蒲 慕明(ほ ぼめい、Mu-ming Poo(ムーミン・プー)、1948年10月31日 - )は、中国出身の神経科学者である。

蒲慕明
生誕 (1948-10-31) 1948年10月31日(72歳)
中国 江蘇省南京市
市民権 中華人民共和国の旗 中国
研究分野 神経科学
研究機関 中国科学院神経科学研究所中国語版(ION)
カリフォルニア大学バークレー校
出身校 国立清華大学
ジョンズ・ホプキンズ大学
主な業績 シナプス可塑性に関する先駆的研究
初のクローン霊長類の作成
主な受賞歴 グルーバー賞神経科学部門(2016年)
配偶者 胡文真(離婚)
丹揚英語版中国語版
子供 蒲艾真英語版中国語版
蒲婷
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
蒲慕明
各種表記
繁体字 蒲慕明
簡体字 蒲慕明
拼音 Pú Mùmíng
和名表記: ほ ぼめい
英語名 Mu-ming Poo
Pu Mu-ming
Muming Pu
テンプレートを表示

カリフォルニア大学バークレー校のポール・リヒト生物学特別名誉教授であり、上海に拠点を置く中国科学院神経科学研究所中国語版(ION)の創設者でもある。シナプス可塑性に関する先駆的研究が評価され、2016年のグルーバー賞神経科学部門を受賞した。IONの蒲の研究チームは、2017年に体細胞核移植英語版(SCNT)を用いた史上初のクローン霊長類となるカニクイザル中中と華華を誕生させた。

若年期編集

蒲は、中国江蘇省南京市1948年10月31日に生まれた[1]。1歳の時、第二次国共内戦英語版の影響で一家は台湾に移住した。父の蒲良梢は航空工業発展中心副主任・逢甲大学工学部航空工学科長で、その影響を受けて幼い時から物理学に興味を持っていた。国立清華大学に入学し、1970年に物理学の学位を取得した[2]

アメリカでのキャリア編集

1970年に渡米してジョンズ・ホプキンス大学大学院に入学し、ここで生物物理学に興味を持つようになった。リチャード・コーンの指導の下で、細胞内の拡散速度を決定する方法として現在広く用いられている光褪色後蛍光回復法英語版(FRAP)を開発した。この研究は、1974年に『ネイチャー』で発表された[2]。1974年にPh.D.を取得後、パデュー大学博士研究員を経て、1976年にカリフォルニア大学アーバイン校アシスタント・プロフェッサーに就任した。蒲はここで、細胞膜中のタンパク質を操作する新しい方法である「in situ電気泳動」を開発した[2]

1985年にイェール大学医学大学院英語版に移り、タンパク質とシナプスの研究を行った。その後、コロンビア大学教授を経て、1996年にカリフォルニア大学サンディエゴ校教授に就任した。この間、蒲は分子神経生物学の分野で重要な発見をし、神経栄養因子の新しい研究分野に発展した。また、蒲らは「成長円錐ターニングアッセイ」という新しい手法を開発し、現在ではタンパク質に対する反応による軸索の成長を測定する手法として神経科学の分野で広く使われている[2]

2000年にカリフォルニア大学バークレー校に移り、後にポール・リヒト生物学特別教授に就任した。バークレーでは、ニューロンの軸索と樹状突起の発達を決定する因子の理解において、多くの新しい発見をした[2]。また、スパイクタイミング依存可塑性英語版がニューロンの接続に重要な役割を果たしていることを実証した[2]

中国でのキャリア編集

1999年、蒲は中国科学院に上海に拠点を置く神経科学研究所(ION)を共同で設立し[2]、その所長を務めた[3]。それから10年間はバークレーと上海を行き来していたが、頻繁な移動を負担に感じ、上海での研究に専念することにした。バークレーの教授を退官し、名誉教授となった[2]。2017年に中華人民共和国の市民権を取得し、1980年代に取得していたアメリカ合衆国の市民権を放棄した[4]

