菅原喜重郎

菅原 喜重郎(すがはら きじゅうろう、1926年11月9日 - )は日本の政治家。元衆議院議員(通算4期)。

略歴編集

同志社大学神学部卒業。東山町長を経て、1983年第37回衆議院議員総選挙民社党から初当選する。1992年3月、民社党を離党。その後、新進党を経て、1998年1月の自由党結成に参加。2001年8月、「衆院議員勤続10年をメドと考えていた。今後はライフワークである学術著作に専念したい」として衆議院議員を辞職。

2017年4月29日付の春の叙勲で、旭日中綬章を受章[1]

なお、次女の佐藤奈保美は菅原の公設秘書を務めた後に温泉旅館「かみくら」の女将となり、2012年に実施された第46回衆議院議員総選挙において岩手県第3区から日本未来の党公認で立候補した[2]が、民主党現職の黄川田徹に敗れ落選した。

経歴編集

脚注編集