メインメニューを開く

人物編集

広島県安那郡湯田村(現・福山市神辺町湯野)に父儀一郎、母シナの長男として生まれる。本名は政太(まさた)[2]

絵の勉強は平井直水に師事、竹内栖鳳主催の竹杖会では西山翠嶂西村五雲橋本関雪土田麦僊小野竹喬徳岡神泉池田遙邨あるいは大村廣陽と同門である[3]。橋本とは1917年、共に揚子江を旅している[4]

私塾の衣笠会を主催し、藤島博文[5]など後進の育成に努め、四条派院体風を取り入れた花鳥画を得意とした。万鉄五郎とは金島の妻が加わった参禅の会を介して知己を得る[6][7]

年譜編集

1925年帝展で「芥子」が特選、1927年「鳴子九皐」(宮内省買い上げ)、1928年「牡丹」で特選。1929年には小野竹喬や大村廣陽とともに帝展無鑑査に推薦される[8]。1930年から1939年まで京都市立美術工芸学校教諭を務める間、1934年帝展審査員に推される。1930年代半ばから日本画壇を支えるために力を貸し、「国防費献金京都日本画家有志会」の設立メンバーの一員として1937年8月、石崎光瑤登内微笑堂本印象中村大三郎宇田荻邨山口華楊松本一洋福田平八郎とともに作家に呼びかけ、寄贈された作品の頒布会を開いた。これを「京都日本画家献画運動」と呼び、およそ80名から寄せられた作品の代金をまとめて1万円(当時)としている。献金は第十六師団を通じて陸軍に寄せられた[9]

日展では1950年に運営会参事に加わると第8回出品作「鯉」に対して芸能選奨美術文部大臣賞を受賞[10]。1960年理事、1969年同じく顧問に就く。また第9回出品作「冬田」に対し1954年に日本芸術院賞を受け[11]、1959年になると児玉希望小糸源太とともに3月に第一部新補充会員に序せられる[12]。ところがこのとき日本画分野の審査で金島と同票だった宇田荻邨は有資格者でありながら、年長の金島のみ当選させたと松林桂月鏑木清方安田靫彦が抗議する。本来であれば選外となった場合は改めて推薦を受け審査の対象となるところ、宇田を日本美術院初の保留会員として扱い、欠員を生じたとき無投票で当選させることが決まった[13]

1974年9月14日、肝性脳症のため京都市内の病院で死去、享年82歳[14]

受賞、栄典編集

画集など編集

個展
  • 金島桂華『金島桂華』芸艸堂〈現代作家デッサン〉、1958年。NCID BA31340266
  • ____『金島桂華 素描と作品集』芸艸堂、1960年。
  • ____『金島桂華画集』便利堂、1971年。NCID BA4830925X
  • ____『金島桂華の人と芸術』広島県立美術館; 中国新聞社、広島県立美術館、1975年。NCID BB01969977
  • 『金島桂華展』思文閣ロイヤル画廊、1980年。NCID BB07986549
  • 『金島桂華 美の生涯展』井原市立田中博物館、1986年10月。
合同展

主な収蔵先編集

  • 公益財団法人タカヤ財団 華鴒大塚 (はなとりおおつか) 美術館 - およそ200点[16]
  • 大阪市立美術館住友コレクション - 『朝霧』[17]
  • 宮内庁 - 『鳴九皐』(きゅうこうになく)[18]

参考資料編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 菅茶山記念館 2008.
  2. ^ 金島 1973.
  3. ^ ふくやま美術館 2015, p. 4.
  4. ^ 稲賀 2015, pp. 97-125.
  5. ^ 藤島 2013, p. 52.
  6. ^ 田子 1970, pp. 87-89.
  7. ^ 田中 2009, pp. 52-81.
  8. ^ ふくやま美術館 2015, p. 7.
  9. ^ 日本美術年鑑 1937.
  10. ^ a b 日本美術年鑑 1953.
  11. ^ a b 日本美術年鑑 1954.
  12. ^ 日本美術年鑑 1959a.
  13. ^ 日本美術年鑑 1959b.
  14. ^ 東京文化財研究所 2014.
  15. ^ “日本画家4人展 広島出身、同時期に活躍 井原の華鴒大塚美術館 /岡山”. デジタル毎日 (地方版) (毎日新聞社). (2016年8月1日). オリジナルの2018年11月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181104154751/https://mainichi.jp/articles/20160801/ddl/k33/040/414000c 2018年11月4日閲覧。 
  16. ^ 金島桂華 生誕 120年記念展ちらし (PDF) 」、華鴒大塚美術館、2012年7月7日–9月30日、2018年11月4日閲覧。
  17. ^ 『朝霧』金島桂華 1943年 (昭和18年) (PDF) 」 『美 (み) をつくし — 大阪市立美術館だより』2015年3月1日、 表紙、2018年11月4日閲覧。
  18. ^ 皇室会議、採決がない初のケース 25年ぶりの開催」『朝日新聞DIGITAL』朝日新聞、2015年3月1日。2018年11月4日閲覧。, オリジナルの2017-12-01時点によるアーカイブ。

関連文献編集

外部リンク編集