレッド大賞典で1着、これが自身初めての重賞勝ちとなった。

1999年川崎競馬場でのスパーキングレディーカップに岩手所属のキャニオンビューチで遠征したときに騎乗機会を得た川崎所属のヤヘイキングで1着、南関東競馬初騎乗にして初勝利となった。

2003年盛岡競馬場で行われた重賞東北優駿で13頭中13番人気のベルノネに騎乗し、道中最後方から一気の豪快な競馬で1着となり大波乱を演出。同時に自身のダート重賞での初勝利となった。その年、自厩舎のシャンハイジャパンの主戦騎手となり重賞・特別戦線で大活躍、3歳夏にかけて同馬で重賞3勝特別2勝を含む8勝を挙げる。

2008年、水沢競馬場で行われた金杯でコンバットキックを1着に導き、久々の重賞制覇となった。

2009年3月9日付を持って引退。引退後は競走馬トレーニングセンターのスタッフとして勤務。

通算成績編集

8698戦 899勝 2着879回 勝率10.3 連対率20.4 重賞7勝 岩手競馬リーディング最高5位(1997年)

主な騎乗馬編集

  • シャンハイジャパン(2003年若駒賞、2004年ダイヤモンドカップ、2004年岩鷲賞
  • ロイヤルハーバー(1997年東北サラブレッド大賞典)
  • マイダイナマイト(2000年オパールカップ・1着同着)
  • ベルノネ(2003年東北優駿)
  • コンバットキック(2007年金杯)

人物編集

  • 逃げや追い込みと言った乗り方を好み、特に追い込みには強いこだわりを持っており、岩手の競馬場に行けば、同騎手が騎乗した馬が後方ポツンと離れた位置で競馬をしている光景を目にすることができた。さらに、水沢競馬場では、たまに後方から一気に捲って早めに先頭に立つ奇襲的な仕掛けを見せることもあった。
  • 最たる例として、2008年12月15日水沢競馬第10レース(ダート1,800メートル・ジェドに騎乗)では、スタートで大きく出遅れたものの、1周目の3〜4コーナーで全馬を一気に交わして先頭に立ち、向正面の直線で追走する馬に10馬身以上の差をつけた。2周目の4コーナーを回った時点で追走する馬に5馬身差程に詰め寄られたものの、最後の直線では持ったまま後続を大きく引き離してそのまま逃げ切り勝ちを決めた。
  • 雑誌でのインタビューで、「幼少の頃はバキュームカーの運転手になりたいと思っていた」と発言。理由は「お給料がいいから」。

脚注編集

外部リンク編集