メインメニューを開く

萩浦橋(はぎうらばし)は、富山県富山市神通川河口付近に掛かる国道415号主要地方道富山魚津線・都市計画道路草島東線の道路橋梁。橋のデザインは北前船をテーマとしている[2]

萩浦橋
Gthumb.svg
基本情報
日本の旗 日本
所在地 富山県富山市
交差物件 神通川
用途 道路橋
路線名 Japanese National Route Sign 0415.svg国道415号
建設 1996年[1]
座標 北緯36度44分45秒 東経137度13分6秒 / 北緯36.74583度 東経137.21833度 / 36.74583; 137.21833
構造諸元
形式 鋼鈑桁橋[1]
全長 524.0m[1]
20m(上流側・下流側合計)[2]
地図
萩浦橋の位置
萩浦橋の位置
萩浦橋の位置
萩浦橋の位置
萩浦橋の位置
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
国道415号標識
Japanese Route Sign Number 2.svg
富山県道2号標識

概要編集

  • 左岸:富山県富山市草島[3]
  • 右岸:富山県富山市千原崎[3]
  • 道路の路線名:国道415号・主要地方道富山魚津線・都市計画道路草島東線
  • 橋長:524m(上流側)、523m(下流側)[2]
  • 幅員:20m(上流側・下流側合計)[2]

歴史編集

かつて神通川河口付近には、千原崎の渡し、草嶋の渡しとして定期船1、2艘が両岸を繋いでいた[3]

1897年明治30年)7月には、前述の定期船に代わり婦負郡草島村 - 上新川郡大広田村間に橋長220間、幅員2間の木桁橋が架橋された。その後神通川河口・東岩瀬港(現・富山港)の修築に伴い、同橋を廃止して500m上流に仮橋を設けた。1936年昭和11年)に木桁土橋を新設し、1957年(昭和32年)には長さ523.8m、幅5.5mの鉄筋コンクリートの橋となった[3]

現在の橋は1989年(平成元年)に事業を開始し、1996年(平成8年)に架け替えられたものである。当初は上流側を利用した暫定2車線であったが、2006年(平成18年)11月17日に4車線化され、現在に至る[2]。  

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『富山の橋 THE BRIDGES OF TOYAMA』22、23P、(富山県土木部道路課)2012年(平成24年)発行
  2. ^ a b c d e 一般国道415号 都市計画道路 草島東線 萩浦橋(平成18年11月、富山県)
  3. ^ a b c d 角川日本地名大辞典 16 富山県』(昭和54年10月8日、角川書店発行)676ページ

関連項目編集

参考文献編集

  • 『富山の橋 THE BRIDGES OF TOYAMA』(富山県土木部道路課)2012年(平成24年)発行

外部リンク編集