健康酒

薬酒から転送)

健康酒(けんこうしゅ)とは、健康の保持増進に効果があるとされる類。類似の概念として、薬酒(やくしゅ)、薬用酒(やくようしゅ)、薬味酒(やくみしゅ)などがある。酒そのものに健康増進の効用があるとして「健康酒」を称する場合もあるが[1]、多くの場合には、薬草生薬等を浸した混成酒リキュール甘味果実酒)を指す。

世界各地で見られ[2]日本で製造・販売されているものとしては養命酒陶陶酒保命酒遼伝来福酒等があり、一部は医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の適用を受ける医薬品(薬用酒)として登録されている。酒税法の分類ではリキュールまたは甘味果実酒となるものが多く、品目に代わる名称としてリキュールであれば薬用酒または薬味酒、甘味果実酒であれば薬剤甘味果実酒または薬用甘味果実酒と表示することもできる。

また、焼酎ホワイトリカー)・ブランデー等の蒸留酒ワイン等の醸造酒を利用して家庭でも作られる[3]

なお、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の適用を受ける医薬品に該当する健康酒(薬用酒)の飲用後でも、飲酒運転または酒気帯び運転として道路交通法違反にあたる恐れがあるので、オートバイ自転車等の軽車両も含む)を運転する前には、飲用しないことが適当である[4]。このほか、未成年者の服用[5]については、アルコールが含有されているため、未成年者飲酒禁止法のかねあいもあり、満20歳未満[5]の場合には服用できないこととされている[6]

製造方法編集

日本の家庭で製造する場合には、無色で香りが弱く、安価かつアルコール度数の高いホワイトリカー(アルコール度数35度)を基酒とするのが一般的である[7]。飲みやすくするために、糖類を加える場合が多い。熟成期間は材料によってまちまちだが、一般的には2〜3週間以上漬け込む。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 一例として、瑞泉酒造株式会社「健康酒の証明」『泡盛驚く効果発見!!』第四話。
  2. ^ 未病(5)「薬酒」で不眠解消、丈夫な体に
  3. ^ 日本語の文献としては、「健康酒」を標榜した指南本として、岡本千鶴『健康酒入門』保育社、1982年等がある。また清水大典『薬酒・果実酒全科 : 本草酒のつくり方と効用』家の光協会、1983年、信定滝太郎『漢方薬酒の作り方90種』東都書房、1965年、藤巻あつこ『果実酒・花酒・薬用酒手作り大全科』グラフ社、2001年等、薬酒・薬用酒の指南本も出されている。
  4. ^ 養命酒製造の公式ホームページにある『「薬用養命酒」に関するよくあるお問合せ』によれば、『「薬用養命酒」は医薬品ですが、アルコール分が14%も含まれています。飲酒運転法律で禁じられていますので、運転前の服用はお控えください。』の旨が掲載されている。
  5. ^ a b 令和4年(2022年)4月1日から、民法上の成人年齢は満18歳以上に変更されるが、飲酒可能年齢は当面満20歳以上とすることが予想される。
  6. ^ 参考として、養命酒製造の公式ホームページにある『「薬用養命酒」に関するよくあるお問い合わせ(養命酒製造)』の「未成年が飲んでも大丈夫?」によれば、『「薬用養命酒」にはアルコール分が14%(日本酒ワイン程度)含まれていますので、20歳未満の場合には服用できません。』の旨が記載されている。
  7. ^ 岡本千鶴『健康酒入門』保育社、1982年、144ページ等。

関連文献編集

  • 大谷彰「中国薬酒 - 種類・薬料・功効について」『日本醸造協会誌』第85巻第10号、日本醸造協会、1990年、 690-696頁、 doi:10.6013/jbrewsocjapan1988.85.690

関連項目編集

  • en:Herbal liqueurs -英語の薬用酒一覧(リキュール一覧)
  • 中薬 (中国医学)中国語版 - 中国医学には薬草などと酒を組み合わせた药酒(薬酒)と呼ばれる中国酒がある。打撲用の跌打酒のように外傷などに対応した酒もある。
  • 医食同源 - 中国の薬食同源思想から来た言葉。そもそも医の旧字体は醫であり、下の酉は(酒)の事であり、治療に酒を使ったことを意味する。