メインメニューを開く
日本 > 東北地方 > 岩手県 > 東磐井郡
岩手県東磐井郡の範囲(薄黄:後に他郡に編入された区域)

東磐井郡(ひがしいわいぐん)は、岩手県にあった

目次

郡域編集

明治12年(1879年)に行政区画として発足した当時の郡域は、概ね以下の区域にあたる。

歴史編集

郡発足までの沿革編集

区分 村名 所属代官区 所轄郡奉行
東山
(46村)
仙台藩領
(34村)
藤沢本郷、相川村、赤生津村、薄衣村、大籠村、大原村、長部村、小島村、上折壁村、下折壁村、門崎村、黄海村、釘子村、猿沢村、渋民村、砂子田村、千厩村、曽慶村、田河津村、築館村、津谷川村、天狗田村、鳥海村、中川村、長坂村、新沼村、濁沼村、西口村、浜横沢村、保呂羽村、増沢村、松川村、舞草村、母体村 大原代官所
千厩代官所
奥郡奉行
一関藩領
(12村)
上奥玉村、中奥玉村、下奥玉村、金田村、熊田倉村、北小梨村、南小梨村、清水馬場村、摺沢村、寺沢村、徳田村、仏坂村

郡発足以降の沿革編集

  • 明治12年(1879年1月4日 - 磐井郡が分割し、東山34村の区域をもって東磐井郡が発足。(34村)
  • 明治16年(1883年)1月 - 八沢村が砂子田村・徳田村・新沼村・増沢村に分割。(37村)
 
1.千厩村 2.大原村 3.折壁村 4.矢越村 5.小梨村 6.八沢村 7.大津保村 8.藤沢村 9.黄海村 10.薄衣村 11.奥玉村 12.磐清水村 13.門崎村 14.松川村 15.舞川村 16.長島村 17.生母村 18.田河津村 19.長坂村 20.猿沢村 21.摺沢村 22.渋民村 23.興田村(紫:一関市 橙:奥州市 桃:平泉町)

変遷表編集

行政編集

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 直江兼重 明治12(1879)年3月6日 明治13年(1880)10月23日
2 大久保親彦 明治13年(1880)11月26日 明治14年(1881)10月6日 西磐井郡長兼務
3 佐藤昌蔵 明治14年(1881)10月6日 明治18年(1885)8月21日 西東磐井郡長
4 板垣四郎 明治18年(1885)8月21日 明治24年(1891)3月12日死亡 西東磐井郡長
5 田辺実明 明治24年(1891)4月10日 明治26年(1893)3月1日 西東磐井郡長
6 入間川重遠 明治26年(1893)3月1日 明治30年(1897)4月1日 西東磐井郡長
7 三上栄根 明治30年(1897)4月1日 明治31年(1898)11月7日
8 原 恭 明治31年(1898)11月7日 明治33年(1900)4月21日
9 小野茂理 明治33年(1900)4月21日 明治34年(1901)8月30日
10 新渡戸宗助 明治34年(1901)8月30日 明治35年(1902)4月22日 (年月日「岩手県史第8巻」のまま記す)
11 石川七郎 明治35年(1902)7月22日 明治39年(1906)11月19日 (年月日「岩手県史第8巻」のまま記す)
12 加藤 炳 明治37年(1904)11月19日 明治39年(1906)1月31日 (年月日「岩手県史第8巻」のまま記す)
13 伊奈金雄 明治39年(1906)1月31日 明治41年(1908)9月2日 (年月日「岩手県史第8巻」のまま記す)
14 細川荒雄 明治41年(1908)9月2日 大正2年(1913)5月29日
15 狩野軍太 大正2年(1913)5月29日 大正2年(1913)11月14日
16 小川順之助 大正2年(1913)12月6日 大正4年(1915)9月1日
17 宮川恭一 大正4年(1915)9月1日 大正8年(1919)11月17日
18 平野喜平 大正8年(1919)11月17日 大正12年(1923)2月23日
19 下斗米未蔵 大正12年(1923)2月23日 大正13年(1924)12月16日
20 加藤守道 大正13年(1924)12月16日 大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注編集

  1. ^ 明治元年12月23日(1869年2月4日)の「諸藩取締奥羽各県当分御規則」(法令全書通番明治元年太政官布告第1129)に従って設置された県だが、明治政府が権知県事を任命したわけではなく、そのため明治政府の公文書には全く記録が残っておらず、正式な県とは認められていない。

参考文献編集

  • 角川日本地名大辞典 3 岩手県
  • 岩手県史第8巻 岩手県
  • 東磐井郡誌 大正14年、岩手県教育会東磐井郡部会

関連項目編集

先代:
磐井郡の一部
行政区の変遷
1879年 - 2011年
次代:
(消滅)