華鴒大塚美術館(はなとりおおつかびじゅつかん)は、岡山県井原市にある岡山県の登録博物館である。運営は、公益財団法人タカヤ文化財団。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 華鴒大塚美術館
施設情報
管理運営 公益財団法人タカヤ文化財団
建物設計 倉森建築設計事務所[1][2]
延床面積 1,530 m2 [1]
開館 1994年平成6年)6月
所在地 715-0024
岡山県井原市高屋町三丁目11番5号
外部リンク 華鴒大塚美術館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

華鴒大塚美術館は、美術館の管理・運営ならびに絵画など美術品、文化財およびそれらに関する資料の収集・調査・保存・展示を通じて地域文化の振興発展に寄与することを目的として、タカヤ株式会社の文化財団として設立された。館内には金島桂華の作品や日本美術院を舞台に活躍、飛躍した日本人画家10名と彫刻家1名による作品が展示されている。

建物データ編集

本館

  • 所在地 : 岡山県井原市高屋町三丁目11番5号
  • 竣工 : 1993年平成5年)[2]
  • 設計 : 倉森建築設計事務所[2]
  • 施工 : 大林組[2]

沿革編集

タカヤグループの創業100周年を記念した起業メセナとして、1994年(平成6年)に開館[3]

年表編集

  • 1994年(平成6年) : 6月、華鴒美術館として開館。
  • 2006年(平成18年) : 9月1日、華鴒大塚美術館に改名。
  • 2015年(平成27年) : この年、別館「緑樹園」の利用を開始[4]

施設編集

本館編集

  • 第一展示室 [3]
  • 第二展示室 [3]
  • “はなとり”展示室 [3]
  • 日本庭園 「華鴒園(はなとりえん)」 …… 上田宗箇流第15代家元・上田宗源の設計監理した庭園[3]
  • 茶室 「長庵」 …… 上田宗箇流第16代家元・上田宗冏の指導監修した茶室、開館10周年を記念して設置[3]

別館編集

  • 緑樹園 …… 華鴒大塚美術館の創設者であるタカヤグループ元社長・大塚長六の旧宅を改修し、別館として活用[4]

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b work_1993”. 倉森建築設計事務所. 2016年6月9日閲覧。
  2. ^ a b c d 岡山建築士会建築マップ編集員会 2002, p. 132.
  3. ^ a b c d e f 華鴒大塚美術館(はなとりおおつかびじゅつかん)”. 井原市観光協会. 2015年6月27日閲覧。
  4. ^ a b “華鴒大塚美術館に別館「緑樹園」 井原の創設者旧宅を茶道の拠点に”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2015年6月22日). http://www.sanyonews.jp/article/191785/1 2015年6月27日閲覧。 

参考文献編集

  • 岡山建築士会建築マップ編集員会『岡山建築散策マップ』社団法人岡山建築士会、2002年。ISBN 4-86069-002-8

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯34度34分53.4秒 東経133度26分0.6秒 / 北緯34.581500度 東経133.433500度 / 34.581500; 133.433500