メインメニューを開く

落語娘」(らくごむすめ)は、永田俊也小説2005年講談社より刊行された永田俊也のデビュー単行本『落語娘』収録作。女性落語家を主人公とした作品。

落語娘
作者 永田俊也
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 小説
収録 『落語娘』 2005年12月、講談社
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

および、それを原作として日本2008年8月に公開された映画作品。

あらすじ編集

叔父の影響で12歳の時に落語に目覚めた香須美は、プロの落語家を目指しひたすら落語に励んでいた。大学の落研で学生コンクールを総なめにして、古典の名手・三松屋柿紅の門を叩いたが、入門を断られてしまう。そんな香須美は、三々亭平佐に拾われて、なんとか前座になるのであった。しかし、平左は業界でも札付きの問題児で、一度も稽古をつけてくれないばかりか、不祥事を起こしたり、遊びでこさえた借金を押し付けてくる始末。ついに寄席にも出入り禁止状態に…。そんな時、香須美は落研の後輩でスポーツ紙の記者をしている清水から、平左が「緋扇長屋」に挑むという話を聞く。実はこの噺は、関わった噺家が次々と怪死を遂げたために封印された、曰くつき呪われた落語だった。

登場人物編集

書誌情報編集

映画編集

落語娘
監督 中原俊
脚本 江良至
原作 永田俊也
出演者 ミムラ
津川雅彦
益岡徹
伊藤かずえ
森本亮治
利重剛
なぎら健壱
絵沢萌子
春風亭昇太(特別出演)
音楽 遠藤浩二
主題歌 JiLL-Decoy association「一途な星」(PONY CANYON
撮影 田中一成(J.S.C.)
編集 矢船陽介
制作会社 エクセレントフィルム
製作会社 「落語娘」製作委員会
ポニーキャニオン
日活
衛星劇場
テレビ東京
ポニーキャニオンエンタープライズ
配給 日活
公開 2008年8月23日
上映時間 109分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

中原俊監督、ミムラ主演により映画化され、日活配給により2008年8月23日に公開された[1]

キャスト編集

スタッフ編集

関連商品編集

DVD

脚注編集

外部リンク編集