メインメニューを開く

蓮淳(れんじゅん、寛正5年(1464年) - 天文19年8月18日1550年9月28日)は、室町時代戦国時代浄土真宗である。称徳寺(堅田御坊)、願証寺顕証寺(久宝寺御坊)兼住、恵光寺開基。本願寺第8世法主蓮如の6男で、母は伊勢貞房の娘蓮祐。正室は滋野井教国の娘。子に実淳実恵実玄室、実顕室、円如室・慶寿院実順室。幼名は光徳、諱は兼誉。三位。

目次

生涯編集

兄の第9世法主実如の命により近江大津近松の顕証寺(後の光応寺)に入り、伊勢国長島(現在の三重県桑名市長島町)に願証寺を創建する。後に弟の実賢(蓮如9男)や実順(蓮如11男)・実真親子らの早世によって空座となった称徳寺(堅田御坊)や河内顕証寺の住持も兼任した。北陸地方に拠点があった他の兄弟と違って畿内を拠点にしていた事、実如の同母弟であった事から自然と実如の相談役となり、その後継者として予定されていた円如を婿とした。円如は若くして没したものの、娘・慶寿院は第10世法主証如を生んでいる。

主に近江・伊勢・河内の教団発展に努力し、実如の死の際には共通の孫にあたる証如を託され、多くの有力寺院の住持を兼任する蓮淳は幼少の法主の後見人として本願寺内部で大きな発言権を持ち、指導的な役割を果たした。

各地の戦国大名に対抗して教団の統率力を高めた事は評価されるものの、後に驕りから顕証寺と布教地域が重複していた教団内の有力寺院である堅田本福寺に3度(1518年1527年1532年)も無実の罪を着せて破門するなどの専横を見せるようになった(破門は本来法主にしか許されていなかったが、蓮淳は証如の後見人としての職務代行を利用して破門を行った)。この横暴ぶりに対して一族や地方の門徒が激しく反発するようになり、 また永正の一揆九頭竜川の戦い等)で越前から加賀へ逐われて来た藤島超勝寺和田本覚寺(大一揆)と、加賀の国主権限も認められていた賀州三ヶ寺若松本泉寺波佐谷松岡寺山田光教寺。小一揆)間の加賀国内での諍いでは、蓮淳の娘婿である超勝寺の実顕方へ介入し下間頼秀下間頼盛兄弟を派兵するなど大小一揆のきっかけを作ったのみならず、この内紛で対立した実の兄弟(蓮如の諸子息)やその家族の処刑・追放を行った。また、この乱に関連して細川晴元によって山科本願寺を焼き討ちにされた際に証如を置き去りにして、次男実恵がいる願証寺に戻った事も非難の的になった。

晩年は河内顕証寺の住持を長男実淳に譲り、隠居号として光応寺を名乗ったが、天文11年(1542年)6月に実淳が52歳で先立った為にやむなく8月には河内顕証寺に再び戻り、同寺の住持にも復帰することとなった。天文19年8月18日1550年9月28日)没。享年87。河内顕証寺住持の職は次男実恵の四男である証淳が継いだ。死に際して蓮淳はかつて大小一揆で罰した実悟(蓮如10男)や顕誓(蓮如4男蓮誓の長男)を赦し、破門を解くように遺言している。

証如の祖父・蓮淳に対する信頼は絶対的であり、蓮淳も証如が没する4年前まで長寿を保った事から、証如の法主時代の本願寺は事実上蓮淳によって統治されていたとまで言われている。

書状における名乗りについて編集

後年、蓮淳は伊勢国願証寺の第1世住持であることから、しばしば「願証寺蓮淳」とも表記されるが、実際の所蓮淳の活動拠点は近畿地方であり願証寺の住持である事にはさほど重きを置いておらず、そうした署名をした事は殆どない。実際に蓮淳が多く用いた名乗りは「顕証寺蓮淳」であり、顕証寺住持職を一度実淳に譲ってから亡くなるまでの晩年は「光応寺蓮淳」と署名される事が多かった。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集