藤原基忠
時代 平安時代後期
生誕 天喜4年(1056年
死没 承徳2年11月17日1098年12月12日
官位 従二位権中納言
主君 後冷泉天皇後三条天皇白河天皇堀河天皇
氏族 藤原北家長家流(御子左流
父母 父:藤原忠家、母:藤原経輔長女
兄弟 基忠俊忠顕良忠実、忠円、祐覚、加藤正家
藤原能季
信忠、忠覚
テンプレートを表示

藤原 基忠(ふじわら の もとただ)は、平安時代後期の公卿藤原北家大納言藤原忠家の子。官位従二位権中納言

経歴編集

治暦2年12月(1067年1月)に従五位下叙爵し、侍従左近衛少将を歴任。

延久元年(1069年)従五位上に陞叙。延久2年(1070年備前権介を兼任。延久4年(1072年正五位下、同年中に従四位下に叙される。承保元年(1074年)には従四位上・丹波介、承保2年(1075年)には正四位下・左近衛中将に叙任。

美作介を経て、承暦4年(1080年蔵人頭に任ぜられる。右近衛中将を経て、永保2年(1082年)に参議に任ぜられて公卿に列す。永保3年(1083年近江権守に任ぜられ、翌年従三位に陞叙。寛治2年(1088年)には正三位讃岐権守に叙任されている。寛治5年(1091年)権中納言に昇り、寛治7年(1093年従二位嘉保2年(1095年)には左兵衛督を兼ねた。

永長2年(1097年右衛門督に任ぜられる。承徳2年(1098年)11月17日に43歳で薨去。この日、関白藤原師通の春日詣があり、共も寅刻から関白殿に参るが、基忠の薨去により停められたという[1]。また、嘉保2年(1095年)の「永長の大田楽」の際には、権中納言だったが、「九尺の高扇」を掲げて踊り狂った、と大江匡房が記録している。

官歴編集

※叙位・任官記録は『公卿補任』の記載に従う。

  • 治暦2年12月22日(1067年1月10日):従五位下(上東門院臨時御給)
  • 治暦4年(1068年)3月4日:侍従、12月29日(1069年1月24日):左近衛少将
  • 延久元年(1069年)11月:従五位上
  • 延久2年(1070年)正月29日:兼備前権介
  • 延久4年(1072年)正月5日:正五位下(少将)、2月1日:従四位下(父卿譲。行幸行事賞)
  • 承保元年(1074年)11月16日:兼丹波介、11月19日:従四位上(主基国司)
  • 承保2年(1075年)正月28日:正四位下(前上東門院御給)、6月13日:左近衛中将
  • 承暦3年(1079年)正月27日:兼美作介
  • 承暦4年(1080年)8月14日:蔵人頭
  • 承暦5年(1081年)正月26日:右近衛中将
  • 永保2年(1082年)正月21日:参議、右近衛中将如元
  • 永保3年(1083年)2月1日:兼近江権守
  • 永保4年(1084年)正月22日:従三位(自関白堀川第遷六條賞)
  • 寛治2年(1088年)正月19日:正三位(院別当。行幸賞)、正月25日:兼讃岐権守
  • 寛治5年(1091年)正月:権中納言
  • 寛治7年(1093年)正月11日:従二位(春日行幸行事賞)
  • 嘉保2年(1095年)12月:兼左兵衛督、「九尺の高扇」を掲げて踊り狂った(永長の大田楽
  • 永長2年(1097年)正月:右衛門督

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 殿暦』承徳2年11月17日条