メインメニューを開く

萩原 尊礼(萩原 尊禮、はぎわら たかひろ、1908年5月11日 - 1999年11月14日)は、日本の地震学者。

東京出身。1932年東京帝国大学理学部地震学科卒。1942年理学博士。1933年東京帝大地震研究所助手、1941年助教授・地震研究所員、1944年教授、1965-1967年東京大学地震研究所所長。1942年機械試験所技師、1948年運輸技官(中央気象台)兼任。1953-1955年ユネスコ派遣専門家としてイスタンブール工科大学勤務。1969年定年退官、名誉教授。1969-1981年地震予知連絡会会長、1981年地震予知総合研究振興会会長もつとめた。1969年紫綬褒章、1978年勲二等旭日重光章受勲、1980年交通文化賞受賞。

イラン大地震松代群発地震を調査。萩原式電磁型地震計(HES)を考案した[1]

著書編集

  • 『地震計』岩波書店 科学文献抄 1936
  • 『振動測定』宝文館 1945
  • 『地震はどうして起こるか』東洋図書 1947
  • 『振子物語 運動の美』東洋図書 1949
  • 『物理探鉱法』朝倉書店 1951
  • 『地震の予知』地学出版社 地学ガイド・シリーズ 1966
  • 『地震への挑戦 予知のための基礎知識』講談社ブルーバックス 1972
  • 『大地震の来る前に』全国加除法令出版 JED新書 1980
  • 『地震学百年』東京大学出版会 UP選書 1982
  • 『地震予知と災害 理科年表読本』丸善 1997

共編著・監修編集

翻訳編集

  • アーサー・バイサー『地球』タイムライフブックス ライフネーチュアライブラリー 1963

論文編集

脚注編集