IONの蒲の研究チームは、2017年後半に、胚分割ではなく、羊のドリーの誕生に使われたのと同じ体細胞核移植英語版(SCNT)を用いた史上初のクローン霊長類となるカニクイザル中中と華華を誕生させた[5]。蒲によれば、この実験の主な意義は、動物実験英語版に使用するための遺伝的に同一のサルを作り出すことができるということである。カニクイザルはすでに動脈硬化の研究のためのモデル生物として確立されている[6]が、蒲は2018年1月にNPRのニュース番組"All Things Considered"に出演した際、パーキンソン病アルツハイマー病といった病名を挙げ、神経科学の実験に使用するということを強調した[7]

蒲は自分のキャリアを「ランダムウォーク」(行き当りばったり)と喩え、「興味深い問題に出くわしたら、自分が貢献できる限りその問題に取り組みます。そして、次のステップに進みます」と語った[2]

賞と栄誉編集

私生活編集

蒲は、台湾からアメリカに渡った腫瘍学者の胡文真と結婚したが、後に離婚した。胡との間には2人の娘がいる。長女のアイジェン・プー英語版中国語版(蒲艾眞、1974年生まれ)は社会活動家であり、2014年にマッカーサー・フェローを受賞した[11]。次女のティン・プー(蒲婷)は映像作家であり、2017年のアカデミー短編ドキュメンタリー映画賞受賞作品"Heaven Is a Traffic Jam on the 405"の編集を行った[4]

蒲は後に、コロンビア大学での教え子である丹揚英語版中国語版と再婚した[12]。丹もまた著名な神経科学者であり、2018年に全米科学アカデミー会員に選出された[13]

脚注編集

  1. ^ Curriculum Vitae of Mu-ming Poo”. University of California Berkeley. 2016年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 2016 Neuroscience Prize: Mu-Ming Poo”. Gruber Foundation, Yale University (2016年). 2017年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月7日閲覧。
  3. ^ a b Neuroscientist Mu-ming Poo Receives $500,000 Gruber Neuroscience Prize for His Pioneering and Inspiring Work on Synaptic Plasticity”. Chinese Academy of Sciences (2016年6月8日). 2018年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月8日閲覧。
  4. ^ a b 中科院第一位外籍所长蒲慕明恢复中国国籍”. Netease (2018年6月27日). 2018年7月4日閲覧。
  5. ^ Normile, Dennis (2018年1月24日). “These monkey twins are the first primate clones made by the method that developed Dolly”. Science. オリジナルの2018年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180127202402/https://www.sciencemag.org/news/2018/01/these-monkey-twins-are-first-primate-clones-made-method-developed-dolly 2018年2月9日閲覧。 
  6. ^ Phillips, Kimberley A.; Bales, Karen L.; Capitanio, John P.; Conley, Alan; Czoty, Paul W.; ‘t Hart, Bert A.; Hopkins, William D.; Hu, Shiu-Lok et al. (10 April 2014). “Why Primate Models Matter”. American Journal of Primatology 76 (9): 801–27. doi:10.1002/ajp.22281. PMC 4145602. PMID 24723482. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4145602/. 
  7. ^ *Rob Stein (2018年1月24日). “Chinese Scientists Clone Monkeys Using Method That Created Dolly The Sheep”. National Public Radio. 2018年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月24日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h Mu-ming Poo”. World Economic Forum. 2018年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月9日閲覧。
  9. ^ “蒲慕明教授当选美国国家科学院院士”. 生物通. (2009年5月5日). http://www.ebiotrade.com/newsf/2009-5/200954142244739.htm 
  10. ^ 蒲慕明(Muming Poo)”. 中国科学院 (2011年). 2012年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月14日閲覧。
  11. ^ Snodgrass, Mary Ellen (October 24, 2016). American Women Speak: An Encyclopedia and Document Collection of Women's Oratory. ABC-CLIO. pp. 572–4. ISBN 978-1-4408-3785-2. オリジナルのFebruary 14, 2018時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180214132720/https://books.google.com/books?id=RlslDQAAQBAJ&pg=PA572 
  12. ^ Xu Shengjin 徐圣进. “无私奉献 甘为幕后”. Institute of Neuroscience, Chinese Academy of Sciences. 2018年10月16日閲覧。
  13. ^ Yang Dan, PhD Columbia 1994, elected to the National Academy of Sciences”. Columbia University (2018年5月14日). 2018年10月15日閲覧。