メインメニューを開く

概観編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 藍野大学短期大学部における医の理念は「病める人びとを医やすばかりでなく、慰めるために」となっている。

教育および研究編集

  • 藍野大学短期大学部は看護師養成に力をいれており、藍野病院・青葉丘病院など藍野グループ病院での実習がある。1997年から、「ベートーヴェン交響曲第九番・合唱付」をカリキュラムの一環として取り入れている。これは、学生全員の「心の余裕」・「人間的な成長」、そして集団としての「一体感」を養うことをねらいとしている。

学風および特色編集

  • 藍野大学短期大学部は、藍野グループにおける教育施設の一つである。
  • 男女共学であるが、女子学生の方が圧倒的に多い。
  • 元々は、3年制の課程をおいていたが、藍野大学設置後は2年課程に変更された。
  • ナイチンゲール週間」がある。

沿革編集

  • 1968年 医療法人恒昭会藍野病院附属准看護学院が創設される。
  • 1975年 医療法人恒昭会藍野病院附属高等看護学院に改組。
  • 1979年 学校法人藍野学院が設置される。藍野看護専門学校が設置される。
  • 1983年 学科の増設による藍野医療技術専門学校に改称。
  • 1985年 藍野医療技術専門学校看護学科を発展改組して藍野学院短期大学を置く。看護学科を設置:在学者数は89(うち男子2[1]
  • 2004年 修業年限を3年制から2年制に変更。
  • 2012年4月1日 藍野大学短期大学部に学校名を変更。
  • 2017年 法人名称を「学校法人 藍野学院」から「学校法人 藍野大学」に改称。

基礎データ編集

所在地編集

  • 大阪府茨木市東太田4-5-4

象徴編集

  • 藍野大学短期大学部のカレッジマークには、英称である「AINO COLLEGE」のほか「SALUTI ET SOLATIO AEGRORUM[2]」の言葉が記されている。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 第一看護学科:看護のエキスパートを育てる学科。「病理学」・「薬理学」・「公衆衛生学」・各種「看護実習」などの科目がある。准看護師資格を有する人が入学の対象となっているため、修業年限が2年制となっている。
  • アメリカカリフォルニア州が研修先となっている。

専攻科編集

  • 地域看護学専攻:修業年限は昼間部1年制。

別科編集

  • なし
取得資格について編集
受験資格

附属機関編集

  • 中央図書館

学生生活編集

学園祭編集

  • 藍野大学短期大学部の学園祭は「あいの祭」と呼ばれ例年、10月下旬に行われる。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

  • 細川修治:初代学長
  • 佐々木恵雲:現学長

施設編集

キャンパス編集

編集

  • 藍野大学短期大学部には、学内付近に学生寮がある。

対外関係編集

系列校編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

  • 看護学科(旧来の3年制課程を含む):藍野大学・藍野大学短期大学部専攻科ほか

附属学校編集

関連項目編集

公式サイト編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和61年度版『全国学校総覧』64頁より。
  2. ^ 理念である「病める人びとを医やすばかりでなく、慰めるために」という意味。

外部リンク編集